2017年03月09日

横浜市鶴見区三ッ池公園(午後)

 来週の15日で平日のみ駐車場無料期間が終わるで、今週と来週は三ッ池公園へお邪魔しなければと思っていた。早いもので11月から始まった無料期間4ヶ月は終了間近となった。その間、黄疸に見舞われボトルを下げる身となったが、まあ道端自然観察を続けられてほっとしている。三ッ池公園の下の池は昨年の10月頃に「かいぼり」がなされ、更に私の出回り先では今季はカモ類の飛来は少なく、そんな訳で、ダブルパンチで三ッ池公園は不作であった。

zaki-20170309-hoshihajiro-osu.jpg
<ホシハジロの雄>

 しかし、今日は暖かく風も弱いので、下の池の杭の上にカモちゃんが上っているのではと期待したが、何も上っていなくて天を仰いだ。相変わらず下の池と上の池はカモ類が少なく、ほとんどが中の池に集結していた。これといった希少種はもちろん見られないものの、いつも眠っていたキンクロハジロやホシハジロが泳いでいたので助かった。しかし、あんなにたくさん飛来していたユリカモメは1羽だに見られず、季節は確実に変わったようであった。

zaki-20170309-kinkurohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ホシハジロ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ等。
posted by 花虫とおる at 18:36| Comment(0) | 鶴見区

2017年02月24日

横浜市鶴見区三ッ池公園(午後)

 今日は曇り空で風がかなり強い。こんな日に三ッ池公園へ行ってもなあと思ったが、明日明後日は駐車場は有料となるので、なんとかなるでしょうと出かけた。まずは下の池から散策を開始したが、ホシハジロの雌が1羽居たが、水中に潜ってばかりで撮影は諦めた。上の池はカモ類は見られず、中の池に風を避けてキンクロハジロとユリカモメが集結していたが、良い写真は得られなかった。しかし、戻る途中、下の池の杭上にユリカモメが止まっていてほっとした。

zaki-20170224-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、ユリカモメ、ホシハジロの雌、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、アオジ、ヒヨドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 20:09| Comment(0) | 鶴見区

2017年01月27日

横浜市鶴見区三ッ池公園(午後)

 今日は天気予報通り気温は高いものの南寄りの風がもの凄く強い。そんな訳で何処へ行っても芳しくないのだが、三ッ池公園なら撮影出来る所があるかもと行ってみた。散策を開始すると、下の池の杭に綺麗なハシビロガモの雄が1羽止まっていたが爆睡中であった。そこで中の池へ歩みを進めたが、カイツブリがおとなしく浮かんでいたのでカメラに納めた。今日は、ほとんどのカモが風を避けて中の池に集結していたものの、ユリカモメ以外はやはり爆睡中であった。

zaki-20170127-kaitsuburi.jpg
<カイツブリ>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カルガモ、ハシビロガモ、カイツブリ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 17:18| Comment(0) | 鶴見区

2017年01月06日

横浜市鶴見区三ッ池公園(午後)

週間天気予報を見ると、明後日及び明々後日は天気が崩れるらしい。そこで、風がやや治まったので三ッ池公園へ行った。まずは下の池へ寄ったが、全ての杭は水面下に没していて、キンクロハジロとユリカモメが浮いているだけだった。やはり晩秋の「かいぼり」の影響が出ているようである。また、上の池は、ほとんどカモ類は見られず、中の池だけが賑やかであった。普通種だが多数のユリカモメとキンクロハジロに加えて、少数だがホシハジロやカイツブリも見られた。

zaki-20170106-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 17:36| Comment(0) | 鶴見区

2016年12月30日

横浜市鶴見区三ッ池公園

 天気予報では風が治まるとあったが、かなり強く吹いていて寒い。明日は土曜日で駐車場が有料となるので、風が強いけど何とかなるでしょうと三ッ池公園へ行った。例によって下の池から散策を開始したが、杭上にはカルガモが1羽上っているだけだった。しかし、風が遮られる対岸の売店下には、たくさんのユリカモメが集結していた。その後、上の池、中の池と回ったが、眠っているキンクロハジロが相変わらずたくさん浮いている位で、まこと貧果に泣いた。

zaki-20161230-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 17:48| Comment(0) | 鶴見区

2016年12月26日

横浜市鶴見区三ッ池公園(午後)

 このところルリビタキ等の小鳥のブログアップが続いたので、今日は三ッ池公園にカモの様子を見に行った。散策を開始し下の池に行くと、杭の上にはユリカモメが止まっているだけでカモ類は少なく、対岸の売店下あたりにキンクロハジロがちらほら見られた。次に上の池へ行ったが、ホシハジロの雄を1羽見つけたものの羽繕いばかりしていた。最後に中の池へ行ったが、ここには普通種だが、ユリカモメ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリが多数集結していた。

zaki-20161226-hoshihajiro-osu.jpg
<ホシハジロの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、ヒヨドリ、ツグミ、ガビチョウ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:05| Comment(0) | 鶴見区

2016年12月16日

横浜市鶴見区三ッ池公園(午後)

 今日は北風がかなり強い。こんな時は風が避けられる場所が良いのだが、なんとかなるでしょうと久しぶりに三ッ池公園へ行った。まずは下の池を覗いたが、有難い事に風は強いものの、ユリカモメが杭の上に乗っていた。そこで、ばんばんシャツターを切った事は言うまでも無い。例年、下の池にはハシビロガモがたくさん居るのだが、晩秋に行われた「かいぼり」の影響なのかまったく見られない。その他のカモは、キンクロハジロだけが多いだけで寂しい限りであった。

zaki-20161216-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:25| Comment(0) | 鶴見区

2016年11月29日

横浜市鶴見区三ッ池公園(午前)

 今日は1週間前に検査したCTの結果診断が下される日である。5月18日に手術をしたので、6ヶ月検診という訳である。まずは血液検査を行わなければならないので、病院に午前8時15分に行った。車だと自宅から20分程なので有り難い。今日の主治医との面談で膵臓癌の再発及び他所への転移が分かるのだが、恐ろしい病なので覚悟が決まっているのか、ドキドキソワソワする事も無しに順番を待った。結果は異常無しとの事で、もちろんほっとした。

zaki-20161129-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

 その後、薬局へ行って抗癌剤等を貰ったが、なんと45日分で29、980円とお高い。抗癌剤治療が終わるまで、昼飯はなるべく自宅で食べるしか無さそうである。全てが終わって時計を見ると午前10時なので、至近距離の三ッ池公園へ行った。しかし、野鳥の姿は少なく、カモ類はキンクロハジロとカルガモのみと低調である。こうなったら紅葉を映す水面のキンクロハジロですねと撮影していると、ユリカモメが1羽飛んで来たので嬉しくなった。

zaki-20161129-kinkurohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、シジュウカラ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 17:53| Comment(0) | 鶴見区

2016年11月22日

横浜市鶴見区三ッ池公園(午後)

 今日の午前中は術後6ヶ月のCT検査に病院へ行った。結果は来週になるのだが、再発及び転移が無い事を祈るのみである。検査は10時からとの事だったが、なんと1時間半も待たされてしまった。その後、吉野家へ寄って牛丼+お新香+味噌汁を食べたが、510円と「すき家」に比べると高い。お肉も少し堅かった。その後、至近の三ッ池公園に寄ってみたが、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリ、カワセミ、ハクセキレイと寂しく、ハシビロガモを撮ろうと粘ったが杭の上でずっと昼寝をしていた。

zaki-20161122-karugamo.jpg
<カルガモ>

<今日出会った主なもの>鳥/ハシビロガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリ、カワセミ、ハクセキレイ等。
posted by 花虫とおる at 18:24| Comment(0) | 鶴見区

2016年11月16日

横浜市鶴見区三ッ池公園(夕方)

 茅ヶ崎公園を早目に切り上げ、今日は11月16日なので、いよいよ平日だけ駐車場が無料期間に入った三ッ池公園へ行った。まずは下の池へ直行したが、少し前に「かいぼり」があったようで、水面がかなり下がっていた。そんな訳で期待した杭は水面からかなりの高さで露出していた。しかし、アオサギが止まっていて嬉しくなった。その後、園内を一回りしたが、見られた水鳥は、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリだけで、今後に期待の三ッ池公園となった。

zaki-20161116-aosagi.jpg
<アオサギ>

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリ、ハクセキレイ等。
posted by 花虫とおる at 17:12| Comment(0) | 鶴見区

2016年04月25日

横浜市鶴見区末吉不動尊

今日は「かかりつけ医」の紹介状を持って、鶴見区にある済生会横浜市東部病院へ行った。バスで行く事も考えたが、駐車場料金がバス料金よりも安いので、愛車「新治号」で行った。車なら15分程の至近距離である。迷子になりそうな大病院だったが、初診はスムーズで嬉しくなったが、血液検査、腹部超音波検査、CT検査を再度行うというので、午後1時半まで待つ羽目となった。そこで、病院内で待つのも苦痛だから、愛車に積んである機材をとりに行って周辺を散策した。

zaki-20160425-ushikamemushi.jpg
<ウシカメムシ>

まずは病院裏の公園へ行ったが、ヘラオオバコが咲き、ジャコウアゲハが舞っていた。雌があちこち産卵植物を探していたので、卵を撮ろうと思ったがウマノスズクサは生えていなかった。次に丘の方を見ると緑滴る所があったので行ってみると、末吉不動尊とあった。境内は掃き清められていたが、アジサイが各所に植栽されていたので探虫すると、ウシカメムシ、チャバネアオカメムシ、ヒシモンナガタマムシ等が見つかった。また、美麗なカラスアゲハが軽やかに舞っていた。

zaki-20160425-chabaneaokamemushi.jpg
<チャバネアオカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ヘラオオバコ、アカバナユウゲショウ、ナガミヒナゲシ、カタバミ、イモカタバミ、ムラサキカタバミ、トキワハゼ、ツツバ等。蝶/ジャコウアゲハ、カラスアゲハ、コミスジ等。昆虫/ウシカメムシ、チャバネアオカメムシ、ヒシモンナガタマムシ、アシブトハナアブ等。
posted by 花虫とおる at 18:21| Comment(0) | 鶴見区

2016年03月15日

横浜市鶴見区三ッ池公園(午前)

昨日は一日中雨が降ったが、今日は朝から青空が広がった。しかし、風が強くなると予報されていたので、予定していた三ッ池公園へ行くのは止めにしようかなとも考えたが、今日で駐車場平日無料期間が終わるので、やはり行くしかありませんねと出かけた。予報通り風は強かったが、それでも下の池の杭にはホシハジロが上っていた。ホシハジロは前回ブログアップしているので、1羽だけ飛来していたユリカモメを撮った。その後、中の池、上の池も巡ったが、野鳥の姿ほとんど見られず、まこと「かいぼり」に泣かされ、シーズンは終了となった。

zaki-20160315-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、カワウ、マガモ、コガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ等。
posted by 花虫とおる at 18:18| Comment(0) | 鶴見区

2016年03月08日

横浜市鶴見区三ッ池公園(午前)

昨日は初めて胃カメラを飲んだが、軽い炎症がある程度で、ガン、潰瘍、ポリープ等は発見されずにほっとした。人生、まこと健康が第一である。今日は朝から気温が高く薄っすらだが靄が漂っている。生態系を無視した「かいぼり」の影響で貧果が続いているが、もうすぐ3月15日、平日のみ駐車場無料期間が終わるので行ってみた。いつもの通り下の池から始めたが、完全無風で水面にはカモたちの毛があちこちに浮かんでいた。しかし、時間とともに風が吹き始め青空が広がったが、見られるカモの種数は相変わらず少ない。それでもホシハジロが戻っていて、杭の上で羽繕をしていた。

zaki-20160308-hoshihajiro-osu.jpg
<ホシハジロの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、ヒヨドリ、スズメ、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 19:36| Comment(0) | 鶴見区

2016年02月26日

横浜市鶴見区三ッ池公園

一昨日(24日)の観察会は、一日中曇りで風も有りかなり寒かったが、来週からは気温が上がるという。今日は風がややあるものの、抜けるような青空が広がった。そこで、今の時期の平日は駐車場が無料だし、水面も青空を映して綺麗なので迷わず三ッ池公園へ行った。例によって下の池へ直行したが、風が正面から吹いて来て寒い。それでも杭の上にはキンクロハジロが2羽上っていた。下の池のカモはほとんどがキンクロハジロで、ハシビロガモの姿は無かった。去年もハシビロガモの旅立ちは早かったように記憶している。

zaki-20160226-kinkurohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

そんな訳で、中の池へ行ったが「かいぼり」の影響で鳥の姿は無く、上の池も「かいぼり」の影響で鳥の姿はほとんど見られないが、何故だかホシハジロの雄が単独で暮らしている。その後、花の広場方面へ歩みを進めたが、遠くにモズのカップルが見られた位であった。そこで踵を返して下の池に戻ったが、風は治まり気温も高くなったものの、なにせキンクロハジロがほとんどなので、杭の上もキンクロハジロだけが上っていた。また、ユリカモメは4羽と少なかった。

zaki-20160226-kaitsuburi.jpg
<カイツブリ>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、ホシハジロ、キンクロハジロ、マガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、モズ等。
posted by 花虫とおる at 18:52| Comment(0) | 鶴見区

2016年02月19日

横浜市鶴見区三ッ池公園

今日は穏やかな晴天で、気温もかなり上がると予報されていた。そこで、前回は曇り日で風がやや強く、おまけに昼前に雨がぱらついて来たから不本意な散策に終わった三ッ池公園に行った。こんな日はきっと下の池の杭の上は各種カモちゃん達で賑やかな筈と踏んだ訳だが、散策を開始し期待して行ってみると、1羽だに杭の上には上がっていなかった。水面すれすれの杭は、さざ波に洗われていた。しかも、風向きからか、かなり遠くに集まっていて眉をしかめた。

zaki-20160219-hashibirogamo-osu.jpg
<ハシビロガモの雄>

しからば「かいぼり」が終わってかなり時間が経ったので、カモが戻って来ているかもしれないと中の池へ行ってみたが、ユリカモメがたったの1羽浮かんでいるだけだった。次に「かいぼり」後だが水位が戻った上の池へ行ってみると、ホシハジロの雄、カルガモ、カイツブリが各1羽、計3羽しか見られなかった。まこと「かいぼり」は水鳥達にはノーサンキューだなあと笑ってしまった。そこで、花の広場の方へ小鳥を探しに行ったが、シジュウカラとムクドリが見られただけだった。

zaki-20160219-kinkurohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

そんな訳で下の池にとぼとぼ戻ったら、杭にハシビロガモの雄、キンクロハジロの雄と雌、ユリカモメが上っていた。気温が上昇したので杭の上で羽繕いという訳である。そこで良い瞬間を撮ろうと粘った。するとホシハジロの雄がやって来て、「この杭に上っては駄目よ」とハシビロガモを追い払った。ハシビロガモは他の杭に移動して上ったが、また同じホシハジロがやって来て追い払った。そんな事が繰り返されたので、ハシビロガモは沖の方に泳ぎ去ってしまった。

zaki-20160219-kinkurohajiro-mesu.jpg
<キンクロハジロの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、ユリカモメ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、シジュウカラ、ムクドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:24| Comment(0) | 鶴見区

2016年02月15日

横浜市鶴見区三ッ池公園

今日は午後から通院なので、午前中のみの散策となった。まあ、病院通いは面倒臭いが、毎日散策してばかりいるのも飽きるので、変化が加わって良いかもと苦笑する。そんな訳で、水面に浮かぶカモならあぶれ無しと三ッ池公園へ行った。朝の内は晴れ間も見られ風も弱かったが、下の池に行くと、かなりの風が吹いていた。そこで、風が遮られる場所でデジスコを構えたが、羽に頭を突っ込んで寝ているものがほとんどだった。次に、中の池、上の池と巡り歩いたが、「かいぼり」の影響が残っていて、水鳥の姿はほとんど見られなかった。

zaki-20160215-magamo-osu.jpg
<マガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、ホシハジロ、キンクロハジロ、マガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ等。
posted by 花虫とおる at 14:10| Comment(0) | 鶴見区

2016年02月08日

横浜市鶴見区三ッ池公園(午前)

何処へ行っても貧果必至なので、少なくともカモちゃんは撮れると、三ッ池公園へ行った。正門の駐車場に車を停めて散策を開始すると、顔なじみの鳥撮りマンがコリア庭園の方へぞろぞろ入って行った。何か出ているなとついて行くと、ジョウビタキの雌がいた。そこでお仲間に入れて貰って、ばんばんシャッターを切った。次に、下の池へ戻って杭上を見たが、風が強い為か、何も上っていなかった。その後、中の池、上の池へも行ったが、「かいぼり」の影響で各種カモの個体数はかなり減って、三ッ池公園ならではのハシビロガモは全く見られなかった。

zaki-20160208-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、ホシハジロ、キンクロハジロ、マガモ、カルガモ、カイツブリ、ジョウビタキ、アオゲラ、シジュウカラ等。
posted by 花虫とおる at 18:35| Comment(0) | 鶴見区

2016年02月02日

横浜市鶴見区三ッ池公園(午前)

今日は真っ青に晴れたので、風はやや強いが、水面は綺麗だろうと三ッ池公園へ行った。しかし、下の池の杭がある辺りは、風向きから風が通り抜ける場所にあたっていて、カワウとユリカモメが杭に上っているだけだった。その他のカモ類は風が遮られ陽が当たる場所に集結していたが、ほとんど羽に頭を突っ込んで眠っていた。前回の様に氷が張っているいる訳でも無いので、気温的には左程低くは無いのだろうが、風がとにかく冷たい。その後、中の池や上の池も見に行ったが、これぞといった野鳥は見られなかった。

zaki-20160202-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/カワウ、ユリカモメ、ホシハジロ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、マガモ、カルガモ、カイツブリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:39| Comment(0) | 鶴見区

2016年01月25日

横浜市鶴見区三ッ池公園

昨日の大相撲千秋楽で大関琴奨菊が日本人として、なんとなんと10年振りに優勝して熱気に沸いたが、日本列島はとんでもない寒気に覆われてしまった。なにしろ奄美大島では115年ぶりとなる降雪を記録し、沖縄でも霙が降ったという。年が明けてまだ1ヶ月も経たないが、お天気ばかりか株価は乱高下し、甘利ちゃんは神奈川県の恥となりそうである。1200万円も貰っての口利きじゃ、御用かもしれない。いずれにしても、もう選挙区の泉の森公園の催しに顔を出す事もなかろう。まこと甘利ちゃんもお馬鹿さんである。

zaki-20160125-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

今日は午後から通院なので、午前中のみとお馴染みの三ッ池公園へ行った。前述したように日本列島は冷凍庫の中にすっぽり納まっているから、すべての池は全面氷結かと思われたが、下の池は半分位、上の池はほぼ全面凍っていた。それなのに、何故かユリカモメは凍った水面に降りているのだから驚いた。近くの鶴見川でも飛んで行けば良いのに不思議である。池のカモは相変わらず変わり映えはしないが、寒波到来でシロハラやツグミも見られ、また、冬鳥では無いがカワセミやモズも居て賑やかだった。

zaki-20160125-magamo-osu.jpg
<マガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/モズ、カワセミ、シロハラ、ツグミ、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、ユリカモメ、スズガモの雌、ホシハジロ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、マガモ、カルガモ、カイツブリ等。
posted by 花虫とおる at 14:34| Comment(0) | 鶴見区

2016年01月21日

横浜市鶴見区三ッ池公園(午前)

今日の午前中は晴れで、風も治まると予報されていた。この辺で、茅ヶ崎公園のフユシャクとも思ったが、まだ雪が残っていそうなので三ッ池公園へ行った。例によって下の池から散策を開始したが、ほとんどの杭が水面下に没していて、風向きなのかキンクロハジロの一団が杭の近くに集まっていた。次に中の池を通って上の池へ行ったが、中の池は相変わらず水は無く、上の池は半分以上薄氷が張っていた。やはり今朝の冷え込みはかなりのものだったのだ。そんな訳で、水面に浮かぶユリカモメをカメラに納めての早上りとなった。

zaki-20160121-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、ユリカモメ、ホシハジロ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、マガモ、カルガモ、カイツブリ、シジュウカラ、キセキレイ、ハクセキレイ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:20| Comment(0) | 鶴見区