2016年11月04日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後)

 今日も秋らしい清々しい陽気となった。何処へ行こうかなあと考えたが、何処も貧果必至だし、今季最後となるかもしれない赤トンボでも撮ろうと、町田市三輪町へ行くつもりで自宅を出発した。しかし、何故だか寺家ふるさと村へ行ってしまった。今の時期は昆虫横丁はNO昆虫横丁だし、必ず複数の見知った方に出会うので、話をするのは面倒臭いし、また、撮影時間をとられてしまうからある。しかし、居谷戸へ行けば静かだし、各種の木の実草の実がある筈と期待した。

zaki-20161104-pirakansa-mi.jpg
<ピラカンサの実>

 車を水車小屋付近に停めて、一旦戻って赤トンボを探したが、さすが寺家である、アキアカネもナツアカネもたくさん居た。出来ればコノシメトンボをと思っていたのだが、他のトンボは見当らず、オクラの葉先に止まるナツアカネを撮影した。次に新池裏へ行ったら、ジョウビタキの雌がお待ちかねであったが、良い所には止まってくれなかった。そこで居谷戸へ行ったが、昆虫の姿は無かったものの、クサギの実、ナンテンの実、ソヨゴの実、ピラカンサの実等が見られた。

zaki-20161104-natsuakane-osu.jpg
<ナツアカネの雄>

<今日出会った主なもの>花/ゲンノショウコ、イヌタデ、セイタカアワダチソウ、カントウヨメ、タイアザミ、コセンダングサ等。蝶/アカタテハ、キタテハ等。昆虫/ナツアカネ、アキアカネ等。鳥/ジョウビタキ等。その他/クサギの実、ゴンズイの実、シオデの実、ナンテンの実、ソヨゴの実、ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 18:12| Comment(0) | 青葉区

2016年10月06日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

 今日も晴天で30度を超えると予報されていた。まだ体力が回復していないので、日向の散策は辛いなあと思って、日陰を選べる寺家ふるさと村へ行った。それに四季の家では、鳥友である風のむろさんの野鳥写真展が開催されている。今回も心暖まる微笑ましい写真が多く、流石、人徳溢れる風のむろさんワールドだなあと感心した。その後、熊野神社周辺を散策したが、棒の先には期待したネキトンボは見られず、ナツアカネ、アキアカネ、コノシメトンボだけであった。

zaki-20161006-kusagi-mi.jpg
<クサギの実>

 そこで、前回の観察会では行かなかった居谷戸へと歩みを進めたが、ここでも見られる赤トンボは同じようなもので、クサギの実が綺麗に実っていたので撮影した。その後、峠を越えて昆虫横丁へ行ったが、ここが寺家?と思う程、まったくの貧果であった。しかし、本当に久しぶりにカード爺ちゃんに出会ったので嬉しくなった。私が難治性の癌の手術を受けたのを知っていて、明るく楽しく日々を送る事が一番の良薬と励まされた。やはり免疫力及び体力の勝負なのである。

zaki-20161006-natsuakane.jpg
<ナツアカネの雄>

<今日出会った主なもの>花/ツリフネソウ、ユウガギク、アメリカセンダングサ、コセンダングサ、オオミゾソバ等。蝶/ツマグロヒョウモン、ゴイシシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/オオニジュウヤホシテントウ、ナツアカネ、アキアカネ、コノシメトンボ、シオカラトンボ等。
posted by 花虫とおる at 18:28| Comment(0) | 青葉区

2016年09月28日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

 今日は待ちに待った久しぶりの道端自然観察会である。ご承知の様に5月中旬より3ヵ月間も病院に入院していたので、その間、5月末のゼフィルス観察会(寺家ふるさと村)から7月末のアサギマダラ観察会(山梨県観音平)まで、なんと5回も参加出来なかった。そんな訳で、参加者が少なくなっているかなと心配したが、なんとなんと、たくさんの方々がお見えになって嬉しくなった。

zaki-20160928-tsurifuneso.jpg
<ツリフネソウ>

 今日は赤トンボをメインとした観察会で、今まで寺家ふるさと村では、ネキトンボ、アキアカネ、ナツアカネ、コノシメトンボ、マユタテアカネ、ヒメアカネの6種類を観察しているが、どうなることやらと散策を開始した。まずは熊野神社先のお稲荷さんまで行ったが、去年に比べると種数も数も少なく、それでもアキアカネとナツアカネが見られた。また、田んぼの畔にはシロバナサクラタデが群生していた。

zaki-20160928-tsuyukusa.jpg
<ツユクサ>

 その後、陽が射して来て暑くなったので木陰の昆虫横丁へ行ったが、期待した昆虫の姿はほとんど見られず、クワコの幼虫がいて唯一の人気者となった。小川を挟んだ田んぼに挿してある竹の棒の先には、ナツアカネ、コノシメトンボ、アキアカネが見られた。田んぼでは早くも稲刈り機が唸りを上げていて、手で刈っていた一昔前を思うと、まこと雲泥の差だなあと微笑んだ。

zaki-20160928-natsuakane-osu.jpg
<ナツアカネの雄>

 昆虫はまこと貧果であったが、オオミゾソバやツリフネソウ等が咲いていて嬉しくなった。また、ゴイシシジミのポイントに案内してもらうと、2頭もいてほっとした。その後、蛇街道奥にヒメアカネを探しに行ったが、田んぼボランティアの方々が集まっていたので不本意に終わった。しかし、なんと近場では稀少種のミヤマアカネがいたのには驚いた。以上、これで寺家の赤トンボは7種となった。

zaki-20160928-konoshimetonbo-osu.jpg
<コノシメトンボの雄>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、シロバナサクラタデ、アレチヌスビトハギ、ツリガネニンジン、ワレモコウ、ヒメジソ、ツリフネソウ、ツユクサ、ユウガギク、ゲンノショウコ、アメリカセンダングサ、コセンダングサ、オオミゾソバ等。蝶/アカボシゴマダラ、スジグロシロチョウ、キチョウ、ツマグロヒョウモン、ゴイシシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/ナツアカネ、アキアカネ、ミヤマアカネ、コノシメトンボ、マユタテアカネ、オニヤンマ、シオカラトンボ、ホシハラビロヘリカメムシ、クワコの幼虫等。鳥/モズ、ヤマガラ等。
posted by 花虫とおる at 18:35| Comment(0) | 青葉区

2016年05月07日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今日は昨日とは打って変わって雲一つ無い青空となった。しかし、南寄りの風がかなり強くて眉をしかめた。鯉のぼりの季節だからか、青空が広がると風が強い時が多い。まこと写真撮影泣かせの天気である。そこで、何処へ行こうかなあと考えたが、風の強い時の逃げ場である三保市民の森は散策したばかりなので、久しぶりに寺家ふるさと村へ行った。谷戸が複雑に入り組んでいるので、何処か風が防げる場所がある筈と思った訳である。

zaki-20160507-jingasahamushi.jpg
<ジンガサハムシ>

まずは昆虫横丁へ行ったが、入り口は風が強かったが進むにつれて静かになり、エビヅルの葉にはアカガネサルハムシが、伸び始めたタイアザミの葉にはアオカメノコハムシとキベリトゲハムシが這っていた。しかし、風の影響かその他の昆虫はほとんどいなかった。その後、居谷戸へ行ったが、山田谷戸に比べると人は見られず、風は無風状態となって路傍にジンガサハムシが、休耕田には羽化したばかりのハラビロトンボが飛んでいた。

zaki-20160507-akaganesaruhamushi.jpg
<アカガネサルハムシ>

<今日出会った主なもの>花/アカバナユウゲショウ、アメリカフウロ、コウゾリナ、ホオノキ、コゴメウツギ、ヤマツツジ等。蝶/カラスアゲハ、アカボシゴマダラ、コミスジ、コチャバネセセリ等。昆虫/ジンガサハムシ、アカガネサルハムシ、アオカメノコハムシ、キベリトゲハムシ、ハラビロトンボ、ヤブキリの幼虫、ヤマトフキバッタの幼虫等。
posted by 花虫とおる at 18:30| Comment(0) | 青葉区

2016年04月27日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後)

昼食は海苔弁太郎の異名を頂いているので「ほっともっと」にて350円の海苔弁当を買って食べた。本当に飽きずに毎度美味しいのだから不思議である。午後からは「風のむろさん」の写真展が寺家ふるさと村の四季の家で始まったので、久しぶりに寺家ふるさと村へ行った。「風のむろさん」の作品はいつも微笑ましいものばかりで心が和んだが、その後のデジスコを担いでの探鳥は成果が無かった。そこで、巣作りを始めた大池のカイツブリを撮って引き返した。

zaki-20160427-kaitsuburi.jpg
<カイツブリ>

<今日出会った主なもの>鳥/カイツブリ、ガビチョウ、ウグイス等。
posted by 花虫とおる at 19:05| Comment(0) | 青葉区

2016年01月24日

横浜市青葉区元石川町

いよいよ新年恒例の第12回里山写真クラブ作品展が近づき、午後3時に薬師池公園へ行って、お仲間の作品を集めて来なければならい。また、グールプ綵の写真展が寺家ふるさと村の四季の家で始まっていて、今日から仙人のキノコ写真だというので見に行かねばなるまい。そんな訳で、散策は国道246号線を越えた所だなという事で、元石川町の花桃の丘周辺へ行った。もちろん昼食は至近にあるラーメン店「八戒」の700円のギョウザ定食という訳である。

zaki-20160124-robai.jpg
<ロウバイ>

まずはトイレ拝借と保木公園へ寄ったが、途中、バス通りに街路樹として植栽されているのモミジバフーの葉痕と目が合ってしまったので撮影した。数年前、ひこばえや目の高さにある小枝等は綺麗さっぱり剪定されたのだが、また伸び始めて来たのである。次に、乗馬クラブ下の農耕地へ行ったが、入口近くの民家の庭から垂れ下がるオウバイが咲き始めていた。日陰にはかなりの雪が残っているが、陽当たりの良い場所は寒波到来とはいえ、春間近なのである。

zaki-20160124-ume.jpg
<ウメ>

農耕地では植木屋さんの畑のロウバイを撮影した。ここのロウバイは他所と異なって花期が遅く、花芯が濃い紫色でとても綺麗なのである。次に隣接する畑に植栽されているテウチグルミの葉痕を見て回ったが、目鼻立ちがすっきりしたものは見られなかった。そこで早淵川沿いに下って花桃の里へ登りかえしたが、これといった被写体は無かった。やはりここは春分の頃のハナモモが咲く時期だなあと苦笑して、紅梅が咲き始めていたので素直に切り取った。

zaki-20160124-momigibafu-yokon.jpg
<モミジバフウの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ロウバイ、ウメ、オウバイ等。その他/マンリョウの実、ナンテンの実等。
posted by 花虫とおる at 18:05| Comment(0) | 青葉区

2015年11月06日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午前)

今日は平日なので、人出が少ないだろうと寺家ふるさと村へ行った。まずは前回と同じく静かな居谷戸を散策したが、トキリマメの実やオオアオイトトンボが見られた位で、これといった被写体は無かった。そこで、ゴマダラ峠を越えて山田谷戸へ下りたが、アキアカネが棒の先に止まっているだけだった。更に歩みを進めると、顔なじみの野鳥カメラマンが集合していて、2羽入ったノビタキを激写していた。帰路はもちろん昆虫横丁を通ったが、露に濡れた葉上に昆虫の姿は皆無だった。

zaki-20151106-tokirimame-mi.jpg
<トキリマメの実>

<今日出会った主なもの>花/ゲンノショウコ、ダイコンソウ、タイアザミ、アキノノゲシ、コセンダングサ、セイタカアワダチソウ等。蝶/ツマグロヒョウモン、キタテハ、キチョウ、モンキチョウ、モンシロチョウ、ベニシジミ等。昆虫/クサギカメムシ、マユタテアカネ、アキアカネ等。鳥/ノビタキ等。その他/トキリマメの実、クサギの実等。
posted by 花虫とおる at 18:24| Comment(0) | 青葉区

2015年10月23日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今日は久しぶりに一日中曇りで、写真撮影には絶好の日和となったが、散策する場所の当てが無い。そこで成果は期待出来ないものの、四季の家で野鳥写真家「風のむろさん」の写真展が開催されているので、寺家ふるさと村へ行った。まずは写真展を覗いたが、小鳥たちの可愛い仕草の写真がたくさん並んでいた。顏はどちらかというとチョウゲンボウやトラフズク等の猛禽類に似ているのだが、心はとても優しいのだろう。まこと人間は、外観だけでは判断出来ないなあと微笑んだ。

zaki-20151023-ishimikawa-mi.jpg
<イシミカワの実>

その後、今日は散策コースを変えて、まずは居谷戸方面へ歩みを進めた。すると幸先良くイシミカワの実を見つけて嬉しくなった。人通りの多い山田谷戸に比べると裏道の様な居谷戸は、草刈り等も少なくさすがですねと思ったが、その後が続かない。トキリマメの実やクサギの実はあったが、イシミカワの実をカメラに納めているので昆虫を探したが、まったく見つからなかった。そこで尾根を越えて水車小屋へ下ったが、野鳥カメラマンがクマノミズキの実を食べにくる小鳥を狙っていた。

zaki-20151023-ojiroashinagazomushi.jpg
<オジロアシナガゾウムシ>

当然の事として昆虫街道へ行ったが、曇り日の為か時間が経過したからか、下草の葉上は乾いていてほっとした。まずは、ピンクの縁取りがとても綺麗なアカスジキンカメムシの4齢幼虫を見つけた。次に真面目を絵に描いた様なオジロアシナガゾウムシを見つけた。まこと昆虫が減少しているからスター的存在である。更に、9月末の観察会でも観察されたヒメツノカメムシがオオミゾソバの葉上に静止していた。その他、エサキモンキツノカメムシも見らたから、まあまあの賑わいであった。

zaki-20151023-himetsunokamemushi.jpg
<ヒメツノカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/イヌタデ、ゲンノショウコ、カントウヨメナ、ユウガギク、タイアザミ、アキノノゲシ、コセンダングサ、セイタカアワダチソウ等。蝶/イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、アミガサハゴロモ、アカスジキンカメムシの幼虫、エサキモンキツノカメムシ、ヒメツノカメムシ、アキアカネ、コバネイナゴ、オンブバッタ等。その他/トキリマメの実、クサギの実等。
posted by 花虫とおる at 18:05| Comment(2) | 青葉区

2015年10月13日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午前)

齢をとったからかもしれないが、昔の政治家に比べると安倍ちゃんは非常に軽いなあと感ずる。自民党総裁に再選され内閣改造を行って、「新3本の矢」という次なる政策を発表した。第1の矢は「希望を生み出す強い経済」、第2の矢は「夢をつむぐ子育て支援」、そして第3の矢は「安心につながる社会保障」という事らしい。また、「1億総活躍社会」を目指すのだという。まこと「言うは易く行うは難し」で、「物言えば唇寒し秋の風」政権と言えるのではなかろうか。

zaki-20151013-kantoyomena.jpg
<カントウヨメナ>

今日は唇寒し秋の風ではないポカポカ陽気となったので、もう一度、アカトンボを探そうと寺家ふるさと村へ行った。しかし、アキアカネの数はかなり減って、ナツアカネはたったの2匹しか見られなかった。その他、コノシメトンボ、マユタテアカネは見られたものの、足場の悪い所に止まっていて撮影は諦めざるを得なかった。しからば昆虫横丁だと行ってみると、朝露が降りて湿っていた。どうやら寺家ふるさと村の昆虫達の賑わいは、もう終わったようである。

zaki-20151013-natsuakane.jpg
<ナツアカネの雄>

<今日出会った主なもの>花/ツクバトリカブト、ツリフネソウ、アキノウナギヅカミ、オオミゾソバ、ワレモコウ、カントウヨメナ、ユウガギク、タイアザミ、ノハラアザミ、コセンダングサ等。蝶/テングチョウ、ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモン、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、クサギカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、ナツアカネ、アキアカネ、マユタテアカネ、コノシメトンボ、コバネイナゴ等。
posted by 花虫とおる at 18:16| Comment(0) | 青葉区

2015年10月08日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

昨日に比べれば風は弱まったが、それでもかなり強い。東海上にある超大型台風23号の影響なのだろうか。そこで、今日も何処へ行こうかなあと思案したが、谷戸が入り組んだ寺家ふるさと村なら、風が遮られる場所がある筈と出かけた。まずは熊野池方面へ歩みを進めたが、棒の先等にアキアカネが多数止まっていた。もちろんナツアカネも見られたが1割程度で、圧倒的にアキアカネばかりであった。次に元青山亭前へ寄ったが、ナツアカネがいたのでカメラに納めた。

zaki-20151008-konoshimetonbo.jpg
<コノシメトンボの雄>

今日は、アキアカネ、ナツアカネ以外のアカトンボを撮ろうと頑張ったが、マユタテアカネやコノシメトンボの雌はいたものの、絵になるようには止まっていなかった。そこで昆虫横丁へ行ってみたが、先だっての観察会の時に比べると、暗く冷たい寂しい横丁に変わっていた。そこで、もう一度元青山亭前へ行ったら、コノシメトンボの雄とコバネイナゴを見つけて嬉しくなった。今年の寺家ふるさと村は、アキアカネ、ナツアカネは例年通りだが、他のアカトンボは少ないようだ。

zaki-20151008-kobaneinago.jpg
<コバネイナゴ>

<今日出会った主なもの>花/オオミゾソバ、ワレモコウ、ユウガギク、タイアザミ、ノハラアザミ、ヤブマメ、コセンダングサ、ダイコンソウ等。蝶/アカボシゴマダラ、ツマグロヒョウモン、メスグロヒョウモン、ヒカゲチョウ、イチモンジセセリ等。昆虫/クロウリハムシ、エサキモンキツノカメムシ、ヒメツノカメムシ、アミガサハゴロモ、ナツアカネ、アキアカネ、マユタテアカネ、コノシメトンボ、コバネイナゴ、オンブバッタ、ヒメクロホウジャク、ホタルガ等。
posted by 花虫とおる at 18:33| Comment(0) | 青葉区

2015年09月30日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。8月はお休みだったから、ほぼ2ヶ月ぶりで、参加する方が少ないのではと心配したが、常連の方はもとより懐かしいお仲間まで揃って嬉しくなった。また、天気は爽やかな秋晴れ、気温も低めの散策日和、風は最初はやや強かったが、すぐに治まった。まずは熊野池へ方面を散策したが、アキアカネやナツアカネが見られた。次に、アワブキの木を見に行ったが、目的のものは見られなかったものの、ほんの少し実がついていた。

zaki-20150930-tsurifuneso.jpg
<ツリフネソウ>

その後、昆虫横丁へ寄ったが、今の時期は貧果必至と危惧したものの、皆で歩けば怖くない、左程珍しいものは見られなかったが、ナカジロサビカミキリやタバゲササラゾウムシ等もいて驚いた。また、ヒメツノカメムシは今が発生期の様で、様々な色合いの個体が見られた。時計を見ると正午を回ったので四季の家に戻ったが、途中、カラスを捕獲して食べているオオタカの若鳥がいたらしく、生々しい場面をカメラに納めたラッキーな方も現れた。まこと白昼堂々の狩りである。

zaki-20150930-natsuakane.jpg
<ナツアカネ>

昼食は木陰に各自がシートを敷いて、楽しい会話をしながら弁当を食べた。もちろん食べ終わると散策を再開したが、昆虫横丁で早くもタイアザミに吸蜜するホシホウジャクがいて、歩みが止まってしまった。まこと秋ならではの風物詩である。その後、昆虫横丁だけでは片手落ちと蛇街道まで行ったが、オニヤンマが飛び、オオアオイトトンボも見られた。今日の目的であるアカトンボは個体数も種数も少なかったが、コノシメトンボ、マユタテアカネを追加する事が出来た。

zaki-20150930-himetsunokamemushi.jpg
<ヒメツノカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ツリフネソウ、オオミゾソバ、ツルニンジン、ワレモコウ、ヒヨドリバナ、ゲンノショウコ、ヒメジソ、ユウガギク、タイアザミ、ノハラアザミ、ヤブマメ、アキノノゲシ、アメリカセンダングサ、ダイコンソウ等。蝶/モンキアゲハ、ミドリヒョウモン、メスグロヒョウモン、コミスジ、ヒメジャノメ、ヒカゲチョウ、キチョウ、オオチャバネセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、タバゲササラゾウムシ、タデノクチブトサルゾウムシ、コブクチブトサルゾウムシ、トホシオサゾウムシ、クロウリハムシ、ナカジロサビカミキリ、エサキモンキツノカメムシ、チャバネアオカメムシ、ヒメツノカメムシ、ハリカメムシ、キバラヘリカメムシ、スケバハゴロモ、アオバハゴロモ、オニヤンマ、ナツアカネ、アキアカネ、マユタテアカネ、コノシメトンボ、オオアオイトトンボ、コバネイナゴ、ショウリョウバッタモドキ、オンブバッタ、ヒメクロホウジャク、ヨツボシホソバ、ホタルガ等。鳥/オオタカ、ハクセキレイ等。その他/アワブキの実、ヤマカガシ等。
posted by 花虫とおる at 19:31| Comment(0) | 青葉区

2015年08月10日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今朝起きて外を見ると道路が濡れていた。しかし、雨量は少なく良いお湿りとは言い難いが、なんだかほっとした気分になった。明後日12日から毎年恒例の嬬恋村での夏休みに入るので、「極旨ラーメン」から「あっさりラーメン」に変わって、ちょいと私好みでは無くなったが、昼食は幸楽苑のラーメンを食べておくことにした。そこで散策先は島忠ホームズ町田店に近い寺家ふるさと村となった。嬬恋村では「けんちゃん食堂」のラーメンに期待しているのだが、果たしてどうだろうか。

zaki-20150810-tsukutsukuboshi.jpg
<ツクツクボウシ>

まずはバス道路を少し上ってから鴨志田公園へ行ったが、新鮮なムラサキツバメを見つけたものの、待てども待てども開翅してくれなかった。そこで細いエゴノキに止まるツクツクボウシを撮った。すると空がにわかに暗くなって雨が降って来た。そこで仕方なくトイレに逃げ込んだ。幸いにも30分程で雨が止んだので、尾根上の樹液酒場や昆虫横丁を覗いたが、雨上がり直後の為か被写体はほとんど無く、畑に挿してある棒に止まるアオメアブをカメラに納めて終了となった。

zaki-20150810-aomeabu.jpg
<アオメアブ>

<今日出会った主なもの>花/ミズタマソウ、ユウガギク、クサギ等。蝶/サトキマダラヒカゲ、ベニシジミ、ムラサキツバメ等。昆虫/トラフカミキリ、マメコガネ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ニイニイゼミ、ツクツクボウシ、シオカラトンボ、アオメアブ等。
posted by 花虫とおる at 18:33| Comment(0) | 青葉区

2015年07月17日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

正午を過ぎると雨が止んだが風が強い。そこで何処へ行こうかなあと考えたが、寺家ふるさと村なら風が遮られる場所がある筈と出かけて見た。まずはキノコ横丁を覗いて見たが、まったく姿は見られず、ニイニイゼミが良い所にいたので撮影した。次に尾根へ登ったら、カード爺ちゃんがタマゴタケを撮っていた。そこで、しばし同行したが風が強くて成果が上がらず、カード爺ちゃんが今季ただ一度だがオオムラサキを撮ったというクヌギ酒場へ行って見た。残念ながらオオムラサキはいなかったが、アカボシゴマダラとアカタテハが吸汁していた。

zaki-20150717-ninizemi.jpg
<ニイニイゼミ>

<今日出会った主なもの>花/ヤブカラシ、オカトラノオ、アキノタムラソウ等。蝶/アカボシゴマダラ、アカタテハ等。昆虫/カナブン、ジンガサハムシ、クロウリハムシ、ニイニイゼミ、ベッコウハゴロモ、ササキリの幼虫、ツチイナゴの幼虫、ウスバキトンボ等。キノコ/タマゴタケ、コガネヤマドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:55| Comment(0) | 青葉区

2015年07月02日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後)

朝起きて外を見ると明るい曇り空で、今日は天気予報通り一日中曇りかなと思っていたら、出発時に雨が降って来た。布団は畳んで押入れにしまったし、すぐに止むのではないかと出発した。しかし、行けども行けども雨は止まず、結局、国道246を超えて寺家ふるさと村まで来てしまった。そこで、久しぶりに四季の家に寄って、色白のおばちゃんとだべってから、島忠ホームズ町田店へ行ってぶらつき、もちろん幸楽苑で極旨ラーメン+ギョウザセットの昼食となった。

zaki-20150702-oomizosoba.jpg
<オオミゾソバ>

午後からは雨は止んだが、習慣となっている健康昼寝の後に、寺家ふるさと村を散策する事にした。まずはキノコ横丁へ寄ってみたが、ほとんどのキノコが終期を迎えていた。そこで昆虫に切り替えて散策を再開したが、雨上がりなのか昆虫の姿は少なかったものの、オカトラノオでオオチャバネセセリが吸蜜していた。何処でも数が減っているチョウだが、寺家ふるさと村では普通種である。その他、クズにシロコブゾウムシが、シシウドにヒメシロコブゾウムシが見られた。

zaki-20150702-hoshiharabirokamemushi-yochyu.jpg
<ホシハラビロヘリカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ヤブカンゾウ、コバノカモメヅル、オオミゾソバ、オカトラノオ、アキノタムラソウ等。蝶/ヒメウラナミジャノメ、オオチャバネセセリ、キマダラセセリ等。昆虫/シロコブゾウムシ、ヒメシロコブゾウムシ、オジロアシナガゾウムシ、カシルリオトシブミ、コフキゾウムシ、ホシハラビロヘリカメムシの幼虫、ササキリの幼虫等。鳥/アオサギ等。キノコ/テングタケ、タマゴタケ、ウスキテングタケ、コガネヤマドリ等。
posted by 花虫とおる at 19:04| Comment(0) | 青葉区

2015年06月17日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今日は一日中曇りの予報で、いつもの時間に三保市民の森目指して出発した。しかし、都筑区に入ると雨がぱらついて来て、行く先は黒い雲に覆われている。しかし、国道246を越えた青葉区や町田市方面は明るいので、寺家ふるさと村へと行く先を変更した。もちろん、いつ雨が降って来ても車に逃げ込めるようにと、熊野神社周辺や昆虫横丁を往復したが、観察出来た昆虫は少なかった。それでも、オカトラノオやアキノタムラソウが咲き、オオチャバネセセリが発生していた。

zaki-20150617-aosagi.jpg
<アオサギ>

しかし、次第に空は黒い雲に覆われ、午前11時には雨が降って来た。そこで車に戻り居眠りをした後に、昨日も行った島忠ホームズ町田店内のSANWAで弁当を買って食べた。さすがスーパー、コンビニより安い。その後、ちょいと一休みしたら雨が止んだので、田んぼで餌を啄んでいたゴイサギはまだいるかなと寺家ふるさと村に戻ったが、ゴイサギは見られず、代わりにアオサギを撮った。もう少し粘ってゴイサギを待とうかなと思ったが、またしても雨が降って来た。

zaki-20150617-hasujikatsuozomushi.jpg
<ハスジカツオゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/オカトラノオ、アキノタムラソウ、ワルナスビ、ドクダミ、ツユクサ、ナワシロイチゴ等。蝶/ツバメシジミ、オオチャバネセセリ等。昆虫/ハスジカツオゾウムシ、ヒメシロコブゾウムシ、オジロアシナガゾウムシ、カシルリオトシブミ、コフキゾウムシ、アトボシハムシ、クロウリハムシ、マダラアシナガバエ、アシナガキンバエ、カノコガ等。鳥/アオサギ、ゴイサギ、ガビチョウ、ウグイス、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 16:12| Comment(0) | 青葉区

2015年06月14日

横浜市(仮称)ツミの森公園(午後)

昼食は、ポイントがファミリーマートと異なって100円につき1点つくローソンで、格安弁当とカステラを買って食べた。500円ちょいなので、まことお財布の健康には良い。その後、健康昼寝の後に、空が曇っていたので(仮称)ツミの森公園へ行った。ポイントへ到着すると、良い枝に雌が止まっていた。そこでしばしシャッターを切っていたら、餌を持った雄が飛んで来て雌に渡した。すると、雌は巣に運んで真っ白な雛に給餌し、終わると元の枝に舞い戻った。巣の見張りと雄が餌を再び持って帰るのを待っているのだろう。

zaki-20150614-tsumi-mesu.jpg
<ツミの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ツミ、オナガ、ムクドリ、キジバト等。
posted by 花虫とおる at 19:17| Comment(0) | 青葉区

2015年06月02日

横浜市(仮称)ツミの森公園(午後)

昼食は、もちろん島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑へ行って、極旨ラーメン+ギョウザセットを食べた。前述したように、昨日、東名港北PAでラーメンを食べたのだが、味が異なるのでOKなのである。その後、いつもの様に健康昼寝をとり(仮称)ミドリシジミの里を覗いてみたが、やっぱり開翅は朝早くなのか、数は見られたが羽を閉じていた。そこで、空が曇って来たので久しぶりに(仮称)ツミの森公園へ転戦した。待つこと30分、雌が飛来して雄と抱卵を交代し、しばらく雄が留まっていたので、ばんばんシャッターを切る事が出来た。

zaki-20150630-tsumi-osu.jpg
<ツミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ツミ、オナガ、ムクドリ、キジバト等。
posted by 花虫とおる at 20:35| Comment(0) | 青葉区

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午前)

今日は火曜日、寺家ふるさと村の四季の家が休館だから、のんびり散策出来るのではないかと出かけてみた。まずは熊野池に向って左側の小道を進んだが、観察会の時にみられたゲンジボタルはいなかった。また、熊野池や石畳の道の雑木林の路傍でも、観察会に比べるとアカシジミやウラナミアカシジミの数は少なく、ミズイロオナガシジミはまったく見られなかった。そこで昆虫横丁に期待したが、風がやや強かったり、3台もの車が斜面に乗り上げていたりして眉をしかめた。

zaki-20150602-kirokebukamibae.jpg
<キイロケブカミバエ>

しからばゼフィルスの丘はと行って見ると、ラミーカミキリは居たものの、大きな補虫網を携えた採集者が栗の花を眺めていた。残された貴重な緑地なのだから採集は遠慮願いたいが、注意するとこちらも気分が悪くなるので今回は見過ごした。その後、ゴマダラ峠でオオミドリシジミの雌が開翅していたが、絵になる場所では無かったので撮影は諦めた。また、採集者がまたしても栗林に現れたので、足早に逃げ去った。まこと寺家周辺は、マナー知らずの採集者の天国である。

zaki-20150630-akaganesaruhamushi.jpg
<アカガネサルハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ドクダミ、オカタツナミソウ、ノアザミ、ナワシロイチゴ等。蝶/テングチョウ、キチョウ、オオミドリシジミ、ウラゴマダラシジミ、ウラナミアカシジミ、アカシジミ、ルリシジミ、ウラギンシジミ、キマダラセセリ等。昆虫/ラミーカミキリ、キクスイカミキリ、アカガネサルハムシ、キイロクビナガハムシ、クロウリハムシ、アトボシハムシ、シロコブゾウムシ、トホシオサゾウムシ、コフキゾウムシ、キスジホソマダラ、マドガ等。鳥/ホトトギス、ガビチョウ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 20:29| Comment(0) | 青葉区

2015年05月27日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。しかし、困った事に真夏日になると予報されていた。それでも集合場所にはたくさんの方がお見えになり、久しぶりの方や新しく参加の方々もいて嬉しくなった。まずは熊野池に向かって左手の木陰の小道を進んだが、なんとゲンジボタルがたくさん葉裏に止まっていた。熊野池周辺では、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミはもちろんのこと、ミドリヒョウモン、ヒオドシチョウも観察出来て時間はどんどん過ぎて行った。

zaki-20150527-akashijimi.jpg
<アカシジミ>

そこで午前中の予定をこなし切れずに、四季の家に戻って日陰にシートを敷いて昼食をとった。午後は当然の事として昆虫横丁へ直行したが、期待したアカスジキンカメムシは見られなかったものの、ヤツボシハナカミキリ、アカガネサルハムシ、ムネクリイロボタル、トホシオサゾウムシ、キスジホソマダラ、ホソオビヒゲナガ、マドガ等が見られた。次にゼフィルスの丘へ日向を少々歩いて行ったが、ゼフィルスこそ見られなかったが、カラムシの葉に美麗なラミーカミキリがたくさんいた。

zaki-20150527-kisujihosomadara.jpg
<キスジホソマダラ>

最後にゴマダラ峠を越えて居谷戸へ行ったが、栗林の下草には、アカシジミとウラナミシジミがもの凄くたくさん見られた。しかし、午前中に激写していてカメラの中はこれらゼフィルスで満杯だったので、皆さんのカメラのレンズは向けられなかった。また、目的たるゴマダラオトシブミも見つかった。最後に居谷戸の木陰へ行ったが、キブシの葉に、久しぶりにウスモンオトシブミを見つけて嬉しくなった。そんな訳で気温が高くて日向は暑過ぎたが、無事に成果一杯の観察会は終了した。

zaki-20150527-usumonotoshibumi.jpg
<ウスモンオトシブミ>

<今日出会った主なもの>花/ドクダミ、オカタツナミソウ、ノアザミ、ナワシロイチゴ、スイカズラ等。蝶/アカボシゴマダラ、ミスジチョウ、ヒオドシチョウ、ミドリヒョウモン、テングチョウ、ウラナミアカシジミ、アカシジミ、ミズイロオナガシジミ、ルリシジミ、ウラギンシジミ、ダイミョウセセリ、コチャバネセセリ等。昆虫/ベニカミキリ、ヤツボシハナカミキリ、ラミーカミキリ、アカガネサルハムシ、トビサルハムシ、キイロクビナガハムシ、クロウリハムシ、キイロテントウ、オオヒラタシデムシ、アオカミキリモドキ、ヒゲナガハナノミ、トホシオサゾウムシ、コフキゾウムシ、ゴマダラオトシブミ、ウスモンオトシブミ、ゲンジボタル、ムネクリイロボタル、ジョウカイボン、シオカラトンボ、キスジホソマダラ、ホソオビヒゲナガ、マドガ、ナミガタシロナミシャク等。鳥/コゲラ、シジュウカラ、ホトトギス、ガビチョウ、カルガモ等。その他/モミジイチゴの実等。
posted by 花虫とおる at 19:23| Comment(0) | 青葉区

2015年05月20日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午前)

今日は午後から薬師池公園にある町田フォトサロンで開催中の観察仲間の写真展を見に行く予定なので、午前中は途中となる寺家ふるさと村へ行った。四季の家の駐車場に車を停めたが、蒸し暑い事もあってか、がらがであった。まずは熊野池方面へ歩みを進めたが、ナワシロイチゴが咲いている位で被写体は少なかった。気になった熊野池に残る1羽のキンクロハジロの雄はまだ居たが、なんとなく寂しそうで、今後どうなるのだろうかと心配になった。

zaki-20150520-kochabaneseseri.jpg
<コチャバネセセリ>

その後、昆虫横丁へ行ったが、ここも近場と同じで閑古虫がいるだけだった。それでも美麗なアカガネサルハムシはたくさんいた。次にゼフィルスの丘や大池へと散策を続けたが、これまたこれといった被写体は見られなかった。そこで期待して居谷戸へ行ったが、途中の栗林でゴマダラオトシブミの揺籃を見つけた位であった。こんな状況では1週間後の観察会が思いやられるが、まあその頃までには色々現れるだろうと期待するしかないなと苦笑した。

zaki-20150520-tohoshiosazomushi.jpg
<トホシオサゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/ドクダミ、オカタツナミソウ、アカバナユウゲショウ、ノアザミ、ナワシロイチゴ、ノイバラ等。蝶/ヒメウラナミジャノメ、コチャバネセセリ等。昆虫/ヒメヒゲナガカミキリ、ムネクリイロボタル、ジョウカイボン、アカガネサルハムシ、トホシオサゾウムシ、ヒメシロコブゾウムシ、シオカラトンボ等。鳥/カイツブリ、カルガモ、キンクロハジロの雄等。その他/モミジイチゴの実等。
posted by 花虫とおる at 18:29| Comment(0) | 青葉区