2017年03月08日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 天気予報によると今日まで寒く風が強いと言う。また、昨日のよう所によっては雨がぱらつくかもしれないとの事である。そんな訳で、まずは至近距離の茅ヶ崎公園へ行った。一昨日、木々の芽吹きも始まっていたので、春が来たなあと撮ってみようと思ったのである。まずはイボタの芽吹きを撮り、ガマズミやニワトコもと頑張ったが良い絵柄が浮かばなかった。しかし、前回今一であったトサミズキが、梢バックだと綺麗だったので「頂きます」と撮影した。

zaki-20170308-ibota-mebuki.jpg
<イボタの芽吹>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、カンヒザクラ、トサミズキ、ツバキ等。
posted by 花虫とおる at 18:33| Comment(0) | 都筑区

2017年03月05日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 今日は朝から気温が高い。やはり3月に入って春めいて来たなあと感ずる。そんな訳では無いが、今まで、ちらりほらりと咲いていて、花弁も寒さで傷ついているものが多かったウグイスカグラも、たくさん咲いて生き生きとしているのではないかと、久しぶりに茅ヶ崎公園へ行った。ポイントに到着すると、かなり咲いていて嬉しくなったが、良い枝ぶりのものはかなり少ない。そこで、尾根筋まで上がって探したら、本当に綺麗な花が咲いていて笑みが毀れた。

zaki-20170305-uguisukagura.jpg
<ウグイスカグラ>

 次は、トサミズキを撮ろうと緑道まで下りて行ったが、予想通り開花し始めていた。ネットで調べてみると、四国に分布し、特に高知(土佐)の蛇紋岩地に野生のものが多く見られるため、トサミズキと名付けられとある。また、ミズキと名前が付くがミズキ科ではなく、マンサク科の植物だと言う。それにしても、マンサクに比べると随分と花の形が違うなあと思った。その後、尾根に上がってお便所を覗いて見たが、蛾の仲間は一匹だに見られなかった。

zaki-20170305-tosamizuki.jpg
<トサミズキ>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、カワヅザクラ、カンヒザクラ、トサミズキ、ツバキ等。
posted by 花虫とおる at 18:29| Comment(0) | 都筑区

2017年03月01日

横浜市都筑区荏田南(午後)

 早いもので今日から3月、ひな祭りももうすぐである。「灯りを点けましょボンボリに、お花をあげましょ桃の花、 五人ばやしの笛太鼓。今日は楽しいひな祭り」と歌にあるので、やはり3月に入ったのだから桃の花を撮ろうと荏田南へ行った。もちろんモモと言ってもハナモモなのだが、ほんものの食べるモモの花はもう少し遅れて咲く。ハナモモはひな祭りに前後に開花し大型の花で美しいのだが、花弁が縮れていて雄蕊や雌蕊が隠れて見えないものがほとんどである。

zaki-20170301-hanamomo.jpg
<ハナモモ>

 しかし、なんとか雄蕊や雌蕊がかすかに見えるものを探して青空バックで撮影した。あたり一面には広大なサンシュユの畑があって、前回来た時は数本の開花状況であったが、今日はほとんどの木が開花していた。地面にはホトケノザが咲きカラスノエンドウの葉が伸びて緑が美しかった。空の青、ハナモモのピンク、サンシュユの黄色、地面のカラスノエンドウの葉の緑と、まこと春爛漫が近づいているなあと感じた。大病後の闘病生活が続いているが、やはり春は格別である。

zaki-20170301-sanshyuyu.jpg
<サンシュユ>

<今日出会った主なもの>花/ハナモモ、サンシュユ、シナマンサク、マンサク、ウメ、ホトケノザ等。
posted by 花虫とおる at 18:28| Comment(0) | 都筑区

2017年02月28日

横浜市都筑区東方公園周辺(午後)

 今日の午前中は済生会横浜市東部病院の通院日で、血液検査と腹部レントゲン検査を行った。CTでは無いので癌の再発転移に関しては分からない筈だが、両検査とも異常無しとの事で、クスリを貰って帰宅した。看護師さんに体重が53キロ代に落ちて心配だと話したら、血液検査でも栄養状況は良いし、減った分は筋肉では無く脂肪だから大丈夫と言われた。体内からのパイプ並びにボトルの除去に関する検査は、1か月後との事で、なんとか取れて欲しいものである。

zaki-20170228-boke.jpg
<ボケ>

 午後からは昨日に続いて東方公園周辺を散策した。昨日の帰り際に車からブンゴウメ(豊後梅)とボケが咲いている事に気づいて、撮っておかなければという按配である。例年ならブンゴウメはまだ早いと思っていたのだが、ポイントへ行ってみると盛期で、良い咲き具合の枝はほとんどなかった。かなり気温の低い日が続いたが、やはり今年は暖冬なんだなあと感じた。豊後梅はウメとアンズの両形質をもっているので、ウメとアンズの雑種ではないかといわれる。

zaki-20170228-bungo.jpg
<ブンゴ>

<今日出会った主なもの>花/ハナモモ、ウメ、ボケ、アセビ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、ナズナ、タネツケバナ等。
posted by 花虫とおる at 18:40| Comment(0) | 都筑区

2017年02月27日

横浜市都筑区(仮称)ルリビの谷公園(夕方)

 無事にアセビをカメラに納め、風がややあるので(仮称)ルリビの谷公園へ久しぶりに行った。今日は寒い事もあって、ルリビタキの雄の出は最高だった。鳥撮りを始めた頃から寒い日の方が、周辺の餌が動かずじっとしている為なのか、おやつを食べにやって来る。今季は12月21日の初見からロングランが続いていたが、3月中旬頃には山地へ旅立つ筈である。そんな訳で、今季最後のルリビタキの雄の撮影だなと、かなり頑張ってばんばんシャッターを切った。

zaki-20170227-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄、シロハラ等。
posted by 花虫とおる at 18:23| Comment(0) | 都筑区

横浜市都筑区東方公園周辺(午後)

 今日は少し風があって寒い。こんな日は自宅蟄居が一番なのだが、雨が降っていなければ散策に出かける。まあ、このパターンがおいらの生活スタイルなのだから仕方が無い。今日はサンシュユやハナモモをとも思ったが、すでにブログアップしているのでアセビを撮りに行った。アセビは有毒植物だが何故かなコツバメの食樹の1つでもでもある。植栽されている道路脇のポイントへ到着すると、今年も可憐なピンク色の花をつけていて嬉しくなった。

zaki-20170227-asebi.jpg
<アセビ>

<今日出会った主なもの>花/ハナモモ、ウメ、ボケ、アセビ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、ナズナ、タネツケバナ等。
posted by 花虫とおる at 18:20| Comment(0) | 都筑区

2017年02月20日

横浜市都筑区(仮称)ルリビの谷公園(夕方)

 そんな訳で茅ヶ崎公園の散策は1時間で終わってしまった。風は更に強くなって、新治市民の森等での鳥撮りは無理。そこで、昨日、様子を見に行ったがルリビタキの雄は現れなかった(仮称)ルリビの谷公園へまた行った。予想通り風が周囲の丘に遮られていて、ほとんど無風である。ルリビタキの雄もすぐに現れて撮影出来たが、その後は間遠となり、現れても落ち着きが無く良い写真は得られなかった。春が近いから食べ物も増え、また、旅立ちの時期が近づいているからだろうか。

zaki-20170220-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄等。
posted by 花虫とおる at 17:43| Comment(0) | 都筑区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 今日は17日に吹いた春一番より強い風が吹き、午後遅くからは雨と予報されていた。まこと「とほほのほ」の日和だが、雨が落ちて来ないので茅ヶ崎公園へ行った。まずは保険としてウグイスカグラを撮った。ウグイスカグラは、春の足音を感じさせる可憐さが何とも言えない。次に手摺昆虫観察を試みたが、フユシャクの雌を見つけたものの、翅が折れていたので撮影は諦めた。最後に本命ポイントたる尾根上のトイレへ行ったが、一匹だにフユシャクは這っていなかった。

zaki-20170220-uguisukagura.jpg
<ウグイスカグラ>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、カワヅザクラ、ウメ、ツバキ等。
posted by 花虫とおる at 17:41| Comment(0) | 都筑区

2017年02月18日

横浜市都筑区荏田南(午後)

 そろそろサンシュユでもと思い、鴨池公園傍のポイントに寄ったら、宅地開発がなされていて全て切り倒されていた。そこで昨日ハナモモを撮った場所に、サンシュユがたくさん植栽されていたので行ってみた。また、クリエイトでフランス生まれの「ORANGINA」が格安で売られていたので一本買って飲んだが、これが以外と美味かった。そこで今日も寄ってかなり仕入れ、ついでにカメラ片手の花散歩となった訳だが、思い通りにサンシュユを撮る事が出来た。

zaki-20170218-sanshyuyu.jpg
<サンシュユ>

<今日出会った主なもの>花/ハナモモ、サンシュユ、ロウバイ、シナマンサク、マンサク、ウメ、ホトケノザ等。
posted by 花虫とおる at 18:06| Comment(0) | 都筑区

2017年02月17日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

 今日は天気予報通り春一番が吹いて気温が上がった。こんなに風が強いと何処へ行っても写真撮影はNGだが、お便所昆虫観察なら大丈夫だろうと茅ヶ崎公園へ行った。しかし、ウスバフユシャクがたった一匹這っているだけで天を仰いだ。満開のカワヅザクラにはメジロやヒヨドリがたくさん吸蜜していたが、撮る気が起きず、クリエイトでおやつ等を購入した後、近場にあるサンシュユやハナモモ畑へ行って、膨らんだハナモモの蕾を撮って帰宅した。

zaki-20170217-hanamomo-tsubomi.jpg
<ハナモモの蕾>

<今日出会った主なもの>花/カワヅザクラ、ウメ、ツバキ等。昆虫/ウスバフユシャク等。鳥/メジロ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 19:56| Comment(0) | 都筑区

2017年02月15日

横浜市都筑区東方公園(午後)

 今日もこれといった散策先が無いので、久しぶりに東方公園及び周辺へ行った。車を停めてアセビの蕾はどうなったかなと見に行ったが、ちょいと膨らんだものもあったが、まだまだ先の様である。しからばハナモモわ?とハナモモ畑へ行ったが、蕾が少し膨らんだものもあったが、こちらもまだまだ先の様である。そんな訳でカメラの中は空っぽ、今日こそNO写真かなと思われたが、キウイの伐採されたばかりの枝がたくさん落ちていたので、その葉痕をカメラに納めた。

zaki-20170215-kiui-yokon.jpg
<キウイの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ツバキ、ウグイスカグラ、ナズナ、ホトケノザ等。
posted by 花虫とおる at 20:10| Comment(0) | 都筑区

2017年02月14日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 この時期これといった行き先が見当たらない。そこで何かしらのフユシャクやキリガが追加出来るのではないかと茅ヶ崎公園へ行った。まずは彩りが欲しいのでウグイスカグラを見に行ったが、寒さの為か凍えるように咲いていた。次に手摺やお便所昆虫観察を試みたが、相変わらずウスバフユシャク、クロテンフユシャクが這っているだけで、その数も前回よりかなり減っていた。これでは撮るものが無いわい、カワヅザクラは前回ブログアップしているしなあという訳で、今季初となる白梅を青空バックで撮影し、NO写真を免れた。

zaki-20170214-ume.jpg
<ウメ>

<今日出会った主なもの>花/カワヅザクラ、ウメ、ツバキ、ウグイスカグラ等。昆虫/ウスバフユシャク、クロテンフユシャク等。鳥/メジロ等。
posted by 花虫とおる at 20:05| Comment(0) | 都筑区

