2013年11月22日

横浜市鶴見区三ッ池公園

今日も風が無く穏やかな晴天である。足裏痛はかなり楽にはなったが、いつぶり返すか分からないので、効果不明なのだが午後からは通院となる。そこで、至近距離の三ッ池公園へまた行った。正門の駐車場に車を停めて下の池へデジスコを担いで行って見ると、早くも今日の目的であるハシビロガモの雌雄が杭止まっていた。そこで紅葉が映る水面をバックに選んで撮影したが、ハシビロガモの雄の胸は白いので、白トビを心配してマイナス補正で撮影した。それでもやや白トビしているが、まあ仕方が無いだろう。

zaki-20131122-hashibirogamo-osu.jpg
<ハシビロガモの雄>

その後、何かいないかと中の池、上の池と巡り歩いたが、18日に見られたオカヨシガモは消えていた。常連さんによると1日滞在だが、オシドリ、ヨシガモも今季見られたという。また、去年はミコアイサの雌も飛来したので、珍しいカモ類はいないかと注意したが、毎年常連のカモだけだった。しかし、オオバンはまだ居て嬉しくなった。そんな訳で、今後とも常連カモのみという日が続くかもしれないが、寒くなって来園者が少なくなるとヒタキ類が顔を出す事もあるので、駐車場が無料の内は足繁く通う事に決めている。

zaki-20131122-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/ハシビロガモ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カイツブリ、オオバン、カワウ、ユリカモメ、モズ、ハクセキレイ、スズメ等。

posted by 花虫とおる at 14:25| Comment(0) | 鶴見区

2013年11月20日

横浜市鶴見区三ッ池公園

このところ起床時に、毎日同じパターンの散策に行くのはつまらないなあと思う事がちょくちょくある。生活のマンネリ化という訳だが、かと言ってやる事も無いし行きたい所も無いのだから、まあ健康の為の散歩ですねと出掛ける事になる。今日は何処へ行こうかなと考えたが、駐車場が平日のみ3月15日まで無料となったのだから、鳥撮りだけではもったいないと、マクロレンズを装着した一般撮影でも散策しようと三ッ池公園へ行った。

zaki-20131120-kaki-mi.jpg
<カキの実>

正門の駐車場に車を停めて散策を開始すると、カキが良い色で青空に浮かんでいた。出来れば青空バックでは無くて、雑木林をバックにと思ったが良い絵柄とはならなかった。それでも貴重な1枚をカメラに納め、お次は手摺昆虫観察だなあと、各所にあるチョコレート色に塗られた手摺を見て回った。雑木林の下とは異なってサクラやシラカシ等の下だから昆虫は少なかったが、それでも、テントウムシ、ウシカメムシ、コミミズクの幼虫等に出会えた。

zaki-20131120-komimizuku-yochyu.jpg
<コミミズクの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/コスモス、キバナコスモス等。蝶/キタテハ、キチョウ等。昆虫/テントウムシ、ウシカメムシ、コミミズクの幼虫等。鳥/ハシビロガモ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、オオバン、カイツブリ、カワウ、ユリカモメ等。その他/カキの実、マユミの実等。
posted by 花虫とおる at 18:38| Comment(0) | 鶴見区

2013年11月18日

横浜市鶴見区三ッ池公園

いよいよ自宅から至近の三ッ池公園の駐車場が平日のみ3月15日まで無料となった。被写体が少なくなり散策する場所が減って来たので有り難い限りである。また、その名の通り広い池が3つもあって、水鳥の観察及び撮影には絶好である。そんな訳で今日は迷う事無く三ッ池公園へ行った。空は引き続いて真っ青で気温も高く散策には絶好の日和だったが、天気予報通り午前11時を回ると風がかなり強くなった。明日は風向きが変わって寒くなるだろう。

zaki-20131118-ooban.jpg
<オオバン>

正門の駐車場に車を停めて下の池へデジスコを担いで行って見ると、杭にハシビロガモの雌とカワウが止まっていた。そこでハシビロガモの雌をカメラに納めて、右手に歩いて行くと、三ッ池公園では初見となるオオバンとオカヨシガモがいた。ともに4羽程いるので、このまま居ついてくれたら嬉しい限りである。そこで今日は他のカモには目もくれずに、執拗なまでに両種を追って撮影した事は言うまでも無い。オカヨシガモは雄でも地味だが捨て難い魅力がある。

zaki-20131118-okayoshigamo-osu.jpg
<オカヨシガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ハシビロガモ、マガモ、カルガモ、オカヨシガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カイツブリ、オオバン、カワウ、ユリカモメ、ハクセキレイ等。

posted by 花虫とおる at 17:14| Comment(0) | 鶴見区

2013年07月09日

横浜市(仮称)チョウトンボの里

今日も朝からかんかん照り、こんな日はまたまた日陰の散策とも思ったが、チョウトンボの写真が今季は不満足だったので、覚悟して(仮称)チョウトンボの里へ行った。もっとも、晴天の日でないとお尻を上げたポーズをとってくれないから仕方が無い。ポイントに到着すると前回より個体数はかなり減っていて、棒の先に止まっている個体はほとんど無くて、こりゃ、少し来るのが遅すぎたかなあと、まずは付近の日陰で、今日のブログアップ用の写真を2枚確保した。

zaki-20130709-chotonbo.jpg
<チョウトンボ>

そんな訳で気楽になってポイントへ戻ると、時間が経ったからか、とてもフレンドリーな個体がいて、イメージ通りの写真を手にする事が出来た。その後、しからばウチワヤンマや他のトンボ、アオメアブ等をカメラに納めようと付近を散策したが、今日は雄々しいウチワヤンマは見られなかった。それにしても炎天下では、頭がくらくら、汗がたらたら、これでは熱中症にならなくとも耐えられませんねと、目的が達成されたので、30分程の早上がりとなった。

zaki-20130709-kamemushi-yochyu.jpg
<カメムシの仲間の幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ミソハギ等。蝶/キタテハ、ツマグロヒョウモン等。昆虫/チョウトンボ、ショウジョウトンボ、アオメアブ、シオヤアブ、マメコガネ等。
posted by 花虫とおる at 14:42| Comment(0) | 鶴見区

2013年06月25日

横浜市(仮称)チョウトンボの里

天気予報では一日中曇りとあったので、キノコの写真撮影には絶好とばかりに茅ヶ崎公園を目指したが、第3京浜を越えた辺りから雨がかなり降って来た。そこで即座に引き返して、久しぶりに(仮称)チョウトンボの里へ行った。すると雨はほとんど降ってなくてほっとした。そこで、いつ雨が降って来てもこのブログを更新出来るように、なんでも良いからと梢下の下草の葉上を見て行ったら、クサギカメムシの幼虫を見つけた。クサギカメムシは普通種中の普通種だが、カメムシ類の発生が極端に少ない今季は大切な被写体である。

zaki-20130625-chotonbo-osu.jpg
<チョウトンボの雄>

次にチョウトンボのポイントへ行ったが、今年もかなり飛んでいてほっとした。しかし、完全無風の状況だから羽を水平か水平よりやや下にし、腹部も下がり気味で止まっている。これでは生き生きとした躍動感が感じられなくて撮る気になれなかったが、しばし三脚を立ててカメラを構えていると、ほんの一瞬だが風が吹き、なんとか気に入った写真を1枚撮る事が出来た。今日は、コシアキトンボ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボも見られたが、もう少したったら、ウチワヤンマやショウジョウトンボも発生するだろう。

zaki-20130625-kusagikamemushi-yochyu.jpg
<クサギカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ドクダミ、ツユクサ、ミソハギ、アジサイ等。蝶/アゲハ、キタテハ、モンシロチョウ等。昆虫/チョウトンボ、コシアキトンボ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボ、クサギカメムシの幼虫、コフキゾウムシ等。
posted by 花虫とおる at 14:28| Comment(0) | 鶴見区

2013年04月26日

横浜市鶴見区獅子ヶ谷市民の森

またまた外食が飽きて来たので、昼食はしばらく食していない「なか卯」のミニ親子丼+小うどんセットにしようと、自宅から一番近い樽町の「なか卯」に寄る事にして獅子ヶ谷市民の森へ行った。みその公園「横溝屋敷」の駐車場に車を停めて古民家の庭に入ってみると、たくさんの大きな鯉のぼりが泳いでいた。今日も朝の内は無風に近かったが、次第に薫風が吹き出し、鯉のぼりは勢い良く泳いでいた。

zaki-20130426-jiroboengosaku.jpg
<ジロボウエンゴサク>

そこで風が防げる西谷広場に行ったが、アジサイの葉にウスチャジョウカイやクロウリハムシが見られた。また、ニリンソウの群落が広がり、ジロボウエンゴサクもかなりあって、工場地帯として著名な鶴見区なのと疑いたくなるが、多摩丘陵から離れているが丘陵続きなのだから当然である。その後、灰ヶ窪広場、新池広場へと歩みを進めたがこれといったものには出逢えず、再び西谷広場に戻ったら、アオゲラがピョー、ピョーと鳴いていた。

zaki-20130426-usuchajokai.jpg
<ウスチャジョウカイ>

<今日出会った主なもの>花/ジロボウエンゴサク、ニリンソウ、ナガミヒナゲシ、アメリカフウロ、カラスノエンドウ、カタバミ等。蝶/アゲハ、ツマキチョウ、モンシロチョウ、キチョウ等。昆虫/ウスチャジョウカイ、クロウリハムシ、オオニジュウヤホシテントウ、ヤブキリの幼虫等。鳥/アオゲラ等。

posted by 花虫とおる at 14:41| Comment(0) | 鶴見区

2013年03月15日

横浜市鶴見区三ッ池公園

三ッ池公園へ行ってもキンちゃんユリちゃん位しかいないのは分かってはいたが、今日で平日駐車場無料期間が終わるので、今季最後だとばかりに出かけた。次に無料となるのは11月18日からなので、かなり先である。もっとも500円払えば良いのだが、午前中2時間の為に小遣いを使う気にはなれない。今日は久しぶりに風も無く清々しく晴れあがった散策日和で、下乃池へ行って見ると、杭の上にユリカモメとキンクロハジロが上っていた。

zaki-20130315-kinkurohajiro-mesu.jpg
<キンクロハジロの雌>

羽繕いをしている個体が多いのだが、それが終わると「春眠暁を覚えず」で、眠りこけている個体もいる。また数に限りのある杭だから、私にも上らせて僕にも上らせてと、やって来る個体も多い。キンクロハジロは紳士的に席を譲るが、ユリカモメはどかないと足パンチをくらわせて追い立てる。希少種には程遠いキンちゃんユリちゃんだが、ぽかぽか陽気に観察をするのも面白い。今日はホシハジロは見られなかったが、マガモの雄が1羽だが見られた。

zaki-20130315-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/アオジ、シジュウカラ、ツグミ、ムクドリ、マガモ、キンクロハジロ、カルガモ、カツブリ、ユリカモメ等。
posted by 花虫とおる at 14:17| Comment(0) | 鶴見区

2013年03月11日

横浜市鶴見区三ッ池公園

2年前の今日、多くの人命を奪い甚大な被害をもたらした東日本大震災が起きた。齢をとるにつれて無力さを感じるようになり、ただただ手を合わせるのみであるが、行政にはしっかりとした対応をして貰いたいものである。今日の天気は昨日の暖かさが嘘の様に低くなって、おまけに北風が強い。そんな訳で何処へ行っても駄目だろうなあと思い、安近短の三ッ池公園へ行った。すると、かなりの数のユリカモメが見られ、きっと昨日の強風の為に避難して来たのであろう。また、前回見られなかったホシハジロも戻って来ていた。今日の目的のモズはいたが、良い絵柄となる枝には止まってくれなかった。

zaki-20130311-hoshihajiro-osu.jpg
<ホシハジロの雄とキンクロハジロの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/コゲラ、シジュウカラ、スズメ、モズ、ツグミ、ヒヨドリ、ムクドリ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリ、ユリカモメ等。
posted by 花虫とおる at 14:43| Comment(0) | 鶴見区

2013年03月08日

横浜市鶴見区三ッ池公園

やや風が強かったものの、正午まではそれほど強くはならないだろうと三ッ池公園へ行った。気温はぐんぐん上がって初夏の様な陽気となり、下乃池へ行って見るとカモの姿が全く見えないので、もしや旅立ったのかもと思ったら、風を避けて静かな場所に移動していた。今日もユリカモメは20羽程見られたが、ホシハジロの姿は無かった。前回はモズ、前々回はジョウビタキの雌を撮っているので、カモ以外のものを撮ろうと歩き回ったが、風が強いためか旅立ったのか、シロハラ位しか見られなかった。そんな訳で、不本意ながらもキンクロハジロの雄を撮って引き上げた。

zaki-20130308-kinkurohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

<今日見られた主なもの>花/カワヅザクラ、ウメ、ミツマタ等。蝶/キタテハ等。鳥/キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、ユリカモメ、シロハラ、カワセミ、スズメ、キジバト、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 14:03| Comment(0) | 鶴見区

2013年03月04日

横浜市鶴見区三ッ池公園

3月に入ったので駐車場が平日無料の期間は、いよいよ15日迄と数える程となった。その後は500円も取られてしまうので行く気が起きなくなる。これといって珍しい鳥がいる訳でもないし、水鳥以外は個体数も少ないのだが、なにせ安近短で歩き回れば何かしらには出会える。また、欲張らなければ必ず野鳥をカメラに納める事が出来るのだから、駐車場が無料の内は精出して通ってみようと出かけた。

zaki-20130304-hoshihajiro-osu.jpg
<ホシハジロの雄>

今日は出かけた当初は風もややあって曇り空だからかなり寒い。こんな日はどうなんだろうと下乃池へ行って見ると、前回は見られなかったユリカモメとキンクロハジロの活動が活発で、杭上りも見られたので嬉しくなった。一応保険として両種をカメラに納めて1回りしたが、マガモとハシビロガモは完全に飛び去ってしまったようである。再び下乃池に戻って来ると、三ッ池公園では稀少種のホシハジロの雄が3羽も杭上りしていて驚いた。

zaki-20130304-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、アオジ、シジュウカラ、スズメ、シメ、ヒヨドリ、ツグミ、シロハラ、モズ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、ユリカモメ、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 14:29| Comment(0) | 鶴見区

2013年02月27日

横浜市鶴見区三ッ池公園

午前中は弱い雨が降っていたが、昼飯を食べている内に完全に止むのではないかと出かけた。先だって、親戚の御通夜出席で久しぶりに礼服を着たが、寒いから下着類も厚手で、かなり窮屈であった。そんな訳で礼服はいくらするのかとアピタにも寄ってみたが3万円前後であった。ずっと悩んでいる足裏の痺れ等も肥満が原因かもよと散策仲間のNさんに言われているので、痩せれば一挙両得なのかもしれない。しかし、意志薄弱人間には大問題である。寄り道をしていたら雨は完全に上がったので、毎度お馴染みの三ッ池公園へ行った。しかし、ハシビロガモやマガモやユリカモメは一羽も見られず、池はキンクロハジロに占拠されたようであった。こりゃ駄目だなあと思っていたら、広場の奥にジョウビタキの雌が居たので、本当に久しぶりに撮影出来た。

zaki-20130227-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキの雌、カワセミ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリ等。
posted by 花虫とおる at 18:57| Comment(0) | 鶴見区

2013年02月21日

横浜市鶴見区三ッ池公園(午前)

今週は月曜日と火曜日が一日中雨で自宅蟄居となり、昨日は明治神宮にて道端自然観察会だったので、駐車場が平日無料の期間のみ、週1回は覗いてみようと思っている三ッ池公園に行った。まずは例によって下乃池へ行って杭に上っている鳥は居ないかと期待したが全く見られず、しからば久しぶりにハシビロガモでも撮ろうと探したが1羽だに見つからなかった。見られたカモは、キンクロハジロ、マガモ、カルガモの3種類だけで天を仰いだ。そこで、前回は見られなかったユリカモメが2羽いたので撮影した。その後、待てども待てども杭上りは無く、餌を撒く方が現れたら、何処ともなくユリカモメが8羽になって驚いた。いったい何処にいたのだろう。

zaki-20130221-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/コゲラ、ツグミ、ヒヨドリ、シジュウカラ、メジロ、スズメ、キンクロハジロ、マガモ、カルガモ、カイツブリ、ユリカモメ等。
posted by 花虫とおる at 20:17| Comment(0) | 鶴見区

2013年02月12日

横浜市鶴見区三ッ池公園

昨日の夕方から北風がとても冷たかったが、風はかなり収まったものの一時の暖かさが嘘であったかのように寒い。寒暖を繰り返しながら春に向かって行くのが気象の通例だから当然ともいえる。今日は駐車場代が無料の内は、週1回ペースで通おうと思っている三ッ池公園へ行った。前回、前々回とも穏やかな暖かい陽気で、その為に杭に上がらないのかなあと思っていたが、下乃池へ行ってみると杭の上にはなんにもいない。そればかりか20羽位いたユリカモメが1羽も見られない。もちろんミコアイサの雌、カイツブリ、カワウも居なくて、キンクロハジロだけがやけに増え、しばらくすると杭に上がってくれた。たかが池の鳥だが、定期的に通ってみると変化がある事が分かった。という事は珍しいものが入って来る可能性もあるという訳だが、まあその可能性は薄いものの安近短なので通ってみよう。

zaki-20130212-kinkurohajiro-mesu.jpg
<キンクロハジロの雌>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、カンツバキ等。鳥/メジロ、アオジ、ハクセキレイ、スズメ、ヒヨドリ、ムクドリ、キンクロハジロ、ホシハジロ、ハシビロガモ、マガモ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 14:47| Comment(0) | 鶴見区

2013年02月04日

横浜市鶴見区三ッ池公園

天気予報によると今日は不安定な一日で、昼頃より風が強くなって夕方に一雨あるいう。そんな訳で、午前中のみ勝負とばかりに三ッ池公園へ行った。普通種のカモしか撮れないが、近いし広いし、まだしばらく平日のみ駐車場が無料だから有り難い。まこと安近短という訳である。その内、市営地下鉄やバスが無料になったら、港北ニュータウンの公園や緑道へと思っているが、その齢まではかなり先である。

zaki-20130204-kinkuohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

今日も下乃池の杭上りのカモを期待したのだが、ユリカモメとキンクロハジロの雌が各1羽見られただけであった。暖かくて穏やかな日だとカモ類はリラックスモードに突入するらしく、今日も池の中央で昼寝している個体が多かった。また期待の一つであったミコアイサの雌は見られず、前回も居なかったから、どうやら三ッ池公園から去ったようである。その代りか、コガモの雄とカイツブリが各1羽やって来ていた。

zaki-20130204-kogamo-osu.jpg
<コガモの雄>

<今日出会った主なもの>花/ウメ等。鳥/キンクロハジロ、コガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、カイツブリ、ユリカモメ、カワウ、カワセミ、シジュウカラ、ムクドリ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 14:54| Comment(0) | 鶴見区

2013年01月30日

横浜市鶴見区三ッ池公園(午前)

今日は1月とは思えない暖かい陽気で、風もほとんど無いから、こんな時は池の杭の上に様々なカモが上っているのではないかと期待して三ッ池公園へ行った。しかし、下乃池へ行ってみると、カワウが1羽とユリカモメが2羽のみ杭に上っているだけなのには驚いた。もう少し時間が経てば状況が変わるのではないかと一回りしたが、珍しくコガモの雄が1羽いたものの、ぐっすり眠っていたので写真は撮れなかった。しからばミコアイサの雌はと探してみたが見当たらず、いくら時間が経過しても杭の上にはカワウとユリカモメだけで、いったいどうしたのだろうと不思議に思いながらの早上がりとなった。

zaki-20130130-mukudori.jpg
<ムクドリ>

<今日出会った主なもの>鳥/メジロ、アオジ、モズ、カワセミ、ムクドリ、マガモ、コガモ、キンクロハジロ、ハシビロガモ、カルガモ、ユリカモメ、カワウ等。
posted by 花虫とおる at 20:02| Comment(0) | 鶴見区

2013年01月25日

横浜市鶴見区三ッ池公園

今日は西南西の風が強くなるとの予報だったので、午前中早くのみの勝負だと至近距離の三ッ池公園へ行った。デジスコを組み立てて下乃池へ行くと、杭に小型のカモが止まっている。なんだろうとデジスコで覗くと、ミコアイサの雌であった。今までミコアイサと言えば二重橋駅から至近の皇居のお堀ばっかだったので、ミコアイサは水面に浮かんでいるものと思っていたが、他のカモと同じように杭に上るのだ。その後も何回も杭に上ったから、杭上がかなり好きなようである。逆に、キンクロハジロやホシハジロはなかなか上がらない。

zaki-20130125-mikoaisa-mesu.jpg
<ミコアイサの雌>

杭上のミコアイサの写真は無事に撮れたので一回りしてみたが、相変わらずユリカモメが多く、キンクロハジロもかなり戻っていた。その他のカモ類も、大雪前の状況とほぼ同じ種数と個体数に回復していて嬉しくなった。その後、天気予報通りに西南西の風がかなり強くなって、デジスコで捉える画像が揺れ始めたので、風が比較的防げる杭の前で頑張った後の早上がりとなった。

zaki-20130125-hoshihajiro-mesu.jpg
<ホシハジロの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ミコアイサの雌、ホシハジロの雌、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、ハシビロガモ、ユリカモメ、モズ、カワセミ、ハクセキレイ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:44| Comment(0) | 鶴見区

2013年01月21日

横浜市鶴見区三ッ池公園

写真展のお仲間のUさんのブログを見ていたら、三ッ池公園にミコアイサの雌が出現とあった。そこで前回期待して行ったのだが、ほぼ全面氷結で見られなかった。もしかしたら何処かへ飛び去ってしまったのではと危惧したが、今日は暖かくて氷は全く張っていないので、短時間でその姿を見出す事が出来た。しかし、デジスコによる撮影は、動きが早い、他の水鳥が邪魔をする、動くから露出がころころ変わる等で、撮影には苦労し、約2時間頑張ったが、まあまあ程度の写真しか撮れなかった。

zaki-20130121-mikoaisa-mesu-3.jpg
<ミコアイサの雌>

ミコアイサは漢字で書くと「巫女秋沙」となり、雄が真っ白で巫女さんのようだから名付けられたのだろう。また、子供たちには雄はパンダガモとの愛称で呼ばれている。そんな訳でミコアイサはやはり雄が人気者なのだが、Uさんも記していたが、三ッ池公園には初飛来に近いのではなかろうか。その他のカモはキンクロハジロの大群は戻って来ておらず、ユリカモメがますます増えて20羽以上も見られた。

zaki-20130121-mikoaisa-mesu.jpg
<ミコアイサの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ミコアイサの雌、ハシビロガモ、キンクロハジロ、カルガモ、ユリカモメ、ツグミ、カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 18:33| Comment(2) | 鶴見区

2013年01月17日

横浜市鶴見区三ッ池公園(午前)

今年に入って2日、8日と短時間の他に症状の無い血尿があった為に、膀胱癌が心配で昨日CT検査をして来た。膀胱近くの尿管に2ミリの結石、腎臓に3ミリの結石があると判明した。もちろん癌細胞が排泄されてないかも調べたが、異常なしとのことで、去年の4月段階で様子見となっていた5ミリの結石が割れたのかもしれない。これで一安心と思っていたら、昨日の午後から尿管結石特有の生きた心地のしない痛みが出て、またしてもボルタレンサポのお世話になった。もちろん内臓のけいれんを抑える薬と結石の排出を促進する飲み薬も貰っているから、運動もしなければと三ッ池公園へ行った。

zaki-20130117-hashibirogamo-mesu.jpg
<ハシビロガモの雌>

池のカモなら雪がまだ残っていても撮れるだろうと思った訳だが、なんとなんと三ッ池公園は、ほんの一部を残してほぼ全面氷結していた。たくさんいたキンクロハジロはたったの2羽となっていて、何処かに避難したらしい。ユリカモメはかなり見られたが、みんな氷の上に止まっていた。そんな訳で、猫の額程の凍って無い部分で泳ぐマガモやハシビロガモを撮影したが、周りはまっ白い雪、もちろん寒いので早めの退散となった。

zaki-20130117-magamo-osu.jpg
<マガモの雄>


<今日出会った主なもの>鳥/マガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、カルガモ、ユリカモメ、ハクセキレイ等。
posted by 花虫とおる at 19:25| Comment(0) | 鶴見区

2013年01月04日

横浜市鶴見区三ッ池公園

元旦こそ暖かく穏やかな一日だったが、その後、風が強くて寒い日が続いた。今日の天気予報では、気温こそ低いものの風は弱まるとあったので、デジスコで確実に鳥が撮れる三ッ池公園へ行った。しかし、予報は見事に外れて風がかなり強く、期待した杭の上にはカワウが一羽しか上っていなかった。カワウも立派な野鳥なのだが、カラスと同様、黒くて愛嬌が無いので今一シャッターを押す気にはなれない。困ったなあ、一般撮影機材で散策しようかなあとも思ったが、貧果に泣くだけだし、もし野鳥が撮れなかったらブログのアップを無しにすれば良いのだからと、そのままデジスコで散策した。

zaki-20130104-yurikamome-1.jpg
<ユリカモメ>

しかし、前回、2羽見られたモズもいない。そこで、今日は20羽程飛来しているユリカモメを撮影しようと風が防げる日溜りで狙った。その内に風こそ弱まりはしなかったが、日差しが強くなって来たからか、ユリカモメが杭の方に飛んで行って止まった。一番多い時は、8本位ある杭すべてに止まったので嬉しくなったが、風の止み間にシャッターを切らなければブレ写真になるから意外と撮影には難儀した。

zaki-20130104-yurikamome-2.jpg
<ユリカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、ユリカモメ、カイツブリ、カルガモ、マガモ、キンクロハジロ、カワウ、ヒヨドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:54| Comment(0) | 鶴見区