2014年05月16日

横浜市緑区北八朔公園

いよいよ僕ちゃんこと安部晋三首相は従来の憲法解釈を変更し、集団的自衛権の行使を容認する方向に舵を切った。安全保障という大問題に関して論じられるほどの人間ではないが、「目には目を歯には歯を」で、どんな理由付けがなされようとも、武力行使を行えば報復が返って来る。歴史的にも、本当にちっぽけな事から大きな戦争へと発展して行った。僕ちゃんが集団的自衛権の行使を容認したいのなら、正々堂々、憲法改正で信を国民に問うべきである。いずれにしても自衛隊員になり手がなくなり、災害救援活動もままならなくなるだろう。

zaki-20140516-akasujikinkamemushi-yochyu.jpg
<アカスジキンカメムシの幼虫>

今日は晴れ上がって、毎度お馴染みの風が強くなった。もう少し経てば風が弱まる季節になる筈だが、しとしとぴっちゃんの梅雨に入ってしまう。こんな日は三保市民の森だなあと思ったが、久しぶりに東名港北PAのアジフライ定食が食べたくなったし、港北PA裏の昆虫横丁も下草が伸びただろうと北八朔公園に行った。心配した風は有り難い事に昆虫横丁だけ無く、オジロアシナガゾウムシ、キイロクビナガハムシ、ヤマイモハムシ、アカガネサルハムシ、アカスジキンカメムシの幼虫等、様々な連中がいて嬉しくなった。しかし、ここは狭い道で車も通るから、婦女子にはお勧めポイントとは言い難い。

zaki-20140516-yamaimohamushi.jpg
<ヤマイモハムシ>

そんな訳で昆虫はカメラにたっぷりと納まったので、お次は花ですねと公園へ降りて行ったが花壇にシランが美しく、植栽のサワウツギが咲いていたが盛期を過ぎ、その他は、これといったものは見られなかった。しからば樹液にアカボシゴマダラやゴマダラチョウが、池にアオモンイトトンボがと探したが、樹液はまったく出ていなく池も寂しい限りであった。これは困ったなあと公園を後にして市営住宅の方へ行って見たが、ニワゼキショウ、コバンソウ、アカバナユウゲショウ、アメリカフウロ等が咲いていたが、風が強くてお手上げであった。

zaki-20140516-kiirokubinagahamushi.jpg
<キイロクビナガハムシ>

<今日出会った主なもの>花/サワウツギ、ニワゼキショウ、コバンソウ、アカバナユウゲショウ、アメリカフウロ、ハルジオン、アカツメクサ、キツネノボタン、シラン等。蝶/アカボシゴマダラ、ヒメウラナミジャノメ、ダイミョウセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、キイロクビナガハムシ、ヤマイモハムシ、アカガネサルハムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、チャバネアオカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、ホソオビヒゲナガ等。
posted by 花虫とおる at 16:23| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: