2014年05月10日

東京都町田市大地沢

昨日もブログに記したが、今日は待ちに待った町田市大地沢の道端自然観察会の日である。圏央道が相模原まで通じた為、第3京浜、保土ヶ谷バイパス、東名高速、圏央道と高速道路ばかりだから、お金はかかるが楽々ほいほいで到着した。今回も前回と同じような多数の参加者だと、ちょいと辛いものがあるかなと思ったが、11名とほど良い人数でほっとした。天気は雲一つない青空で、引き続いて風はあったが、谷戸へ入ると、まあまあなんとかなるかなといった具合であった。

zaki-20140510-okatatsunamiso.jpg
<オカタツナミソウ>

駐車場を出るとすぐに、格好の良いダビドサナエが絵になる場所に止まっていた。次に大地沢で一番成果の上がる谷戸に入ったが、イノシシが出没しているとの事で畑の囲みがだいぶ増え、草刈がなされている所もあって、これはまずいと思ったものの、谷戸奥ではウスバシロチョウが舞い、アブラチャンには一目3匹ものヒゲナガオトシブミがいた。もちろん首の長い雄を真っ先に撮った事は言うまでも無い。しかし、天気が良過ぎてウスバシロチョウは飛んでばかりいて、撮るのがとても難しかった。

zaki-20140510-asagimadara-sanagi.jpg
<アサギマダラの蛹>

谷戸での散策は1時間位のつもりでいたが、やはりかなりの時間が費やされ、昼食をとる予定の大地沢青少年センターへ急いだ。期待したジャケツイバラは咲き始めたばかりで、やはり大雪の影響が残ったのだろう。仲間との懇親が大切だから昼食時間は長めにと思っていたが、それよりも皆さん道端自然観察が優先と沢の奥へ向かった。まずは美麗なハンミョウが迎えてくれ、花ではオカタツナミソウやキンポウゲが咲いていた。しかし、草刈がなされていて期待したドロハマキチョッキリは見られなかったものの、キジョランにアサギマダラの蛹がかなりぶら下がっていた。

zaki-20140510-ruisuashinagaotoshibumi.jpg
<ルイスアシナガオトシブミの雌>

そんな訳でUターンして青少年センター横のイロハモミジを見上げると、イタヤハマキチョッキリの揺籃がぶら下がっていたが、成虫は1匹だに見られなかった。その後、やはりルイス君だなとルイスアシナガオトシブミを探しに行くと、なんとMさんが見つけてくれた。ちょうどケヤキの葉の付け根付近に切れ込みを入れている場面で、その後、揺籃がすっかり出来上がるまで、じゅっくりと観察及び撮影が出来た。もうこれだけで観察会は万歳三唱なのだが、駐車場に戻る間に、ニワハンミョウやノミバッタが現われてくれた。

zaki-20140510-higenagaotoshibumi-osu.jpg
<ヒゲナガオトシブミの雄>

<今日出会った主なもの>花/ジャケツイバラ、マルバウツギ、コゴメウツギ、ヤブデマリ、キンポウゲ、オカタツナミソウ、フデリンドウ、ニリンソウ、キツネノボタン、セリバヒエンソウ、レンゲソウ、タチツボスミレ、ハルジオン等。蝶/ウスバシロチョウ、カラスアゲハ、オナガアゲハ、キアゲハ、アサギマダラ、アカタテハ、ルリタテハ、ツマキチョウ等。昆虫/イタヤハマキチョッキリの揺籃、ルイスアシナガオトシブミ、ヒゲナガオトシブミ、カシルリオトシブミ、ヒメクロオトシブミ、ジョウカイボン、ハンミョウ、ニワハンミョウ、キイロクビナガハムシ、アトボシハムシ、イタドリハムシ、カワトンボ、ダビドサナエ、クロスジギンヤンマ、ハサミツノカメムシ、マドガ、ホソオビヒゲナガ等。鳥/キビタキ、ヤブサメ等。
posted by 花虫とおる at 20:06| Comment(0) | 町田市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: