2017年06月25日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後U)

 新吉田町の次は北八朔公園かなと車を走らせたが、港北ニュータウンに入ると雨が降って来た。そこで、比較的空が明るい寺家ふるさと村に行く先を変えた。現地に到着すると、ほんの少し雨が落ちていたがすぐに止んだので散策を開始した。するとハイイロチョッキリが見つかった。これだからぐずついた天気でも散策は止められない。その後、ジンガサハムシ、イモサルハムシ等もいたが、良い場所にいたエサキモンキツノカメムシをカメラに納めて車に戻った。

zaki-20170625-esakimonkitsunokamemushi.jpg
<エサキモンキツノカメムシ>

zaki-20170625-haiirochokiri.jpg
<ハイイロチョッキリ>

<今日出会った主なもの>花/ハルシャギク等。昆虫/ジンガサハムシ、イモサルハムシ、ヤマイモハムシ、クロウリハムシ、エサキモンキツノカメムシ、オジロアシナガゾウムシ、ハイイロチョッキリ、カシルリオトシブミ、マメコガネ、カノコガ、ヨツスジヒメシンクイ等。
posted by 花虫とおる at 18:04| Comment(0) | 青葉区

2017年06月23日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後U)

 今日はかなりばてて2回戦は止そうとも思ったが、寺家ふるさと村へ行き居谷戸から散策を開始した。まずは可愛らしいチャバネアオカメムシの幼虫をカメラに収めた。また、ショウジョウトンボやコオニヤンマが見られたが、絵にならずに諦めた。次に定番の山田谷戸へ行き、半分だけ日陰になっている谷戸奥に向かって左側の昆虫横丁を往復した。嬉しい事にジンガサハムシが良い場所に止まっていた。その他は、アカガネサルハムシが見られた位であった。

zaki-20170623-jingasahamushi.jpg
<ジンガサハムシ>

zaki-20170623-chabaneaokamemushi-yochyu.jpg
<チャバネアオカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/シモツケ等。蝶/キマダラセセリ等。昆虫/トビサルハムシ、ヤマイモハムシ、クロウリハムシ、アカガネサルハムシ、シロヘリカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、チャバネアオカメムシの幼虫、オジロアシナガゾウムシ、カシルリオトシブミ、セマダラコガネ、マメコガネ、ショウジョウトンボ、コオニヤンマ、シオカラトンボ、ホタルガ等。
posted by 花虫とおる at 20:27| Comment(0) | 青葉区

2017年06月20日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後U)

 今日はなかなか日陰にならない山田谷戸の昆虫横丁はパスして、午後からは確実に日陰となる居谷戸へ行った。これといった昆虫は見られなかったが、シモツケが咲いていた。弘法山等の山へ行けば自生しているものが見られるが、多分植栽ではなかろうか。そんな訳でシモツケをカメラに納めると、昆虫でも撮ろうと山田谷戸へ転戦するつもりで車に戻ったが、久しぶりにカワセミが鳴きながら現れた。しかし、露出補正が難しく、少々白トビ気味となってしまった。

zaki-20170620-shimotsuke.jpg
<シモツケ>

zaki-20170620-kawasemi.jpg
<カワセミ>

<今日出会った主なもの>花/シモツケ等。蝶/スジグロシロチョウ等。昆虫/クサギカメムシの幼虫、カシルリオトシブミ、ハラビロトンボ等。鳥/カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 20:24| Comment(0) | 青葉区

2017年06月19日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後U)

 前にも記したが夏至間近なので、谷戸奥に向かって左側の昆虫横丁は5時を過ぎないと半分はかんかん照りとなる。そんな訳で右側の昆虫横丁が散策のメインとなったが、ウスモンオトシブミ、ヒメカメノコテントウ、イモサルハムシ、オオナミモンマダラハマキ等が見つかった。そんな訳で良い絵柄ではないもも、ブログアップの写真が揃ったので水車小屋で休んでから、左側の昆虫横丁を散策したが、カシルリオトシブミが多い位で特筆するものはいなかった。

zaki-20170619-ojiroashinagazomushi.jpg
<オジロアシナガゾウムシ>

zaki-20170619-himekamenokotento.jpg
<ヒメカメノコテントウ>

<今日出会った主なもの>花/ナワシロイチゴ等。昆虫/ウスモンオトシブミ、マメコガネ、オジロアシナガゾウムシ、カシルリオトシブミ、イモサルハムシ、クロウリハムシ、オキイロマルノミハムシ、カノコガ、オオナミモンマダラハマキ、エサキモンキツノカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ等。
posted by 花虫とおる at 20:17| Comment(0) | 青葉区

2017年06月17日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後U)

今日も相も変わらず日陰の多い寺家ふるさと村に転戦した。少し前まで日陰だった昆虫横丁は、ほんの少し前に比べると陽がたっぷり注いでいる。太陽が一番高くなる夏至間近なのだから仕方がない。それでもなるべく日陰を選んで散策したが、今年は少ないと言われているカシルリオトシブミがかなり見られた。また、谷戸田脇の未舗装の小道にはトウキョウヒメハンミョウが発生していた。いよいよ夏の昆虫達が現れたなあと、季節の早い推移を実感した。

zaki-20170617-tachiaoi.jpg
<タチアオイ>

zaki-20170617-hasujikatsuozomushi.jpg
<ハスジカツオゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/タチアオイ、ゼニアオイ等。昆虫/トウキョウヒメハンミョウ、ハスジカツオゾウムシ、カシルリオトシブミ、セマダラコガネ、アカガネサルハムシ、オオナミモンマダラハマキ、シオカラトンボ、エサキモンキツノカメムシ等。
posted by 花虫とおる at 20:00| Comment(0) | 青葉区

2017年06月16日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後U)

 このところ体力不足はもちろん、胃の調子が悪いからか、ちょっとした散策でも疲れる。そこで日陰が多く平坦な寺家ふるさと村へ転戦した。散策を開始するとトビサルハムシが葉上に鎮座していたので嬉しくなった。クリには普通に見られるが、なかなか良い写真が撮れないでいたのだ。遠く天気予報通り雷鳴が轟いて来たので、車にすぐ戻れる昆虫横丁へ行ったが、オオナミモンマダラハマキという美しい蛾を見つけた。その後、大粒の雨が落ちて来たので車に引き返した。

zaki-20170616-oonamimonmadarahamaki.jpg
<オオナミモンマダラハマキ>

zaki-20170616-tobisaruhamushi.jpg
<トビサルハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ヨウシュヤマゴボウ等。蝶/クロアゲハ、スジグロシロチョウ、ヒカゲチョウ、ヒメジャノメ等。昆虫/セマダラコガネ、ジンガサハムシ、トビサルハムシ、アカガネサルハムシ、ヤマイモハムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、オオナミモンマダラハマキ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボ等。
posted by 花虫とおる at 20:12| Comment(0) | 青葉区

2017年06月14日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後U)

 病後だから体力不足ははなはだしいが、今日は晴れていても気温が低いので、なんとか頑張って寺家ふるさと村へ行った。まずは貧果を予想して、農家の庭先のゼニアオイをカメラに収めた。山田谷戸へ行くとコミリンさんやカード爺ちゃんらがいたが、今日はゼフィルスに出会っていないと言う。そこで曇って来たので、おとなしく静止するベニシジミをゲットし、ゼフィルスさんやーいと探したら、昆虫横丁にミズイロオナガシジミを1頭見つけて嬉しくなった。

zaki-20170614-zeniaoi.jpg
<ゼニアオイ>

zaki-20170614-benishijimi.jpg
<ベニシジミ>

<今日出会った主なもの>花/タチアオイ、ゼニアオイ等。蝶/ミズイロオナガシジミ、ベニシジミ等。昆虫/ハラビロトンボ、ウスモンオトシブミ、カノコガ等。
posted by 花虫とおる at 18:48| Comment(0) | 青葉区

2017年06月11日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後U)

 早野の里では前述したように貧果に終わったので、昨実、ゼフィルスがたくさん見られた寺家ふるさと村に転戦した。しかし、風向きが悪いのか昨実のポイントはNOゼフィルスで、しからばゼフィルスの丘ですねと行ってみたが、午前中に草刈が入った様で天を仰いだ。それでも他所でアカシジミとウラナミアカシジミを見つけたものの、ミズイロオナガシジミは全く観察出来なかった。本当にゼフィルスの観察は天候に左右されるなあと改めて感じた。

zaki-20170611-ebiirokamemushi.jpg
<エビイロカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ナワシロイチゴ等。蝶/アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ベニシジミ、ダイミョウセセリ等。昆虫/ウスモンカメムシ、ラミーカミキリ、エビイロカメムシ等。
posted by 花虫とおる at 19:56| Comment(0) | 青葉区

2017年06月10日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後U)

 車に戻ると車内はかなり暑くなっていた。そこでカーエアコンを効かせて寺家ふるさと村へ行った。山田谷戸の農道を走って行くと、カード爺ちゃんや野いちごお姉さんがなにやら写真を撮っている。そこでお仲間に入れて貰ったが、ミズイロオナガシジミ、アカシジミ、ウラナミアカシジミが見つかった。今季、入院の為にゼフィルスはNGと思っていたので嬉しくなった。また、ラミーカミキリのポイントへ案内してもらって、こちらもなんとかゲット出来た。

zaki-20170610-uranamiakashijimi.jpg
<ウラナミアカシジミ>

zaki-20170610-ramikamikiri.jpg
<ラミーカミキリ>

<今日出会った主なもの>花/キンシバイ等。蝶/ミズイロオナガシジミ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ベニシジミ、ムラサキシジミ、クロヒカゲ等。昆虫/ラミーカミキリ、シロコブゾウムシ等。
posted by 花虫とおる at 20:31| Comment(0) | 青葉区

2017年05月22日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後U)

 5月に入って今日まで一日だけ雨で自宅蟄居を余儀なくされたが、なんと21日間もフィールドへ通った事になる。体力低下が著しいが、本当に道端自然観察が好きなのだろう。今日も昨日に続いて寺家ふるさと村へ転戦したが、ゴマダラ峠ではトビサルハムシが見られただけだった。その後、山田谷戸でゼフィルスを探したものの見られなかったが、「卯の花の匂う垣根に、ホトトギス早も来鳴きて、しのびねもらす、夏は来ぬ」の様相を呈していて楽しめた。

zaki-20170522-utsugi.jpg
<ウツギ>

zaki-20170522-yamaguwa-mi.jpg
<ヤマグワの実>

<今日出会った主なもの>花/ウツギ、エゴノキ、ナワシロイチゴ、オカタツナミソウ等。蝶/アカボシゴマダラ、ヒメウラナミジャノメ等。昆虫/トビサルハムシ等。
posted by 花虫とおる at 18:11| Comment(0) | 青葉区

2017年05月21日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後U)

 北八朔公園での短時間の散策を終了すると、クリエイトへ行って、さくさくかき氷のサクレを買って食べた。もちろん車のエアコンを目一杯強くした事は言うまでもない。その後、これまた3日連続の寺家ふるさと村の居谷戸へ行った。期待したゼフィルスやゴマダオトシブミは見られなかったが、なんとこれまた今季初見のハラビロトンボの雌ないし雄の未成熟個体が居て嬉しくなった。そこで、三脚をかなりローアングルにして背景を選んで撮影した。

zaki-20170521-harabirotonbo.jpg
<ハラビロトンボ雌ないし雄の未成熟個体>

zaki-20170521-hoshiharabirokamemushi.jpg
<ホシハラビロヘリカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/エゴノキ等。蝶/クロアゲハ、モンシロチョウ、ヒメウラナミジャノメ等。昆虫/ハラビロトンボ、トビサルハムシ、アカサシガメ、ホイハラビロヘリカメムシ等
posted by 花虫とおる at 17:33| Comment(0) | 青葉区

2017年05月20日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後U)

 北八朔公園では貧果に見まわれたので、寺家ふるさと村の居谷戸へ行った。ゴマダオトシブミのリベンジという訳である。散策を開始すると園芸品種か枝変わりか分からないが、ややビンクがかったエゴノキの花が丁度撮り頃であった。前述したように、今年はエゴノキの花は撮り忘れという事になるなあと思っていたが、思いがけずエゴノキの花もリベンジ出来た。また、ゴマダラ峠へ行くと、待ってましたとN仙人が居て、探しておいてくれたゴマダラオトシブミもゲット出来た。

zaki-20170520-egonoki.jpg
<エゴノキ>

zaki-20170520-gomadaraotoshibumi.jpg
<ゴマダラオトシブミ>

<今日出会った主なもの>花/エゴノキ等。蝶/ヒメウラナミジャノメ等。昆虫/ゴマダラオトシブミ、トビサルハムシ、コイチャコガネ、アカサシガメ等。
posted by 花虫とおる at 20:15| Comment(0) | 青葉区

2017年05月18日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後U)

 前述したように新吉田町では雷と激しい雨で約30分の散策となった。そこで何処か空が明るい所はないかと高台で車の中から見渡してみると、寺家ふるさと村方面が明るい。そこで激しい雨が降り続ける港北ニュータウンを通り国道246号線まで来ると、あーら不思議雨は止んでいた。そこで今日は寺家のゴマダラ峠へ行ってみたが、ゴマダラオトシブミを見つけたものの、撮影アングル等を変えていたら、ポロリと地面に落ちてしまった。

zaki-20170518-shirokobuzomushi.jpg
<シロコブゾウムシ>

zaki-20170518-hosofutaobihigenaga.jpg
<ホソフタオビヒゲナガ>

<今日出会った主なもの>花/ナワシロイチゴ等。蝶/ヒメウラナミジャノメ等。昆虫/シロコブゾウムシ、ゴマダラオトシブミ、ヒゲナガハナノミ、トビサルハムシ等。
posted by 花虫とおる at 18:07| Comment(0) | 青葉区

2017年05月15日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後U)

 梅田川ではアカスジキンカメムシの成虫も見られ、もうそんな時期に至ったのかと思った。去年は手術の為にゼフィルスや山中湖のキビタキを撮ることが出来なかったかった。今年も23日から短期入院なので、最高の季節は逸しそうである。前述した様に梅田川では満足する結果となったが、時間が余ったので寺家ふるさと村へ行ってみた。しかし、厚い雲に覆われて、シャッタースピードも上がらず困ったが、何とかタイアザミにつくキベトゲハムシをゲットした。

zaki-20170515-kiberitogehamushi.jpg
<キベリトゲハムシ>

<今日出会った主なもの>蝶/ヒメウラナミジャノメ、クロヒカゲ等。昆虫/キベリトゲハムシ、アカガネサルハムシ等。
posted by 花虫とおる at 19:04| Comment(0) | 青葉区

2017年05月12日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後U)

 その後、これまた日陰の寺家ふるさと村の昆虫横丁へ行った。空はいつのまにか曇って、散策日和及び撮影日和となった。今まで昆虫の姿は少なかったが、今日は、アカガネサルハムシ、ヒメシロコブゾウムシ、それに2ミリ程のムネアカキバネサルハムシを撮った、もちろん小さくしか撮れなかったが、大幅にトリミングしても見られる画像で嬉しくなった。まことキヤノンのG3Xは素晴らしい。そんな訳で、これからは極小の昆虫も撮ってみようと思った。

zaki-20170512-himeshirokobuzomushi.jpg
<ヒメシロコブゾウムシ>

zaki-20170512-akaganesaruhamushi.jpg
<アカガネサルハムシ>

zaki-20170512-muneakakibanesaruhamushi.jpg
<ムネアカキバネサルハムシ>

<今日出会った主なもの>昆虫、ムネアカキバネサルハムシ、アカガネサルハムシ、ヒメシロコブゾウムシ等。
posted by 花虫とおる at 18:27| Comment(0) | 青葉区

2017年05月08日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後U)

 今日は今年一番の気温が高い日となって、かなり暑い。新吉田町を早目に切り上げると、茅ヶ崎公園の昆虫の谷をチェックしたが、コメツキの仲間が居た位であった。そこで茅ヶ崎公園は諦めて、日陰の多い寺家ふるさと村に転戦した。しかし、こちらも昆虫の姿は少なく、ジンガサハムシやアカガネサルハムシは見つけたものの絵にならなかった。そこでホソオビヒゲナガガを撮り、帰りがけにヤマツツジを撮った。他のツツジより花期が少し遅れる。

zaki-20170508-yamatsutsiji.jpg
<ヤマツツジ>

zaki-20170508-hosoobihigenaga.jpg
<ホソオビヒゲナガ>

<今日出会った主なもの>花/ヤマツツジ、ナワシロイチゴ等。蝶/ヒメウラナミジャノメ等。昆虫/ホソオビヒゲナガ、ジンガサハムシ、クロウリハムシ、アカガネサルハムシ等。
posted by 花虫とおる at 18:39| Comment(0) | 青葉区

2017年05月05日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後U)

 こう虫が少ないと寺家ふるさと村へ行くしかあるまいと転戦した。まずは静かな居谷戸へ行ったが、期待したアカガネサルハムシやウスモンオトシブミは見られなかった。しかし、エゴノキにエゴツルクビオトシブミの雌が居たが、かなり高い所で逆光なので撮影は諦めた。次にゴマダラオトシブミのポイントへ行ったが、揺籃が数個ぶら下がっているだけだった。これではNOシャッターになると昆虫横丁に期待したが、アカガネサルハムシとアオカメノコハムシが見られた程度であった。

zaki-20170505-aokamenokohamushi.jpg
<アオカメノコハムシ>

<今日出会った主なもの>蝶/キタテハ等。昆虫/アオカメノコハムシ、アカガネサルハムシ、エゴツルクビオトシブミ、ジョウカイボン、トビサルハムシ等。
posted by 花虫とおる at 18:48| Comment(0) | 青葉区

2016年11月04日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後)

 今日も秋らしい清々しい陽気となった。何処へ行こうかなあと考えたが、何処も貧果必至だし、今季最後となるかもしれない赤トンボでも撮ろうと、町田市三輪町へ行くつもりで自宅を出発した。しかし、何故だか寺家ふるさと村へ行ってしまった。今の時期は昆虫横丁はNO昆虫横丁だし、必ず複数の見知った方に出会うので、話をするのは面倒臭いし、また、撮影時間をとられてしまうからある。しかし、居谷戸へ行けば静かだし、各種の木の実草の実がある筈と期待した。

zaki-20161104-pirakansa-mi.jpg
<ピラカンサの実>

 車を水車小屋付近に停めて、一旦戻って赤トンボを探したが、さすが寺家である、アキアカネもナツアカネもたくさん居た。出来ればコノシメトンボをと思っていたのだが、他のトンボは見当らず、オクラの葉先に止まるナツアカネを撮影した。次に新池裏へ行ったら、ジョウビタキの雌がお待ちかねであったが、良い所には止まってくれなかった。そこで居谷戸へ行ったが、昆虫の姿は無かったものの、クサギの実、ナンテンの実、ソヨゴの実、ピラカンサの実等が見られた。

zaki-20161104-natsuakane-osu.jpg
<ナツアカネの雄>

<今日出会った主なもの>花/ゲンノショウコ、イヌタデ、セイタカアワダチソウ、カントウヨメ、タイアザミ、コセンダングサ等。蝶/アカタテハ、キタテハ等。昆虫/ナツアカネ、アキアカネ等。鳥/ジョウビタキ等。その他/クサギの実、ゴンズイの実、シオデの実、ナンテンの実、ソヨゴの実、ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 18:12| Comment(0) | 青葉区

2016年10月06日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

 今日も晴天で30度を超えると予報されていた。まだ体力が回復していないので、日向の散策は辛いなあと思って、日陰を選べる寺家ふるさと村へ行った。それに四季の家では、鳥友である風のむろさんの野鳥写真展が開催されている。今回も心暖まる微笑ましい写真が多く、流石、人徳溢れる風のむろさんワールドだなあと感心した。その後、熊野神社周辺を散策したが、棒の先には期待したネキトンボは見られず、ナツアカネ、アキアカネ、コノシメトンボだけであった。

zaki-20161006-kusagi-mi.jpg
<クサギの実>

 そこで、前回の観察会では行かなかった居谷戸へと歩みを進めたが、ここでも見られる赤トンボは同じようなもので、クサギの実が綺麗に実っていたので撮影した。その後、峠を越えて昆虫横丁へ行ったが、ここが寺家?と思う程、まったくの貧果であった。しかし、本当に久しぶりにカード爺ちゃんに出会ったので嬉しくなった。私が難治性の癌の手術を受けたのを知っていて、明るく楽しく日々を送る事が一番の良薬と励まされた。やはり免疫力及び体力の勝負なのである。

zaki-20161006-natsuakane.jpg
<ナツアカネの雄>

<今日出会った主なもの>花/ツリフネソウ、ユウガギク、アメリカセンダングサ、コセンダングサ、オオミゾソバ等。蝶/ツマグロヒョウモン、ゴイシシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/オオニジュウヤホシテントウ、ナツアカネ、アキアカネ、コノシメトンボ、シオカラトンボ等。
posted by 花虫とおる at 18:28| Comment(0) | 青葉区

2016年09月28日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

 今日は待ちに待った久しぶりの道端自然観察会である。ご承知の様に5月中旬より3ヵ月間も病院に入院していたので、その間、5月末のゼフィルス観察会(寺家ふるさと村)から7月末のアサギマダラ観察会(山梨県観音平)まで、なんと5回も参加出来なかった。そんな訳で、参加者が少なくなっているかなと心配したが、なんとなんと、たくさんの方々がお見えになって嬉しくなった。

zaki-20160928-tsurifuneso.jpg
<ツリフネソウ>

 今日は赤トンボをメインとした観察会で、今まで寺家ふるさと村では、ネキトンボ、アキアカネ、ナツアカネ、コノシメトンボ、マユタテアカネ、ヒメアカネの6種類を観察しているが、どうなることやらと散策を開始した。まずは熊野神社先のお稲荷さんまで行ったが、去年に比べると種数も数も少なく、それでもアキアカネとナツアカネが見られた。また、田んぼの畔にはシロバナサクラタデが群生していた。

zaki-20160928-tsuyukusa.jpg
<ツユクサ>

 その後、陽が射して来て暑くなったので木陰の昆虫横丁へ行ったが、期待した昆虫の姿はほとんど見られず、クワコの幼虫がいて唯一の人気者となった。小川を挟んだ田んぼに挿してある竹の棒の先には、ナツアカネ、コノシメトンボ、アキアカネが見られた。田んぼでは早くも稲刈り機が唸りを上げていて、手で刈っていた一昔前を思うと、まこと雲泥の差だなあと微笑んだ。

zaki-20160928-natsuakane-osu.jpg
<ナツアカネの雄>

 昆虫はまこと貧果であったが、オオミゾソバやツリフネソウ等が咲いていて嬉しくなった。また、ゴイシシジミのポイントに案内してもらうと、2頭もいてほっとした。その後、蛇街道奥にヒメアカネを探しに行ったが、田んぼボランティアの方々が集まっていたので不本意に終わった。しかし、なんと近場では稀少種のミヤマアカネがいたのには驚いた。以上、これで寺家の赤トンボは7種となった。

zaki-20160928-konoshimetonbo-osu.jpg
<コノシメトンボの雄>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、シロバナサクラタデ、アレチヌスビトハギ、ツリガネニンジン、ワレモコウ、ヒメジソ、ツリフネソウ、ツユクサ、ユウガギク、ゲンノショウコ、アメリカセンダングサ、コセンダングサ、オオミゾソバ等。蝶/アカボシゴマダラ、スジグロシロチョウ、キチョウ、ツマグロヒョウモン、ゴイシシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/ナツアカネ、アキアカネ、ミヤマアカネ、コノシメトンボ、マユタテアカネ、オニヤンマ、シオカラトンボ、ホシハラビロヘリカメムシ、クワコの幼虫等。鳥/モズ、ヤマガラ等。
posted by 花虫とおる at 18:35| Comment(0) | 青葉区