2016年11月05日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

 週間天気予報を見ると傘マークが一つも無い。日によっての気温格差はかなり激しいが、今日は20度近くまで達するとあり、まこと散策日和である。先だっての散策で、暗い場所にあるニシキギの実とエノキタケが良く撮れなかったので、再挑戦とばかりに茅ヶ崎公園へ行った。もちろん華奢な三脚とレリーズを持参したが、ピントはばっちりと合うし嬉しくなった。こんなに良く撮れるんだったら、キヤノンG3Xは手放せないな、一眼レフの出番は無くなるなあと苦笑した。

zaki-20161105-nishikigi-mi.jpg
<ニシキギの実>

 ニシキギは民家の庭等に植栽されているが、ネットを開いて見ると日本や中国に自生するとある。また、名前の由来は紅葉が美しく、錦に例えたことによるらしい。確かに真っ赤に色づいた紅葉は燃えるようである。もう一つの撮影目的のエノキタケは、前回のものはかなり成長していたが、今一絵にならないので撮影は諦めた。その後、生態園入口周辺をうろついたが、なんとクサギカメムシを2匹も見つけた。また、キチョウやウラギンシジミが舞っていた。

zaki-20161105-kusagikamemushi.jpg
<クサギカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/コウヤボウキ、タイアザミ、カントウヨメナ等。蝶/キチョウ、ウラギンシジミ等。昆虫/クサギカメムシ等。キノコ/エノキタケ等。その他/ニシキギの実、クサギの実、ゴンズイの実、ガマズミの実等。
posted by 花虫とおる at 17:54| Comment(0) | 都筑区

2016年11月03日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 今日は昼前に女房が用事があって出かけたので、本当に久しぶりに外食をとる事になった。まずは華風料理「一心」を覗いたが、豚肉+もやし、ピーマンの塩炒め定食で、なんと650円であった。野菜が高騰しているので仕方が無いが、五目野菜炒め定食が600円の頃を知っているでパスして、すき家へ行った。こちらは牛丼豚汁おしんこセットは変わらず490円だったが、豚汁の具は少なくなり、お新香は白菜ではなくなっていた。まこと野菜高騰は困った事である。

zaki-20161103-enokitake.jpg
<エノキタケの幼菌>

 昼食後は、もちろん至近の茅ヶ崎公園へ行った。まずはニシキギの実とエノキタケを狙ったが、どちらも暗い所に生えているので、ISO800にして絞り開放でもシャツター速度は上がらず、ブレ写真ばかりであった。こんな時は三脚レリーズであるなあと苦笑した。その後、生態園手前の手摺や木の幹に注意して歩いたが、可愛らしいビジョオニグモがいて嬉しくなった。また、生態園の中も覗いて見たが、アキアカネがバルコニーの手摺で日向ぼっこをしていた。

zaki-20161103-bijoonigumo.jpg
<ビジョオニグモ>

<今日出会った主なもの>花/コウヤボウキ、タイアザミ、シロヨメナ、カントウヨメナ等。蝶/キタテハ等。昆虫/アキアカネ、コバネイナゴ等。キノコ/エノキタケ等。その他/ニシキギの実、ガマズミの実等。
posted by 花虫とおる at 17:55| Comment(0) | 都筑区

2016年10月30日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 今日は天気予報通りかなり寒い日となった。そんな訳で、風邪でも引いたら大変と厚着をして出かけた。まずはハダカホウズキの実を撮ろうとポイント2ヶ所を回ったが、どちらも、かなり前の様だが草刈りが入ったためか、まったく見られなかった。まこと寂しい限りである。そこでニシキギの実をカメラに納めた。また、エノキタケの幼菌が顔を出していたが、絵にならないので撮影は諦めた。味噌汁の具としては最高の様だが、まだ食した事は無い。

zaki-20161030-kobaneinago.jpg
<コバネイナゴ>

 今日は日曜日なので生態園が開いているので行ってみたが、気温が低いからか蝶の姿はまったく見られなかったものの、竹の棒にコバネイナゴが止まっていた。子供達の耕す田んぼでは稲刈りが終わって稲束が干してあった。しばらくした後に、昔ながらの機具で脱穀するのである。その後、大原みねみち公園まで足を伸ばしたが、これと行った被写体は無く、帰り際の尾根沿いの手摺にヒゲナガサシガメの幼虫が這っていて、ほっとした。

zaki-20161030-higenagasashigame-yochyu.jpg
<ヒゲナガサシガメの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/タイアザミ、ヤクシソウ、タイワンホトトギス等。昆虫/コバネイナゴ、ヒゲナガサシガメの幼虫等。キノコ/エノキタケ等。その他/ニシキギの実、ガマズミの実等。
posted by 花虫とおる at 18:57| Comment(0) | 都筑区

2016年10月24日

横浜市都筑区都筑中央公園(午後)

 今日で退院してから2ヶ月が過ぎた。風邪を引いたり熱が出たりはしないが、お腹の調子は相変わらず今一である。期待している体重は1.5キロ増えただけである。今後、どうなるかは「神のみぞ知る」であるが、午後からだけだが自然観察及び写真撮影も1ヶ月続けて来られたので、歩く事に関してはだいぶ回復しているかもしれない。今日は雲一つ無い秋晴れとなって、昆虫は期待出来ないが、木の実草の実ならなんとかなるでしょうと都筑中央公園へ行った。

zaki-20161024-gonzui-mi.jpg
<ゴンズイの実>

 散策を開始すると、いつものように鴨池公園の柿の木広場周辺には寄り道せずに「ばじょうじ谷戸」へ直行した。まだ、オオアオイトトンボやアオイトトンボが見られるのではないかと探したが見つからなかった。そこで、コムラサキの実やヤブミョウガの実を狙ったが今一で、尾根に上がってゴンズイの実をカメラに納めた。お次は、イシミカワの実ですねとポイントへ行ってみると、有難い事に今年も色とりどりの実をつけていて嬉しくなった。

zaki-20161024-ishimikawa-mi.jpg
<イシミカワの実>

<今日出会った主なもの>花/ミゾソバ等。蝶/ツマグロヒョウモン、キチョウ等。昆虫/アキアカネ、ツマグロオオヨコバイ、コバネイナゴ等。鳥/コジュケイ、オオバン、キンクロハジロ等。その他/イシミカワの実、ヤブミョアガの実、ゴンズイの実、ガマズミの実、コムラサキの実等。
posted by 花虫とおる at 17:34| Comment(0) | 都筑区

2016年10月23日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

 今日は一日中曇りの筈であったが、予報に反して爽やかな秋晴れとなった。そこで何処へ行こうかなあと思ったが、晴れて気温が上がれば昆虫達がお出ましになるかもしれないと、昨日に引き続いて茅ヶ崎公園へ行った。まずはアキアカネを保険として撮ろうと、プール下の広場へ向った。すると、途中、ふわふわと蝶が飛んでいる。もしやアサギマダラとも思ったが、梢に止まったので近づいてみると、アカボシゴマダラであった。まこと遅い記録である。

zaki-20161023-akiakane-osu.jpg
<アキアカネの雄>

 目的のアキアカネはカワズザクラの枝先にたくさん止まっていて、緑をバックにカメラに納めた。その後、今日は手摺になにか這ってるのではないかと尾根上へ行くと、ミナミトゲヘリカメムシが這っていた。あまり見慣れないカメムシだし、名前にミナミとあるから、北上して来たものかなとネットで調べてみると、やはり南方系の種類で、紀伊半島、四国、九州、南西諸島に分布し、クスノキ、シロモジなどに付き、ミカンの果実を食害するとあった。

zaki-20161023-minamitogeherikamemushi.jpg
<ミナミトゲヘリカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/コセンダングサ、セイタカアワダチソウ、タイワンホトトギス等。蝶/アカボシゴマダラ、ツマグロヒョウモン、キチョウ、ウラギンシジミ等。昆虫/ミナミトゲヘリカメムシ、アキアカネ等。鳥/カワセミ、コサメビタキ、カルガモ等。その他/クサギの実、ゴンズイの実、ガマズミの実等。
posted by 花虫とおる at 17:44| Comment(0) | 都筑区

2016年10月22日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 今日は土曜日、生態園が開いているので本当に久しぶりに茅ヶ崎公園へ行った。朝から曇りで気温がかなり下がったから、今日こそは藪蚊に襲われないだろうと思ったが、2ヶ所も刺されてしまった。まことにしつこいお邪魔虫である。散策を開始すると、一応キノコ横丁を覗いて見たが、キノコのキの字もなく、周辺は草刈りが入っていた。その後、尾根へ登って行ったものの、これといった被写体は無かったが、これまた刺されるととんでもない事になるチャドクガを見つけた。

zaki-20161022-taiwanhototogisu.jpg
<タイワンホトトギス>

 更に尾根筋を進んで手摺昆虫観察を試みたがNO昆虫で、下草に極々普通なルリチュウレンジが静止していた。そんな訳で植栽だがタイワンホトトギスを保険として撮り、生態園に下って行ったが、途中、クサギの実がとても綺麗だったので嬉しくなった。生態園に入るとまずは事務所でK女史に「再発や転移で、まだ3割程の死ぬ確率は残っていますが、一応、退院しました」と報告した。まことにとんでもない病気に罹ってしまったものである。

zaki-20161022-kusagi-mi.jpg
<クサギの実>

<今日出会った主なもの>花/コセンダングサ、セイタカアワダチソウ、タイワンホトトギス等。蝶/キチョウ等。昆虫/ルリチュウレンジ、チャドクガ等。鳥/カワセミ、シジュウカラ等。その他/クサギの実、ゴンズイの実、ガマズミの実等。
posted by 花虫とおる at 18:08| Comment(0) | 都筑区

2016年10月19日

横浜市都筑区大原みねみち公園

 今日は一日中曇りとの事だったが、正午過ぎに家を出た時は晴れていた。午後の晴れは良い写真が撮れないなあと眉をしかめたが、予定通り葛ヶ谷公園から大原みねみち公園へ行った。都筑区の緑道及び公園は草刈りが激しいのだが、数日前、車で通る時に葛ヶ谷公園の昆虫横丁を覗くと草刈りがなされていなかったので、なにかしら撮れるだろうと思ったのである。いつもの場所に駐車して散策を開始したが、棒の先にはアキアカネが、コセンダングサにはキチョウが見られた。

zaki-20161019-mizosoba.jpg
<ミゾソバ>

 葛ヶ谷公園の昆虫横丁へ到着すると、ヤサイゾウムシがなんと3匹も居た。ブラジル原産で日本では昭和の中頃に初めて発見された。また、日本では雌しか発見されておらず単為生殖で増え、その名の通り幼虫は、ハクサイ、コマツナ、ダイコン、ホウレンソウ等の葉を食べるとある。まこと農家の方々にとっては、憎き害虫なのである。その後、予定通り大原みねみち公園まで行ったが、これといった被写体には出くわさず、池の畔に咲いていたミゾソバを撮って引き返した。

zaki-20161019-yasaizomushi.jpg
<ヤサイゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/シロヨメナ、ミゾソバ、イヌタデ、コセンダングサ、セイタカアワダチソウ等。蝶/ツマグロヒョウモン、クロコノマチョウ、キチョウ等。昆虫/ヤサイゾウムシ、シマハナアブ、ベッコウハゴロモ、ツマグロオオヨコバイ、アキアカネ、オオカマキリ、ハラビロカマキリ等。鳥/カワセミ等。その他/ガマズミの実等。
posted by 花虫とおる at 18:09| Comment(0) | 都筑区

2016年10月14日

横浜市都筑区東方公園周辺(午後)

 昨日、ノーベル文学賞にシンガーソングライターのボブ・ディランが受賞したと発表されたが、なんとなく違和感を持った。名前だけは知っていたが、ボブ・ディランの曲を聞いた事が無い。ボブ・ディランがノーベル賞を貰えるのなら、故ジョン・レノンやポール・マッカートニーにもあげなければおかしいと思ったのである。ノーベル賞に限らず色々な賞で、何故に、この人が受賞との思いを抱く事が時々あるが、かつてノーベル平和賞を佐藤栄作が貰った時には耳を疑った。

zaki-20161014-hanamizuki-mi.jpg
<ハナミズキの実>

 今日は予報通りに午後から晴れて来たので、各種の蝶や赤トンボでも撮ろうと東方公園周辺へ行った。散策を開始すると、美味しそうな小松菜の葉にムラサキツバメの雌が居たので嬉しくなった。陽が射すと羽を開き曇ると閉じる動作を繰り返していたので、時間をかけて撮影した。次に、防火緑地のハナミズキの実が鮮やかに色づいていたのでカメラに納めた。その後、アゲハ、モンキチョウ、ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモン等に出会えて、かなり楽しめた。

zaki-20161014-murasakitsubame-mesu.jpg
<ムラサキツバメの雌>

<今日出会った主なもの>花/セイタカアワダチソウ、コセンダングサ等。蝶/アゲハ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、モンキチョウ、ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモン、ムラサキツバメ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、チャバネセセリ等。昆虫/アキアカネ等。その他/ハナミズキの実、クサギの実等。
posted by 花虫とおる at 18:34| Comment(0) | 都筑区

2016年10月13日

横浜市都筑区都筑中央公園

 昨日は清々しい秋晴れだったが、今日は打って変わっての、今にも雨が落ちて来そうな曇天となった。そこで何処を散策してもNGだと思い、久しぶりとなる都筑中央公園へ行った。散策を開始するとススキの葉にクロコノマチョウの幼虫を見つけた。今まで何べんも記しているが、クロコノマチョウの顔の紋様は様々で、今日の個体はちょいと怖い顔をしている。次に、鴨池公園の柿の木広場へシャクチリソバを見に行ったが、咲いてはいたものの、写欲を誘うまでには至らなかった。

zaki-20161013-oomizosoba.jpg
<オオミゾソバ>

 そこで都筑中央公園の「ばじょうじ谷戸」へ行った。目的のオオミゾソバは盛期が過ぎていたが保険として撮影した。田んぼの横の水路には、オオアオイトトンボやアオイトトンボが生息しているのだが、踏み込んで探す元気は湧かない。それでも、炭焼き小屋の屋根に落ちた熟柿にクロコノマチョウが吸汁していたり、ふわふわとアサギマダラが舞い降りて来て嬉しくなった。その後、都筑中央公園の散策を早目に切り止めて、例によって田んぼ巡りをしたが、ノビタキの姿は無かった。

zaki-20161013-kurokonomacho-yochyu.jpg
<クロコノマチョウの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ゲンノショウコ、ヒヨドリバナ、シャクチリソバ、オオミゾソバ等。蝶/アサギマダラ、クロコノマチョウ等。その他/サンシュユの実、ヤブミョウガの実等。
posted by 花虫とおる at 17:49| Comment(0) | 都筑区

2016年09月25日

横浜市都筑区東方公園周辺

 退院してから1ヶ月間は自宅療養と決めていたので、おとなしくしていたが、家でゴロゴロしていてたら気分的にも体力的にも進展が無さそうなので、今日から予定通りに道端自然観察を再開した。本当に久しぶりなので、ちょいと心配だったが、車の運転はスムーズで散策も短時間だが思った以上に頑張る事が出来た。やはり道端自然観察はとても楽しく、今後、天気が良ければ散策しようと思った事は言うまでも無い。少しずつ少しずつ自信がつき、体力も回復して行くだろう。

zaki-20160925-akiakane-osu.jpg
<アキアカネの雄>

 道端自然観察再開の初日は、アップダウンが無くて知り合いに会わない所という事で、午後から東方公園周辺を散策した。何故に午後からかと言うと、術後半年から1年後には無くなるらしいが、朝食後、便意を数回催すからである。散策を開始すると、クズの葉上にホシハラビロヘリカメムシの幼虫やツチイナゴが、早くも実が色づいたハナミズキの葉にアカスジキンカメムシの幼虫が見られた。その他、アカボシゴマダラが飛翔し、アキアカネはたくさん戻って来ていた。

zaki-20160925-hoshiharabirokamemushi-yochyu.jpg
<ホシハラビロヘリカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、キクイモ、イヌタデ、アカツメグサ等。蝶/アオスジアゲハ、アゲハ、クロアゲハ、アカボシゴマダラ、ムラサキツバメ、ムラサキシジミ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/サビキコリ、アキアカネ、ツクツクボウシ、アカスジキンカメムシの幼虫、ホシハラビロヘリカメムシの幼虫、ツチイナゴ等。その他/ハナミズキの実等。
posted by 花虫とおる at 19:12| Comment(2) | 都筑区

2016年05月12日

横浜市都筑区大原みねみち公園

今日は抜けるような青空が広がって、気温もかなり高い。紫外線量も鰻上りに違いない。こんな日は昆虫達は活発だから貧果必至だし、おまけに暑くてばててしまう。そんな訳で梅田川へ行った方が良いかなあとも思ったが、予定通り葛ヶ谷公園から大原みねみち公園を散策した。もしかしたらエゴシギゾウムシに会えるかもしれないし、樹液が出でいる木が両公園に一本づつあるので、アカボシゴマダラやゴマダラチョウが吸蜜に訪れているかもしれないと期待したのである。

zaki-20160512-ibota.jpg
<イボタ>

散策を開始するとイボタが満開だったので、保険としてカメラに納めた。例年、イボタが咲くとゼフィルスの季節となるが、来週から入院なので無念の涙となる。また、連休明けが山中湖のキビタキの好期なのだが、これまた諦めるしか無い。葛ヶ谷公園ではトガリシロオビサビカミキリと思われるカミキリを見つけたがポトリされ、両公園ともNOエゴシギゾウムシで、予想通り昆虫はとても少なかった。そこで、アカヒゲヒラタコメツキがじっとしていたので撮影した。

zaki-20160512-akahigehiratakometsuki.jpg
<アカヒゲヒラタコメツキ>

<今日出会った主なもの>花/オカタツナミソウ、スイカズラ、ニワゼキシヨウ、アカツメクサ、アカバナユウゲショウ、ナガミヒナゲシ、エゴノキ、イボタ、ガマズミ等。蝶/アオスジアゲハ等。昆虫/ラミーカミキリ、トガリシロオビサビカミキリ、アカヒゲヒラタコメツキ、コフキゾウムシ、ヤツボシハムシ、ホオズキカメムシ、マガリケムシヒキ、オオスズメバチ、アシナガキンバエ等。
posted by 花虫とおる at 18:04| Comment(0) | 都筑区

2016年05月06日

横浜市都筑区(仮称)アオゲラの森(午後)

昼食は「ほっともっと」の海苔弁当を食べたくなったが、店内は客で溢れ返っていたので、コンビニにて298円の「炙り焼あじ御飯」を食した。まことギネス並みのリーズナブルな昼食である。その後、昼寝の後に(仮称)アオゲラの森に行ったが、今日は雄はお留守なようであったが、約40分待ったら帰って来た。しかし、背景を選ぶと毎度お馴染みの巣穴に張り付く写真しか撮れず、ちょいと飽きて来た。そんな訳で、少し時間を空けて再訪しようと引き返した。

zaki-20160506-aogera.jpg
<アオゲラの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/アオゲラ等。
posted by 花虫とおる at 19:26| Comment(0) | 都筑区

横浜市都筑区葛ヶ谷公園(午前)

今日は昨日と打って変わって朝から曇り、蝶は飛ばないかもしれないが散策日和である。そこで昨日の続きとばかりに、葛ヶ谷公園から大原みねみち公園へ行った。いつもの場所に路駐したが、路傍には、アカバナユウゲショウ、ナガミヒナゲシ、アメリカフウロ等、外来植物が咲き誇っている。これらの外来種が到来する前の路傍は、どんな植物の花で彩られていたのだろう。まずは葛ヶ谷公園のバス停裏の昆虫横丁へ行ったが、ホソオビヒゲナガが見られた位であった。

zaki-20160506-akabanayugesho.jpg
<ユウゲショウ>

そこで一回りして戻って来ると、Ashさんがエゴノキを見詰めていたので、お仲間に入ったら、目的のエゴシギゾウムシはいたものの、葉影に隠れて良い場所には出て来なかった。そこで大原みねみち公園へ行ったが、何故かアジサイの葉にフキヒョウタンゾウムシが見られ、早くも吹き出したコナラの樹液にオオスズメバチが2匹もやって来ていた。もちろんエゴシギゾウムシを探したが見当らず、下草に這っていた可愛らしいヤツボシハムシを撮って引き返した。

zaki-20160506-yatsuboshihamushi.jpg
<ヤツボシハムシ>

<今日出会った主なもの>花/アカツメクサ、アカバナユウゲショウ、ナガミヒナゲシ、アメリカフウロ、ブタナ、コウゾリナ、カタバミ、ニワゼキショウ、カマツカ等。昆虫/エゴシギゾウムシ、ヒメシロコブゾウムシ、ヤツボシハムシ、マガリケムシヒキ、オオスズメバチ、ホソオビヒゲナガ等。
posted by 花虫とおる at 19:22| Comment(0) | 都筑区

2016年05月05日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

今日は風が治まって雲一つ無い晴天となった。昨日の強風の為に朝の外回りの掃除は倍以上の時間がかかり、近場しかありませんねと茅ヶ崎公園へ行った。それに観察会仲間のM&Oさんが、これでもかとエゴシギゾウムシをブログアップしていたので、今まで実績のある茅ヶ崎公園と大原みねみち公園のポイントを重点的に探そうと思ったのだ。その前に虫だらけになるのもつまらないので、路傍に咲くニワゼキショウを撮った。ニワゼキショウは、言うまでも無くアヤメ科の植物である。

zaki-20160505-niwazekisho.jpg
<ニワゼキショウ>

次にエゴシギゾウムシをかつて良く見つけた昆虫の谷入口周辺の下草やアジサイの葉上を丹念に探したが、NOエゴシギゾウムシだった。そこで途中に咲くタニウツギを愛でてから生態園前の手摺昆虫観察を試みると、アカスジキカメムシの幼虫が這っていた。その後、生態園にちょいとお邪魔した後に、大原みるみち公園へ行った。しかし、ここでもNOエゴシギゾウムシだった。そこでアジサイの葉上を探虫すると、なんとなんと緑が僅かに残る黒化型のアカスジキンカメムシを見つけた。

zaki-20160505-akasujikinkamemushi.jpg
<アカスジキンカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/カタバミ、ニワゼキショウ、イモカタバミ、ヤブデマリ、タニウツギ等。蝶/ジャコウアゲハ等。昆虫/アトボシハムシ、アカスジキンカメムシ、マガリケムシヒキ、ホソオビヒゲナガ等。
posted by 花虫とおる at 19:17| Comment(2) | 都筑区

2016年05月03日

横浜市都筑区(仮称)アオゲラの森(午後)

午後からは風がまたしても強くなったので、恩田川でのモズの観察は諦めて、また(仮称)アオゲラの森へ行った。ポイントに到着し、営巣放棄が怖いので、かなり距離をとってカメラを据えた。すると10分位して巣穴から雄が顔を出したと思ったら、すぐに飛び立った。そこで今日はかなり待たされるかもと思ったが、約30分後に戻って来て、たぶん雌に嘴渡しで餌を与えた後に、巣穴の中に消えた。今まで一度も雌を見ていないので、恐らく雌が抱卵しているのだろう。

zaki-20160503-aogera-osu.jpg
<アオゲラの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/アオゲラ等。
posted by 花虫とおる at 18:30| Comment(0) | 都筑区

2016年04月30日

横浜市都筑区(仮称)アオゲラの森(午後)

午後からは、昨日良く撮れなかったアオゲラをもう一度撮ろうと(仮称)アオゲラの森へ行った。巣穴が正面に見える位置からは背景が悪くて横からの撮影となり、巣穴が見えなくてちょいと寂しいが仕方が無い。カメラを構えて待っていると、アオゲラの雄が飛んで来て、暫らく巣穴の中の雛か雌に餌を与えているようだったが、そのまま巣穴に潜り込んでしまった。その後はペアの相手が来ないのでじれているのか、外の気配を伺っているのか、巣穴から数回顔を出したが、ついに飛び立ってしまった。以上、抱卵中なのか雛が孵っているのかは分からないが、今後、定期的に観察を続行する事にした。

zaki-20160430-aogera.jpg
<アオゲラ>

<今日出会った主なもの>鳥/アオゲラ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 19:22| Comment(0) | 都筑区

2016年04月29日

横浜市都筑区(仮称)アオゲラの森(午後)

昼食は久しぶりに「すき家」へ行き、490円の牛丼豚汁セットを食べた。もちろん昼寝も貪ったが、風は更に強くなったので、窪地へ車を停めた事は言うまでも無い。午後からは、こんな風では鳥撮りは不可能なので、双眼鏡を片手にコゲラないしアオゲラの巣を探そうとあちこち探鳥したら、去年に引き続いてアオゲラの巣を発見した。そこで強風で撮影は無理と思ったが、車に戻りデジスコを組み立てて引き返した。やはり予想通りちょいブレの写真しか撮れなかったが、消去するのが勿体無いのでブログアップしてみた。

zaki-20160429-aogera.jpg
<アオゲラ>

<今日出会った主なもの>鳥/アオゲラ、オナガ、キジバト等。
posted by 花虫とおる at 18:35| Comment(0) | 都筑区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

昨日は久しぶりに一日中雨で、溜まりに溜まっていた用事を片付ける事が出来た。今日は雲一つ無い青空が広がったが、天気予報通りに北風がものすごく強い。こんな日は風が防げる三保市民の森が定番なのだが、三菱自動車の燃費不正や桝添都知事の無駄遣い等の新聞記事を読んだ為、出発時間がかなり遅れてしまった。豪勢な海外視察を繰り返し、別荘通いにも公用車を使用する神経の持ち主とは、まことびっくり、問題はあったが猪瀬前都知事の方がよっぽどましである。

zaki-20160429-magarikemushihiki.jpg
<マガリケムシヒキ>

そんな訳で、至近距離の茅ヶ崎公園へ行った。まずは昆虫の谷のアジサイの葉上から探虫を開始したが、風が強くてそれどころでは無い。こんな日は、風にびくともしない手摺昆虫観察しかないですねと生態園正門前へ行ってみた。まずは保険としてマガリケムシヒキの顔をカメラに納めた。その他、キイロテントウ、ニホンケブカサルハムシ、クヌギカメムシの幼虫、アカスジキンカメムシの幼虫、ヤブキリの幼虫等が見られ、何も撮れないのではとの危惧は霧散してほっとした。

zaki-20160429-kunugikamemushi-yochyu.jpg
<クヌギカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/カタバミ、ニワゼキショウ、イモカタバミ、タニウツギ等。蝶/ジャコウアゲハ等。昆虫/キイロテントウ、ニホンケブカサルハムシ、クヌギカメムシの幼虫、アカスジキンカメムシの幼虫、マガリケムシヒキ、ヤブキリの幼虫等。
posted by 花虫とおる at 18:34| Comment(0) | 都筑区

2016年04月27日

横浜市都筑区葛ヶ谷公園(午前)

このところ鳥枯れなので、マクロ撮影のついでにアオゲラないしコゲラの巣でも見つけようと、鴨池公園へ行った。巣を発見する為に木々の幹を見たり、昆虫を見つける為に下草を見たりと、落ち着かなかった事は言うまでも無い。まずは例によって柿の木広場から始めたが、ハナウドの葉にヒメシロコブゾウムシが這っていた。次にアミガサタケを探しにポイントへ行ったが見られず、団地の片隅に咲いているタツナミソウにチャレンジしたが、良い写真は得られなかった。

zaki-20160427-kogomeutsugi.jpg
<コゴメウツギ>

以上、鴨池公園では期待した成果は得られず、時間がかなり余ったので、葛ヶ谷公園へまで歩みを進めた。冬季に草刈りが入って何にもいないかもと危惧したが、雑草の生命力は強くて、かなりの下草が繁茂していて、ツヤマルシラホシカメムシが這っていた。このぶんだと半月後から面白くなりそうである。また、小道脇に可愛らしいコゴメウツギが咲いていた。しかし、葛ヶ谷公園でもアオゲラ、コゲラの巣は見つからず、それどころか鳴き声すら聞こえなかった。

zaki-20160427-tsuyamarushirahoshikamemushi.jpg
<ツヤマルシラホシカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/タツナミソウ、キンラン、ギンラン、オニタビラコ、キツネノボタン、イモカタバミ、コゴメウツギ、タニウツギ、クルメツツジ等。昆虫/ヒメシロコブゾウムシ、ツヤマルシラホシカメムシ、マルカメムシ、ツマグロオオヨコバイ、クロウリハムシ、ヤブキリの幼虫等。
posted by 花虫とおる at 18:59| Comment(0) | 都筑区

2016年04月24日

横浜市都筑区都筑中央公園(午後)

起床して外を見ると雨が降っている。このところ天気の変化は日替わりメニューで、昨日の観察会が時々陽が射す天気だったのは、日頃の行いの良い方ばかりが集まったからだろう。ネットの天気予報を見ると昼前には傘マークがなくなっていたので、布団にUターンして小一時間程眠った後に、雨が止んだので出発した。もちろん途中で昼食をとったが、華風料理「一心」の今日の600円の定食は、五目野菜炒めだったので、もちろん食した事は言うまでも無い。

zaki-20160424-yamatofukibata-yochyu.jpg
<ヤマトフキバッタの幼虫>

いつもの場所に路駐して、アミガサタケが生えていないかと御影橋方面へちょいと歩みを進めたが見当らず、キツネノボタンにヒメヒラタアブが吸蜜していたので撮影した。次に踵を返して柿の木広場へ行ったが、ハナウドの葉が伸展して、ヒメシロコブゾウムシが2匹も鎮座していた。その後、都筑中央公園へ行ってアジサイの葉上に注視したが、雨上がりで雨粒がついている事もあってか、ヤマトフキバッタの幼虫とヤブキリの幼虫がいただけだった。

zaki-20160424-himehirataabu.jpg
<ヒメヒラタアブ>

<今日出会った主なもの>花/キンラン、ギンラン、キツネノボタン、ヤマツツジ等。昆虫/ニホンケブカサルハムシ、ヒメシロコブゾウムシ、ケブカクチブトゾウムシ、ヨツモンクロツツハムシ、ヒメヒラタアブ、ツマグロオオヨコバイ、マガリケムシヒキ、ヤブキリの幼虫、ヤマトフキバッタの幼虫等。
posted by 花虫とおる at 19:02| Comment(0) | 都筑区