2017年02月10日

横浜市都筑区(仮称)ルリビの谷公園(夕方)

 時間がかなり過ぎても風が止まない。これでは何処へ行っても鳥撮りは無理だなあと思ったが、(仮称)ルリビの谷公園なら風が遮られるかもしれないと行ってみた。すると案の定、風はほとんどなかったが目的のルリビタキはなかなか現れない。ルリビタキの雄の撮影は1月で終わりと考えていたので、無理も無いかなあと思っていたら、現れてくれてほっとした。港北NTの鳥撮りマンは紅梅にルリビタキの雄という美しい写真を撮っているが、相も変わらずの枝止まりとなった。

zaki-20170210-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄等。
posted by 花虫とおる at 16:48| Comment(0) | 都筑区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 今日は曇っていて風が強く寒い。こんな日は自宅蟄居が定番だが、昨日は一日中雨だったし、家にいても暗い考えがよぎるだけだ。そこで茅ヶ崎公園へ出かけて見た。散策を開始すると植栽だがピンクのツバキが咲き、メジロが吸蜜にやって来ていた。プール下の斜面にはカワヅザクラが満開で、ここでもメジロやヒヨドリが吸蜜していた。次に尾根上のお便所昆虫観察を行ったが、ウスバフユシャク、クロテンフユシャクが見られただけで変わり映えしなかった。

zaki-20170210-kawazuzakura.jpg
<カワヅザクラ>

<今日出会った主なもの>花/カワヅザクラ、ウメ、ツバキ等。昆虫/ウスバフユシャク、クロテンフユシャク等。鳥/メジロ、コゲラ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 16:43| Comment(0) | 都筑区

2017年01月28日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(夕方)

 新吉田町の散策も他所へ行っても成果が望めないと、早目に切り上げて茅ヶ崎公園へ行った。まずはヤツデの葉捲りを行ったが、クロスジホソサジヨコバイは健在であった。どのような生態をしているのだろう、春まで葉裏で越冬するのかな。次に生態園正門前の手摺やケヤキの幹を見て回ったが、NO昆虫で、手摺昆虫観察は完全に終了したようである。そこで、お便所昆虫観察に切り替えたが、少数の以前と同じ顔ぶれのフユシャクやヨスジノコメキリガしか見られなかった。

zaki-20170128-usubafuyusahaku.jpg
<ウスバフユシャクの雄>

<今日出会った主なもの>花/カワヅザクラ、ウメ、ニホンスイセン、ツバキ等。昆虫/ヨスジノコメキリガ、ナミスジフユナミシャク、ウスバフユシャク、クロスジホソサジヨコバイ等。
posted by 花虫とおる at 17:18| Comment(0) | 都筑区

2017年01月27日

横浜市都筑区都筑中央公園(夕方)

 前述したように三ッ池公園では僅かにカイツブリの写真を撮っただけで終了となり、またしても時間がたっぷりと余った。今の時期、しかも風が強くては花や冬芽葉痕の撮影はNGである。そこで都筑中央公園の「ばじょうじ谷戸」なら強風が遮られるのではないかと転戦した。いつもの場所に車を停めて散策を開始すると、アトリの一群が高い梢に止まっていた。今年は首都圏でもアトリの当たり年で、著名な自然度の高い公園には数多く飛来しているようである。

zaki-20170127-atori-mesu.jpg
<アトリの雌>

 しかし、アトリは込入った梢に止まっていることが多く、好みの写真がなかなか得られない。しかし、良いチャンスですねと待っていたら、水を飲みに降りて来たので激写した。慌てていたので絞り値や露出補正値を間違えてしまったが、なんとかまあまあの写真が撮れた。その後、「ばじょうじ谷戸」へ歩みを進めたら、カワセミが見られ、ジョウビタキの雌もサービスが良くてほっとした。これからも風がある日は「ばじょうじ谷戸」だなと、ほくそ笑んだ。

zaki-20170127-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、ジョウビタキ、アトリ、モズ、オナガ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 17:21| Comment(2) | 都筑区

2017年01月23日

横浜市都筑区(仮称)ルリビの谷公園(夕方)

 前述したように新羽町では今季最悪の貧果となり、時間がたっぷり余ったので(仮称)ルリビの谷公園へ行った。風が強いから新横浜公園や鶴見川はNGなのである。また、新治市民の森もジョウビタキの雄位だら、昨日と同じ鳥のブログアップもつまらない。今日もルリビタキのポイントに到着すると、すぐに現れてくれたが、止まる場所が同じなのでそろそろ飽きて来た。今後撮りたい野鳥も撮れる野鳥も少ないようだが、しばしルリビタキの雄とはお別れかなと感じた。

zaki-20170123-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄等。
posted by 花虫とおる at 17:47| Comment(2) | 都筑区

2017年01月21日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 今日は天気予報通り風がとても強い。まことトランプ米国大統領の船出のように大荒れである。こんなに風が強いと手摺に這っている昆虫達は飛ばされてしまうだろうし、花や冬芽や実等も風に揺れて撮影どころでは無い。そこで、お便所昆虫観察ならなんとかなるだろうと茅ヶ崎公園の尾根筋のお便所を訪問した。しかし、見られた昆虫はナミスジフユナミシャク、クロテンフユシャクだけで、一向に顔ぶれが変わらない。どうやら今季はフユシャクも不作の様である。

zaki-20170121-namisujifuyunamichaku.jpg
<ナミスジフユナミシャクの雄>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、ウメ、ニホンスイセン等。昆虫/ナミスジフユナミシャク、クロテンフユシャク等。その他/マンリョウの実、ノイバラの実等。
posted by 花虫とおる at 17:33| Comment(0) | 都筑区

2017年01月19日

横浜市都筑区(仮称)ルリビの谷公園(夕方)

 前述したように新横浜公園では思わぬ貧果で、とほほのほと引き上げたが、夕方からは何処へ行こう、新治市民の森は行き過ぎたし、東本郷町の鶴見川も期待出来そうもない。そこで、久しぶりに(仮称)ルリビの谷公園へ行ってみた。すると誰かが餌付けでもしているのか、すぐに現れて大サービスとなった。冬になると毎年続けてルリビタキの雄を撮って来たが、昨年は雌に体色が似ている雄ばかりであった。そんな訳で、今季は雄を爆撮しておこうかな微笑んだ。

zaki-20170119-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄等。
posted by 花虫とおる at 17:45| Comment(2) | 都筑区

2017年01月17日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 退院後は体力が衰えていたので、これ1台あれば何とかなると購入したキヤノンG3Xだが、一眼に比べて問題点はあるものの、ほとんどの物が撮れてしまう。また、画質的にも満足していて、一眼レフが不要になりつつある。そこで、今日は早く起きて、今後使わないだろうカメラやレンズをまたまたヤフオクのオークションに出品した。全部売れれば10万円程になるが、ニコン1のマクロレンズが発売されるまで、郵便貯金に貯めておくつもりである。

zaki-20170117-kuromoji-fuyume.jpg
<クロモジの冬芽>

 そんな訳で少々寝不足だが茅ヶ崎公園へ行った。まずはフユシャクを探して歩いたが、NOフユシャクだった。こうなったら尾根上のお便所昆虫観察しかありませんねと行ってみると、3日前の観察会の時にも見つかった、ヨスジノコメキリガ、ナミスジフユナミシャク、ウスバフユシャクが、ほぼ同じ場所に這っていた。何日間居るのかは分からないが、何故に活動しないのだろう、もしや死んでいるのかもと、くすぐってみたら動いてほっとした。

zaki-20170117-yosujinokomekiriga.jpg
<ヨスジノコメキリガ>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ニホンスイセン等。昆虫/ヨスジノコメキリガ、ナミスジフユナミシャク、ウスバフユシャク等。鳥/ルリビタキ等。
posted by 花虫とおる at 18:24| Comment(0) | 都筑区