2017年04月08日

横浜市緑区鶴見川(午後)

 今日は朝から雨で、天気予報によると午後からは曇りに変わるという。そこで雨上がりだから、花や芽吹きはNGだなと鶴見川へ行った。しかし、霧雨の様な細かい雨が時折り降って来て眉をしかめた。見られた鳥は、ヒドリガモ、コガモ、カルガモ、バン、オオバン等で、ヒドリガモは2番と寂しくなった。オオバンも半分位の個体数に減ったようだが、コガモは群れで飛来していた。そんな訳で、カモ類が見られる季節はもう僅か、寂しくなるけど仕方が無い。

zaki-20170408-hidorigamo-osu.jpg
<ヒドリガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ヒドリガモ、コガモ、カルガモ、バン、オオバン等。
posted by 花虫とおる at 18:18| Comment(0) | 緑  区

2017年04月07日

横浜市緑区梅田川(夕方)

 茅ヶ崎公園では思わぬ成果にほくそ笑んだが、その後、何処へ行こうかなと考えたが思いつかない。そこで、横浜動物の森公園が里山ガーデンと名を変えて散策出来るとの事なので行ってみた。しかし、まだ木々は安定していないし、雑草も生えていないし、散策者も多いので早々引き上げて梅田川へ転戦したが、なかなか芽吹かなかったオニグルミをやっと撮影出来た。これまで腰をかがめる野の花は病気療養中につき無理だが、木の花や芽吹きの撮影は順調進んでいる。

zaki-20170407-onigurumi-mebuki.jpg
<オニグルミの芽吹>

<今日出会った主なもの>花/スモモ、ユキヤナギ、ボケ等。
posted by 花虫とおる at 20:07| Comment(0) | 緑  区

2017年04月06日

横浜市緑区梅田川(夕方)

 風が止んだら鶴見川へ鳥撮りに寄ってみようと考えていたが、ますます風が強くなった。そこで、昨日に引き続いて梅田川へ行った。今日は「一本橋メダカひろば」の方へと歩みを進めたが、期待したオニグルミの芽吹きは今一で、代わりにミツバウツギの芽吹きを撮った。その後、梅田川沿いではユキヤナギが綺麗に咲き、フキの葉上でツマグロオオヨコバイを見つけたものの、写欲が湧かずに「一本橋メダカひろば」に到着したが、目が覚めるようにクサボケが咲いていた。

zaki-20170406-kusaboke.jpg
<クサボケ>

<今日出会った主なもの>花/スモモ、ユキヤナギ、クサボケ等。昆虫/ツマグロオオヨコバイ等。
posted by 花虫とおる at 18:37| Comment(0) | 緑  区

2017年04月05日

横浜市緑区梅田川(夕方)

 このところ鳥影がやけに薄くなった。これではしばらく鳥撮りはお休みだなと思ったものの、しからば何を撮影するかなあと思案したが思い浮かばない。そこで梅田川沿いを歩いてみようと行ってみた。風はかなり強いが曇って来たので、これなら花もいけますねとスモモの丘に登って行くと、ハナモモではない本物のモモやスモモやアンズ、タチツボスミレが迎えてくれた。スモモはの開花は鴨池公園よりかなり遅れているようで、まだ新鮮で嬉しくなった。

zaki-20170405-sumomo.jpg
<スモモ>

<今日出会った主なもの>花/モモ、アンズ、スモモ、ユキヤナギ、タチツボスミレ等。
posted by 花虫とおる at 20:07| Comment(0) | 緑  区

2017年04月02日

横浜市緑区鶴見川(夕方)

 夕方からはとは言っても、陽が長くなったので午後と呼ぶ方がふさわしいが鶴見川へ行った。恩田川のカワラヒワは見られなくなり、モズもなかなか現れない。しからば新治市民の森へ行けばとの声が聞こえて来そうだが、カワセミは相変わらず現れず、常連小鳥の撮影にも飽きた。そこでオオバンでも良いかなと左程期待しなかったが、コガモが居たので撮影した。陽に光る水面を泳いでいたので良い写真とはならなかったが、久しぶりなのでアップした。

zaki-20170402-kogamo-osu.jpg
<コガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/セグロカモメ、ヒドリガモ、コガモ、カルガモ、オオバン、カイツブリ等。
posted by 花虫とおる at 18:16| Comment(0) | 緑  区

2017年04月01日

横浜市緑区恩田川(夕方)

 今日も昨日と同じく一般撮影後に恩田川の田んぼへ行った。期待したカワラヒワは一羽だけ止まっていたが、待てども待てども数は増えなかった。しからばモズでもと良い場所に止まるものを見つけたが、デジスコを組み立てている内に飛び去ってしまった。これでは鳥撮りはあぶれ必至なので、少し上流のジャコウアゲハの蛹はどうなっているかと見に行った。昨年は100個は見つかったが、今年は僅か数個であった。産卵前か若齢幼虫期に草刈りが入ったのだろう。

zaki-20170401-jakoageha-sanagi.jpg
<ジャコウアゲハの蛹>

<今日出会った主なもの>蝶/ジャコウアゲハの蛹等。鳥/モズ、カワラヒワ、ハクセキレイ、スズメ、ムクドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:22| Comment(0) | 緑  区

2017年03月31日

横浜市緑区恩田川(夕方)

 無事にキブシを撮り終わったが、雨がまた降って来た。そこで、幾分空が明るい恩田川の田んぼへ行ってみた。有難い事に雨は止んでいて、ここしばらく見られなかったカワラヒワの群れが梢に止まっていた。しかし、暗くてシャッター速度が上がらず、ピントがあった写真はゼロとなった。そこで道路で何故か動かないタヒバリを撮った。黒い筋や胸の白さが異なるなあと思って、図鑑で調べて見ると、4月頃から胸が淡いオレンジ色の夏羽も現れるとあり納得した。

zaki-20170331-tahibari.jpg
<タヒバリの夏羽>

<今日出会った主なもの>鳥/モズ、カワラヒワ、タヒバリ、ハクセキレイ、スズメ、ムクドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:44| Comment(0) | 緑  区

2017年03月29日

横浜市緑区鶴見川(夕方)

 5日間の自宅蟄居の間に、旅立った鳥が居るのではないかと、まずは鶴見川へ行った。案の定、ずっと見られたオナガガモの2番の姿は見られなかった。そこでオオバンよりもヒドリガモだなあとカメラに納めた。両種ともかなりの数がまだ残っていた。次に、カワラヒワはどうなったかと恩田川の田んぼへ行ってみたが、待てども待てども1羽も現れない。何処かに旅立ったのだろうか。同所で良く見られるカシラダカも居なかったので、寂しい結果となった。

zaki-20170329-hidorigamo-osu.jpg
<ヒドリガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ヒドリガモ、オオバン、ムクドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:45| Comment(0) | 緑  区

2017年03月23日

横浜市緑区鶴見川(夕方)

 ここ2日にわたってカワラヒワの撮影に精を出していたが、今日は鶴見川のカモちゃんはどうしただろう覗いて見た。相変わらずヒドリガモ、オナガガモ、オオバンが泳いでいたが、他には変わったカモは居なかった。ユリカモメは去ったと記したが、大型のセグロカモメが悠然と下流に向って飛んで行った。そんな訳でオナガガモの雄を撮ったが、いつ行っても2組の番が仲良く泳いでいる。もうすぐ旅立ちだろうが、4月1日頃までは見られるに違いない。

zaki-20080323-onagagamo-osu.jpg
<オナガガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/セグロカモメ、ヒドリガモ、オナガガモ、オオバン、ムクドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:31| Comment(0) | 緑  区

2017年03月22日

横浜市緑区恩田川(夕方)

 茅ヶ崎公園でクロモジの花を無事にカメラに納めたので、一昨日に引き続いて恩田川へ行った。もちろんカワラヒワ狙いで、見返りの写真をものにしようと思った訳である。他の鳥にも言える事だが、お腹の方から撮ると単色になる鳥が多い。カワラヒワだと一昨日ブログアップした様に、やや緑色がかった褐色一色である。しかし、背中の方から撮ると普通種には思えない綺麗さとなる。今日はまあまあの写真が得られたが、しばし恩田川通いが続くかなと微笑んだ。

zaki-20080322-kawarahiwa-osu.jpg
<カワラヒワの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/モズ、カワラヒワ、カシラダカ、ハクセキレイ、スズメ、ムクドリ、ツグミ等。
posted by 花虫とおる at 18:49| Comment(0) | 緑  区

2017年03月20日

横浜市緑区恩田川(夕方)

 陽がだいぶ長くなったので、鳥撮り時間もかなり確保出来るようになったが、冬鳥は旅立ったものも増えて来た。新治のジョウビタキの雄も近ごろ見かけなくなった。そんな訳で新治へ行っても、ヤマガラ等の常連鳥と遊ぶしかないので、久しぶりに恩田川へ行ってみた。田んぼの傍らに生えている木にカワラヒワが群れで休んていて、今まで本気でチャレンジしなかったが、今日は頑張ってみた。その結果、お腹の方からの写真は得られたが、見返りの写真は撮れなかった。

zaki-20080320-kawarahiwa-osu.jpg
<カワラヒワの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/モズ、カワラヒワ、ハクセキレイ、ムクドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:44| Comment(2) | 緑  区

2017年03月19日

横浜市緑区鶴見川(午後)

 午後からは、昨日の新横浜公園で良いカモの写真が撮れなかったから、リベンジですねと鶴見川へ行った。機材を担いで土手に上がるとジョウビタキの雄が居た。気温が高いのでほっそりとしていて、なかなかのダンディーであった。河原に降りるとヒドリガモ、オナガガモ、オオバンが見られ、新横浜公園に比べると至近距離なので鮮明に撮れた。たくさんいたユリカモメは一羽だに見られなくなったと前回も記したが、今日も不在で、やはり繁殖地に向け旅立ったのだろう。

zaki-20170319-hidorigamo-osu.jpg
<ヒドリガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ヒドリガモ、オナガガモ、オオバン、ジョウビタキの雄等。
posted by 花虫とおる at 18:51| Comment(0) | 緑  区

2017年03月12日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 今日は風が冷たくかなり寒く感じられる。それでも新治市民の森の日溜りなら、なんとかなるだろうと転戦した。カワセミの池まではジョウビタキの雌が見られたので、まだ冬鳥は去っていないなと安どした。カワセミの池は相変わらずカワセミは不在で、いつ戻って来るのだろう。そこで常連さんに遊んで貰った。その後、谷戸奥まで行ってみたものの、ウグイスが見られただけだった。そこで帰路に期待したがモズは居たがジョウビタキの雄は見られなかった。

zaki-20170312-shijyukara.jpg
<シジュウカラ>

<今日出会った主なもの>鳥/モズ、ウグイス、ジョウビタキの雌、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ等。
posted by 花虫とおる at 21:40| Comment(0) | 緑  区

2017年03月11日

横浜市緑区鶴見川(夕方)

 目的のアンズの花はしばしの御預けとなったが、春爛漫を思わせる光景に満足して、またしても鶴見川へ行った。昨日見られなかったユリカモメは本当に去ったのだろうか、他のカモ類は居ないのだろうかと気になったのだ。しかし、あんなに見られたユリカモメは見られず、三ッ池公園にも居なかったので、やはり旅立ったようである。カモ類ではコガモの群れが居て嬉しくなった。新横浜公園では見られなくなったので心配していたのだが、まだ旅立っていないようである

zaki-20170311-kogamo-osu.jpg
<コガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/コガモ、カルガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、オオバン等。
posted by 花虫とおる at 18:41| Comment(0) | 緑  区

2017年03月10日

横浜市緑区鶴見川(夕方)

 新横浜公園ではカンムリカイツブリは居たものの、カモ類はカルガモが2羽居ただけだった。そんな訳で不完全燃焼がはなはなしく、もしかしたら、前回は見られなかったが鶴見川にヒドリガモが来ているのではないかと覗いて見た。すると雄雌10羽程が飛来していて嬉しくなった。もちろんオナガガモも見られたが、他のカモやユリカモメ等は見られず、本当に旅立ったようである。毎年そうだがヒドリガモの旅立ちは遅いので、しばらく遊んで貰えるかもしれない。

zaki-20170310-hidorigamoi-osu.jpg
<ヒドリガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ヒドリガモ、オナガガモ、オオバン等。
posted by 花虫とおる at 18:48| Comment(0) | 緑  区

2017年03月09日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 三ッ池公園では、これといった写真は得られなかったが、金苦労羽白等が撮れたので、まあ良いかなと新治市民の森へ転戦した。今日は昨日一昨日と比べて、ヤマガラの数は少し多くなっていたので頑張って狙った。しかし、何故かアオジの姿が見られなかった。毎日の様に通っていると、小鳥達の微妙な動向が気になって来る。帰りがけに谷戸奥を覗いたが、相変わらず非協力的なルリビタキの若雄が居て、帰路の畑にはジョウビタキの雌雄が見られた。

zaki-20170309-yamagara.jpg
<ヤマガラ>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの若雄、ジョウビタキの雌雄、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ、ツグミ、アオサギ等。
posted by 花虫とおる at 18:39| Comment(0) | 緑  区

2017年03月08日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 今日も芽吹き等の撮影が終わると新治市民の森へ転戦した。久しぶりにヤマガラでもと大きな期待はしていないのだが、あんなに居たヤマガラはほとんど姿を見せなかった。シジュウカラと同数見られたのだが、どうした事だろう。そこでネットで調べてみると、標高1,000m以上の場所に生息する個体は、冬季になると標高の低い場所へ移動するとあるので、帰った個体もいるのだろうか。そんな訳で、サービスの良いアオジを見つけてばんばんシャッターを切った。

zaki-20170308-aoji.jpg
<アオジの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキの雌雄、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ等。
posted by 花虫とおる at 18:35| Comment(0) | 緑  区

2017年03月07日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 満足とは行かないもののミツマタの写真をカメラに納めて、至近距離の新治市民の森に転戦した。今日はやや風が強く気温も低くて「どうかな」と思われたが、結果は鳥の出は良かった。しかし、ヤマガラの姿が一昨日と同様に少なくなった。たくさんいた頃の3割位である。それでも常連さんに遊んで貰った後、谷戸奥へ行くとルリビタキの若雄が、タラノキ畑の近くにはジョウビタキの雌が、入り口付近の畑には、ジョウピタキの雄が見られた。

zaki-20170307-jobitaki-osu.jpg
<ジョウビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの若雄、ジョウビタキの雌雄、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ、エナガ等。
posted by 花虫とおる at 18:35| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区四季の森公園(午後)

 昨日は午後から雨が降って自宅蟄居の一日となった。そんな訳で、お仲間のブログを色々見ていたらミツマタの写真が載っていた。今年はまだ撮っていないなあと、今日は迷わず四季の森公園へ行った。有名なミツマタだが意外と植栽されている所が少ない。ミツマタは中国原産で、枝が三つ叉に分かれるところから「ミツマタ」と名付けられ、和紙の原料として著名である。また同じ科のジンチョウゲと同じく移植にはとても弱いらしく、それが各所に植えられていない一因かもしれない。

zaki-20170307-mitsumata.jpg
<ミツマタ>

 ミツマタの気の利いた写真をと意気込んだが、良い枝ぶりのものが見つからず、ワンパターンの青空バックで撮影した。他に撮るものは無いかと探したが、もうすでに2度紹介しているサンシュユ位であった。そこで、カワセミはいるかなと蓮池を覗いたが、カルガモとカワウがいたのみであった。それでもベンチ裏のマンサクが綺麗に咲いていたので撮影した。小振りので花期がシナマンサクより遅く、枯葉が全て落葉しているので、間違いなくマンサクである。

zaki-20170307-mansaku.jpg
<マンサク>

<今日出会った主なもの>花/ミツマタ、サンシュユ、マンサク、シナマンサク、アカバナマンサク、ウメ、カンヒザクラ、ハナモモ等。鳥/カルガモ、カワウ等。
posted by 花虫とおる at 18:34| Comment(0) | 緑  区

2017年03月05日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 花の撮影が無事に終わると、昨日、鳥の出が良かった新治市民の森へ行った。しかし、カワセミの池まではこれといった野鳥は見られず、広場の小鳥達はシジュウカラやアオジは昨日と同じく賑わっていたが、ヤマガラはかなり少なかった。また、猛禽類でも近くに居るのかなと見回したが居なかった。帰りがけに谷戸の奥も覗いたがルリビタキの若雄は見られず、帰路、田んぼの棒の先にモズの雄が止まっていた。また、ジョウビタキの雄も見られたが、今日はよそよそしかった。

zaki-20170305-shijyukara.jpg
<シジュウカラ>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキの雄、モズ、ヤマガラ、エナガ、シジュウカラ、アオジ、ツグミ等。
posted by 花虫とおる at 18:32| Comment(0) | 緑  区