2014年06月17日

横浜市緑区三保市民の森

今日は連日続いた真っ青な晴天では無くて、やっと薄い雲がかかった天気となった。そんな訳で、木陰の昆虫散策でなくても良いのだが、薄日は射しているし気温が高かったので三保市民の森へ行った。菌類研究家のHさんの昨日の画像掲示板に、都筑の緑道でタマゴタケ、ムラサキヤマドリタケ、クロノボリリュウタケが発生したとあったので、途中、茅ヶ崎公園のキノコ横丁を覗いてみたが、毎年見られるテングタケ、キタマゴタケ、ニオイコベニタケ等は生えていなかった。やはり都筑中央公園辺りが狙い目の様である。

zaki-20140617-futaobimidoritorakamikiri.jpg
<フタオビミドリトラカミキリ>

三保市民の森の極秘の場所に車を停め散策を開始すると、セイタカアワダチソウの葉の良い場所にムラサキナガカメムシが止まっていた。かなり地味で小さいから今まであまり撮影しなかったが、何も撮れない時の保険としてカメラの中に納めた。旧道に降りて行くと相も変わらずムクゲの植込みを見て回ったが、今日はラミーカミキリが1匹いたものの良い場所には止まっていなかった。そこでバス通りの歩道脇へ行ったら、フタオビミドリトラカミキリがいた。去年の北八朔公園に続いての2度目の遭遇なので、ほくそ笑んだ。

zaki-20140617-kurotamazomushi.jpg
<クロタマゾウムシ>

そんな訳でブログアップ用の写真が揃ったので、谷道にクロタマゾウムシを探しに行った。クロタマゾウムシはキリの葉に見られるのだが、如何せんキリは成長が早く、目線で葉上を観察する事が難しい。谷道のも大木なのだが、下草に落ちている場合があるので探してみると、蛾の幼虫の糞の様にも見えるものを発見し、掌に乗せると手足を伸ばしてくれたので、クロタマゾウムシだと分かった。そこで葉上に載せて「大きなキリの木の下で、可愛いクロタマちゃん、仲良く遊びましょう、大きなキリの木の下で」となった。

zaki-20140617-murasakinagakamemushi.jpg
<ムラサキナガカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ホタルブクロ、ハエドクソウ、オカトラノオ、ツユクサ、ドクダミ等。蝶/アゲハ、キアゲハ、ベニシジミ、テングチョウ、キマダラセセリ等。昆虫/ラミーカミキリ、ベニカミキリ、フタオビミドリトラカミキリ、ミドリカミキリ、ヒメシロコブゾウムシ、クロタマゾウムシ、コフキゾウムシ、アカクビナガハムシムシ、クロウリハムシ、ムラサキナガカメムシ、チャバネアオカメムシ等。
posted by 花虫とおる at 16:27| Comment(0) | 緑  区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: