2014年05月27日

横浜市都筑区都筑中央公園

起床したら雨は止んでいたが、葉上にはまだたっぷり水滴が残っている筈である。そこで、午後から散策かなとも思ったが、布団にUターンする気は起きないので、久しぶりに都筑中央公園へ行った。植栽されたコナラやクヌギの若木がたくさんあるので、例年、ウラナミアカシジミやミズイロオナガシジミが見られるのである。まずは「ばじょうじ谷戸」へ行ったが、アジサイの葉に何故だかホソヘリカメムシがたくさんいた。きっと発生し始めなのだろう。今日も愛護会の方々が活動していて落ち着かない。なにしろ草刈りさん木こりさん達なので、鳥や昆虫や野の花、またそれを撮る人には天敵なのである。もっと、健康的にはとても良い筈だから、医療費増加の歯止めにはなっているに違いない。

zaki-20140527-madaraashizomushi.jpg
<マダラアシゾウムシ>

次に、ステージ広場上の雑木林周辺でゼフィルスを探したがなにも見られない。更に足を進めると来年は枯れてしまいそうなヌルデが1本あって、今日もマダラアシゾウムシが4匹程這っていた。樹肌に擬態しているから、浮き立つ様に撮るのには横からがセオリーなのだが、今日は真正面から顔を撮影した。液晶ディスプレーで拡大すると、まこと象さんの顔をしていたので笑ってしまった。その後、かなりしつこく虫を探したが、リンゴコフキハムシやスジグロベニボタルを見つけたものの、羽の一部が汚れていたり剥げていたりして撮影する気にはなれかった。また、花もほとんど咲いていなかったので、イタドリの葉にいたテントウムシの幼虫を撮って引き返した。

zaki-20140527-tentomushi-yochyu.jpg
<テントウシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ウツギ、イボタ、ドクダミ、アカツメクサ、ムラサキカタバミ等。蝶/コミスジ、クロヒカゲ、テングチョウ等。昆虫/マダラアシゾウムシ、ヒメクロオトシブミ、ムネクリイロボタル、リンゴコフキハムシ、スジグロベニボタル、セボシジョウカイ、テントウムシの幼虫、ホソヘリカメムシ、マダラアシナガバエ、ヤブキリの幼虫等。
posted by 花虫とおる at 16:28| Comment(0) | 都筑区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: