2015年09月15日

神奈川県川崎市麻生区早野の里

例年ならば9月半は残暑がかなり厳しいのだが、今日もだいぶ涼しくなって散策日和である。そこで、草刈りが入って散策場所が少なくなったので、成果は望めないものの、久しぶりに早野の里へ行った。最近、国道246の江田駅近くに幸楽苑を見つけたので、わざわざ早野の里や三輪町へ行かなくとも美味しいラーメンが食べられるようになった。しかし、今日の昼食はもちろん島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑の「あっさりラーメン+チャーハンセットですね」とにんまりした。

zaki-20150915-momijiaoi.jpg
<モミジアオイ>

霊園内に車を停めると路傍にヤマホトトギスがかなり咲いていた。その昔は稀少種と思っていたのだが、何処でも普通に見られるようになった。ジャコウアゲハのポイントに寄り道すると、ウマノスズクサはだいぶ少なくなっていたが、幼虫も蛹も見られた。その後、桐蔭学園に接する丘の上に歩みを進めたが、これといったものは見られなかったが、ナツアカネが草原に出て棒の先に止まっていた。また、天然自然の山栗(芝栗)が落ちていたので、20粒ほどポケットに投げ込んだ。

zaki-20150915-jakoageha-sanagi.jpg
<ジャコウアゲハの蛹>

その後、ハンノキ林へ向ったが小川沿いのフェンスに絡まるアケビにアケビコノハの幼虫が見られた。また、民家の庭先にあるザクロが色づいて、美味そうに垂れ下がっていた。ハイキング等で疲れた時に口の中に放り込むと、元気がかなり回復するという。更に、入り口に何故だか園芸種のモミジアオイが真っ赤に燃えて自己主張をしていたのでカメラに納めた。それ以外はナガコガネグモが手摺に網を張っていた位で、これといったものは見られず、尾根を越えて霊園に戻った。

zaki-20150915-zakuro-mi.jpg
<ザクロの実>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、ゲンノショウコ、ナンテンハギ、トキリマメ、クズ、ヤブツルアズキ、ヤマハギ、ノササゲ、ヤマホトトギス、センニンソウ、アレチヌスビトハギ、ママコノシリヌグイ、ヨウシュヤマゴボウ、ツユクサ、イモカタバミ等。蝶/アオスジアゲハ、ジャコウアゲハの幼虫、テングチョウ、アカボシゴマダラ、サトキマダラヒカゲ、ウラギンシジミ、ムラサキシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/アキアカネ、ナツアカネ、オンブバッタ、エサキモンキツノカメムシ等。キノコ/タマゴタケ等。その他/ザクロの実等。
posted by 花虫とおる at 18:42| Comment(0) | 川崎市

2015年08月04日

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午前)

最近、寺家ふるさと村が不調ならしく、カード爺ちゃんが早野の里へも行くようになったと聞いたので、そうかなあとの疑問符を抱きつつも、車を木陰に停められるからと行ってみた。霊園や農耕地へ下る途中の昆虫横丁はさっぱりで、ハンノキ林に期待したが樹液酒場はカナブンばかりだった。また、伐採丸太にはタマムシが1匹、ゴマフカミキリが2匹いただけで、まことに貧果であったが、最後の最後、オオブタクサに佃煮にするようにスケバハゴロモがいて嬉しくなった。

zaki-20150804-sukebahagoromo.jpg
<スケバハゴロモ>

<今日出会った主なもの>花/ノカンゾウ、ダイコンソウ、ツユクサ、ヘクソカズラ、イモカタバミ等。蝶/スジグロシロチョウ、ムラサキシジミ等。昆虫/タマムシ、ゴマフカミキリ、クロカナブン、カナブン、スケバハゴロモ、ベッコウハゴロモ、ササキリの幼虫等。
posted by 花虫とおる at 19:21| Comment(0) | 川崎市

2015年07月23日

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午前)

起床して外を見ると久しぶりに雨が降っている。農作物には、まこと良いお湿りである。午前中はずっと雨かなと思っていたが、午前10時を過ぎると止んだので、久しぶりに早野の里へ行った。先だって寺家ふるさと村で出会ったカード爺ちゃんによると、今この辺りでは早野の里が面白いとの情報を頂いたので気になっていたのだ。しかし、前回に比べ、これと言った特筆事項は加わっていなかった。ただ、コナラの樹液酒場が3か所もあって、カブトムシやカナブンが集まっていた。

zaki-20150723-kabutomushi-osu.jpg
<カブトムシの雄>

<今日出会った主なもの>花/ノカンゾウ、ムクゲ等。蝶/アカボシゴマダラ、クロヒカゲ等。昆虫/カブトムシ、カナブン、ベッコウハゴロモ、ササキリの幼虫等。
posted by 花虫とおる at 19:03| Comment(0) | 川崎市

2015年06月25日

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午前)

今日は何故か島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑の極旨ラーメン+ギョウザセットを食べたくなった。そこで何処へ行こうかなあと考えたが、寺家ふるさと村の昆虫横丁は今季不作だし、必ず知り合いに出会って観察及び撮影が中断されて落着かない。また、町田市三輪町は左程期待出来そうも無いので、ベストとは言い難いがまたしても早野の里となった。緑区に幸楽苑がオープンしてくれれば、余程の事が無い限り国道246を超えなくて済むのになあと思った。

zaki-20150625-kanabun.jpg
<カナブン>

そんな食べたいものを優先した為か、これといったものには巡り会わず、桐蔭学園の方まで足を伸ばしたが、カシルリオトシブミが見られた位であった。そこでハンノキ林の方へ行ったが、コナラ亭にカナブンがいたので保険として撮影した。次にキリの葉を確認したら、今日はクロタマゾウムシが3匹もいた。しかし、高い所の葉裏なので帽子に落ちて貰って、葉の表に這わせて撮る事にした。しかし、なかなか落ち着いてくれないので良い写真は得られなかった。

zaki-20150625-kurotamazomushi.jpg
<クロタマゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/オカトラノオ、ドクダミ、ツユクサ、イモカタバミ等。蝶/ジャコウアゲハ、ヒカゲチョウ、オオミドリシジミ等。昆虫/カナブン、ラミーカミキリ、クロタマゾウムシ、ヒメクロオトシブミ、カシルリオトシブミ、ルリクビボソハムシ、クロウリハムシ、セスジナガカメムシ等。鳥/キビタキ等。
posted by 花虫とおる at 18:34| Comment(0) | 川崎市

2015年06月16日

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午前)

今日は島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑の極旨ラーメン+ギョウザセットを食べたくなったし、午後は(仮称)チョウゲンの谷へ行くつもりだったから、自ずと行く先は途中にある早野の里と決まった。もちろん、寺家ふるさと村とも考えたが、四季の家が休館の日でも、必ず知り合いに出会って観察及び撮影が中断されて落着かないし、この時期の町田市三輪町は左程期待出来そうも無いので、ベストとは言い難いが、残ったのは早野の里という訳である。

zaki-20150616-tsuyukusa.jpg
<ツユクサ>

霊園内に車を停めて散策を開始すると、今日もオオミドリシジミの雌に出会った。かなり新鮮な個体なので、絵になる場所に止まってよと頑張ったが、頭上高く飛び去ってしまった。その後、ハンノキ林へ行ったが、キリの葉に小さな穴が開いていたのでクロタマゾウムシはいないかと探したが、クロウリハムシばかりで、小さな穴はクロウリハムシの食痕だったのだ。今日は貧果だなあと戻ったが、途中、ニイジマチビカミキリを見つけてほっとした。

michibatazukan-20150616-nijimachibikamikiri.jpg
<ニイジマチビカミキリ>

<今日出会った主なもの>花/ネジバナ、ニワゼキショウ、ドクダミ、ツユクサ、イモカタバミ等。蝶/ヒカゲチョウ、オオミドリシジミ、キマダラセセリ等。昆虫/ラミーカミキリ、ニイジマチビカミキリ、キイロトラカミキリ、ヒメクロオトシブミ、カシルリオトシブミ、コフキゾウムシ、ルリクビボソハムシ、アカガネサルハムシ、クロウリハムシ、マダラアシナガバエ等。鳥/キビタキ等。
posted by 花虫とおる at 18:43| Comment(0) | 川崎市

2015年06月10日

神奈川県川崎市麻生区早野の里

そろそろ島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑の極旨ラーメン+ギョウザセットを食べたくなったし、過去にマスダクロホシタマムシを撮っているので、久しぶりに早野の里へ行った。例によって車を聖地霊園内に停めて小道を降りて行ったが、オオミドリシジミの雌を見つけた。しかし、バックが爽やかな花虫流写真にはならなかったので諦めた。オオミドリシジミは落ち着きが無く、産卵場所を探していたのかもしれない。しかし、カシルリオトシブミが葉上に静止していたので撮影した。

zaki-20150610-nagame-yochyu.jpg
<ナガメの幼虫>

ハンノキ林へ歩みを進めると、入り口にあるコナラの樹液にヒカゲチョウがたくさん吸汁にやって来ていた。また、隣接する数本のクリの花を見詰めているカメラマンがなんと3人もいた。ゼフィルス狙いなのだろうが時期は過ぎたようで、キマダラセセリが吸蜜しているだけだった。今日の期待の炭焼き小屋周辺の伐採丸太では、ヤツメカミキリ、キイロトラカミキリ、ホソトラカミキリが見られたが、本命のマスダクロホシタマムシは丸太にもヒノキ林の下の葉上にも見られなかった。

zaki-20150610-kashiruriotoshibumi.jpg
<カシルリオトシブミ>

<今日出会った主なもの>花/ドクダミ、ツユクサ、イモカタバミ、ムラサキシキブ等。蝶/ヒカゲチョウ、オオミドリシジミ、キマダラセセリ等。昆虫/ラミーカミキリ、ヤツメカミキリ、キイロトラカミキリ、ホソトラカミキリ、ヒメクロオトシブミ、カシルリオトシブミ、コフキゾウムシ、アカガネサルハムシ、クロウリハムシ、ウリハムシ、ヤマトシリアゲ、ナガメの幼虫、ノコギリカメムシ、ハリカメムシ、マダラアシナガバエ等。
posted by 花虫とおる at 20:16| Comment(0) | 川崎市

2015年05月29日

神奈川県川崎市(仮称)ミドリシジミの里

昨日のNHKの天気予報は一日中曇り、ヤフーの天気予報では午後から雨とあったが、結果はヤフーに軍配が上がった。これまでもヤフーの天気予報の方が当たる事が多く、高い受信料を払っているNHKの方が外れる事が多い。まこと困った事である。ここ数日、安全保障関連法案が国会で審議されているが、答弁する安倍ちゃんはもちろんの事、この法案を理解している政治家や官僚がいるのだろうかと疑問に思う程のていたらくである。こんなんじゃ国民はもっと分からない。

zaki-20150529-murasakitsuyukusa.jpg
<ムラサキツユクサ>

今日は雨が降って来ても車にすぐ戻れる、観察場所までのアプローチの短い(仮称)ミドリシジミの里へ行った。例年、ミドリシジミマニアが集まって、のんびりと撮影出来ない所なのだが、今日はこんな天気予報だし誰もいないのではと期待したが、なんと5人も来ていて驚いた。また、ハンノキの生える湿地に踏み跡がかなりついていて眉をしかめた。目的のミドリシジミは発生していたが、開翅写真を撮るチャンスは一回あったものの、もたもたしていたら逃げられてしまった。

zaki-20150529-midorishijimi.jpg
<ミドリシジミ>

<今日出会った主なもの>花/ドクダミ、イモカタバミ、ムラサキツユクサ等。蝶/クロヒカゲ、ヒメウラナミジャノメ、ヒメジャノメ、モンシロチョウ、キチョウ、ミドリシジミ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ等。昆虫/ラミーカミキリ、ベニカミキリ、ヤサイゾウムシ、ヤマトシリアゲ、ジョウカイボン等。鳥/オオタカ、カワセミ等。その他/マグワの実、モミジイチゴの実等。
posted by 花虫とおる at 18:25| Comment(0) | 川崎市

2015年04月30日

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午前)

今日は薄曇りで散策及び写真撮影には最高の天気となった。こんな日は何処へ行っても良いのだが、島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑の、ちょいとお高いが810円のネギラーメン+チャーハンセットを無性に食べたくなった。そこで同店に至近距離の早野の里へ久しぶりに行った。いつもの場所に駐車して散策を開始すると、ツリバナやコバノガマズミが咲いていた。ツリバナは先だっての観察会で撮っているのだが、今一の出来だったので、もう一度慎重に撮影した。

zaki-20150430-yamatsutsuji.jpg
<ヤマツツジ>

また、エビヅルの葉に今季初見の美麗なアカガネサルハムシが這っていたが、良い場所では無かったので草の茎でお尻を押すと、ポロリと落下してしまった。その後、野の花横丁へ寄ったが、咲き残りのイチリンソウが清楚に咲いていた。もちろんハンノキ林へ歩みを進めたが、キリの葉上にクロタマゾウムシを見つけたものの、余りにも高過ぎた。そこで低木の葉上でアカハバビロオオキノコムシやマルムネジョウカイを撮り、満開のヤマツツジもカメラに納めて引き返した。

zaki-20150430-marumunejokai.jpg
<マルムネジョウカイ>

<今日出会った主なもの>花/イチリンソウ、アカバナユウゲショウ、ナガミヒナゲシ、カラスノエンドウ、イモカタバミ、ヤマツツジ、コバノガマズミ等。蝶/クロアゲハ、クロヒカゲ、スジグロシロチョウ、ベニシジミ等。昆虫/アカガネサルハムシ、アトボシハムシ、クロボシツツハムシ、アカハバビロオオキノコムシ、ヒメクロオトシブミ、クロタマゾウムシ、キクスイカミキリ、ジョウカイボン、マルムネジョウカイ等。
posted by 花虫とおる at 19:07| Comment(0) | 川崎市

2015年03月27日

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午前)

今日は20度近くに気温が上がるという。いよいよ春本番が間近となり、2年間お世話になった2450円のカストロコートに手を合わせてからゴミに出した。もっと値段が高いものでも良いのだが、近場で売っていないのだから仕方が無い。もう少し上等のものを手に入れたいのなら、ネットで見つけたらと言われそうだが、衣類は着用してみないと後悔する。何処か雪の多い地方都市にでも行って見つけるのも一法なのだが、そんな事をしたら数着分の旅費がかかってしまう。

zaki-20150327-aburachan-obana.jpg
<アブラチャンの雄花>

今日は昨日散策した町田市三輪町と鶴見川を挟んで反対側の早野の里へ行った。まずは桐蔭学園側へ行って見たが、途中の野の花横丁にナガバノスミレサイシンや園芸品種のバイモが咲いていた。バイモはアミガサユリとも呼ばれ中国が原産地である。期待した桐蔭学園側では、これといった被写体は無くマユミの芽吹をカメラに納め、ハンノキ林へ踵を返した。しかし、ここでもこれといった被写体は無く、民家の垣根に植栽されているアブラチャンの雄花を撮った。

zaki-20150327-mayumi-mebuki.jpg
<マユミの芽吹>

<今日出会った主なもの>花/タチツボスミレ、ナガバノスミレサイシン、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、アブラチャン、キブシ、ハナモモ、スモモ、ベニスモモ、レンギョウ、チョウセンレンギョウ、コブシ、バイモ等。蝶/テングチョウ、キタテハ、モンキチョウ、スジグロシロチョウ等。昆虫/コガタルリハムシ、アシブトハナアブ等。
posted by 花虫とおる at 18:45| Comment(0) | 川崎市

2015年02月22日

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午後)

朝起きて外を見ると天気予報通り雨が降っていた。そこで朝食後に布団にUターンし、日頃の疲れを癒したが、再び目覚めると雨は止んでいた。そこで、久しぶりに鴨志田町のラーメン屋「清龍」の800円とちょいとお高いが、半ラーメン+ミニ中華丼セットを食べたくなったので出発した。昨日記したように「嘉門」が休業中で、本格的な中国人による料理が食べれなくなっている。日本人が作ったものとは微妙に味が異なるのだ。しかし、「清龍」の中華丼はとても美味しい。

zaki-20150222-akinire-yokon.jpg
<アキニレの葉痕>

昼食後は、朝寝をしたので昼寝は割愛して早野の里へ行った。今日は、前回かなり成果が上がった桐蔭学園に隣接する植木屋さんの畑へ行った。まずは紅梅を見に行ったが、早くも満開となっていたが絵になる小枝はなかった。そこでサンシュユを撮ろうと歩き始めると、アキニレの木が一本あるのに気づいた。近づいて葉痕を見ると、とっても可愛いアキ坊がいたのでカメラに納めた。その後、咲き始めたサンシュユを予定通り撮って車に戻った。

zaki-20150222-sanshyuyu.jpg
<サンシュユ>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、サンシュユ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ等。
posted by 花虫とおる at 19:19| Comment(0) | 川崎市

2015年02月02日

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午前)

今日も3日連続で風がとても強い。北海道の知床半島沖に発達した低気圧があって、動きがとても遅いようなのだ。この為、北海道はもちろん東北地方も大荒れの天気で、まこと北国雪国に住む方々の冬の厳しい生活がしのばれる。「風が強いなあ、写真撮影には不向きだなあ」等とぼやいていたら、何を贅沢言っているんだと叱られそうである。関東地方の海沿いに位置する横浜は、気候的には温暖だなあといつも感じている。しかし、何処だって住めば都に違いない。

zaki-20150202-awabuki-fuyume.jpg
<アワブキの冬芽>

今日も行く当てが無かったが、スミナガシやアオバセセリの食樹であるアワブキの冬芽を撮ろうと早野の里へ行った。いつもの様に早野聖地霊園に車を停めたが、墓地を広げる為に重機のエンジン音が響いていて眉をしかめた。目的のアワブキの冬芽はすぐにカメラに納まったので、今日はあまり足を運ばない桐蔭学園に隣接する丘へ行った。陽当たりが良いのでかなり紅梅が咲いていたが絵にならず、ほんのちょっぴり黄色い花弁がのぞくサンシュユの蕾を撮った。

zaki-20150202-sanshyuyu-tsubomi.jpg
<サンシュユの蕾>

<今日出会った主なもの>花/ソシンロウバイ、ウメ、ツバキ等。
posted by 花虫とおる at 18:31| Comment(0) | 川崎市

2014年12月15日

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午前)

当選を決めた自民党の小泉進次郎氏は「熱狂なき選挙であり、熱狂なき圧勝だった」と語ったと新聞に載っていた。まこと今回の選挙は白けきっていて、投票率は52%と戦後最低を記録した。選挙前の予想通りに与党の圧勝で、当選者も変わり映えしない。なんの為の選挙だったのと問われれば「安倍ちゃんが信任され、長期政権が確立した選挙」と位置づけられるのだろう。おぼっちんと思っていたが、一度挫折しているからか、なかなかのしたたか者であった。

zaki-20141215-oodemari-yokon.jpg
<オオデマリの葉痕>

今日は朝こそ寒かったが風も無くぽかぽか陽気、何処へ行っても同じとばかりに久しぶりに早野の里へ行った。まずは例によってジャコウアゲハの蛹を探したが皆無で、やはり少々早かった草刈りの影響である。ほんの少しある手摺にも昆虫の姿は無く、農耕地へ降りて行ってオオデマリの葉痕をカメラに納めた。その後、ハンノキ林へ歩みを進めたが、ジョウビタキの雌がいた位でこれといった被写体は無く、そこでまた農耕地へ引き返してマサキの実を撮った。

zaki-20141215-masaki-mi.jpg
<マサキの実>

<今日出会った主なもの>昆虫/キイロテントウ、ハラビロカマキリの卵のう等。鳥/ジョウビタキの雌等。その他/マサキの実、ピラカンサの実、ツルウメモドキの実、ヘクソカズラの実等。
posted by 花虫とおる at 19:20| Comment(0) | 川崎市

2014年12月10日

神奈川県川崎市宮前区東高根森林公園(午前)

昨日、お馴染みの吉野家の牛丼の並盛が、なんとなんと300円(税込)から380円(税込)に値上げされるという衝撃的なニュースが流れた。干ばつの影響で米国産牛肉の出荷量が激減し、更に、アジアの新興国を中心に牛肉の需要が世界的に急増した事が第一の要因のようである。もちろん、アベノミクスによる円安の影響も大きい。お財布が軽くなったら牛丼屋へ、なんだかそんなセオリーも消えてしまいそうな大幅値上げである。また、これから益々景気が悪くなりますよとの狼煙のようで、かなり憂鬱になった。

zaki-20141210-kihada-yokon.jpg
<キハダの葉痕>

今日は先だっての道端自然観察会で見られたサホコカゲロウの雄に、もう一度出会ってばっちり写真に納めたいと東高根森林公園へ行った。しかし、長い手摺に這っている昆虫は先だってに比べるとかなり少ない。極小のヨコバイやキジラミ、シロスジショウジョウグモやウロコアシナガグモ等が見られる程度であった。しかし、時間が経てば気温が上がって、もう少し大物が見られるのではと期待したが、左程ではなかった。もちろん、「サホコカゲロウやーい!」と、湿性植物園の方にも足を伸ばしたが見つからなかった。

zaki-20141210-nekohaetori.jpg
<ネコハエトリ>

<今日出会った主なもの>昆虫/テントウムシ、ムーアシロホシテントウ、キイロテントウ、クヌギカメムシ、ツヤアオカメムシ、クロスジフユエダシャク等。鳥/カワセミ、シジュウカラ、コゲラ、カルガモ等。その他/ネコハエトリ、シロスジショウジョウグモ、ウロコアシナガグモ、ムラサキシキブの実等。
posted by 花虫とおる at 18:56| Comment(0) | 川崎市

2014年12月06日

神奈川県川崎市宮前区東高根森林公園

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。12月に入ると昆虫の姿は益々減ずるのだが、東高根森林公園の延々と続く手摺には何かしらの昆虫が這っている。今日も手摺昆虫観察から始めだが、まずはとっても綺麗なサホコカゲロウの雄が見つかった。ネットで調べてみると左程珍しい虫では無いようだが初見となった。この他、クヌギカメムシ、ミナミトゲヘリカメムシ、アオクサカメムシ、各種のテントウムシや極小のゾウムシも2種類程見つかった。もちろん、コミミズクの幼虫が這っていた事は言うまでもない。

zaki-20141206-sahokokagero-osu.jpg
<サホコカゲロウの雄*2本の長い尾は切れています>

一通り手摺昆虫観察が終わると、尾根上の花木広場から古代植物園へ行った。まずはサクラの幹に木の皮や幹につく地衣類に擬態しているキノカワガが見つかった。これまた久しぶりである。次に去年と同じくクワの木で小枝に擬態するクワエダシャクの幼虫も見つかった。これからの季節は昆虫の姿は見られないのだが、その気になって探せば、卵、幼虫、蛹、成虫の形で何処かで越冬しているのである。その後、日溜りで昼食をとり、湿性植物園に降りて行き、例年通り華屋与兵衛での忘年お茶会で身体と心を温めた。

zaki-20141206-komimizuku-yochyu.jpg
<コミミズクの幼虫>

<今日出会った主なもの>蝶/ゴマダラチョウの幼虫等。昆虫/テントウムシ、ムーアシロホシテントウ、キイロテントウ、クヌギカメムシ、ミナミトゲヘリカメムシ、アオクサカメムシ、サホコカゲロウ、カネタタキ、キノカワガ、クロスジフユエダシャク、クワエダシャクの幼虫等。鳥/エナガ、カケス、コゲラ、カルガモ等。その他/ムラサキシキブの実、マユミの実等。
posted by 花虫とおる at 20:01| Comment(0) | 川崎市

2014年11月08日

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午前)

今日はどんよりと曇っていて寒い。北国なら粉雪が舞うような天気である。そこで、今季初めて薄手の防寒コートを着て出発した。いつ雨が降って来ても車に逃げ込めるように、貧果必至だが早野の里へ行った。散策を開始して聖地公園内の手摺を見て回ったが、なにも這っていなかった。例年なら、お腹をぱんぱんに膨らませたクヌギカメムシが見られるのだが、いったいどうした訳だろう。今年は残暑といえる程の暑さが無かったので、それが影響しているのかもしれない。

zaki-20141108-benibanaborogiku.jpg
<ベニバナボロギク>

農耕地に降りて行くと、恒例の背が高いコウテイダリアが咲き始めていた。むろん各種の小菊が民家の庭先を彩っている。ハンノキ林に歩みを進めると、綺麗とは言い難いが独特な咲き方のベニバナボロギクをカメラに納めた。湿地に沿った手摺には、ハラビロカマキリ、テントウムシ、キイロテントウ、コミミズク等が這っていたが、今一撮る気が起きない。そこで尾根に上がってクサギやコバノガマズミの実を撮り、コウヤボウキもと欲張ったが、良い絵柄は得られなかった。

zaki-20141108-kobanogamazumi-mi.jpg
<コバノガマズミの実>

<今日出会った主なもの>花/ベニバナボロギク、タイアザミ、カントウヨメナ、コセンダングサ、ハキダメギク、コウヤボウキ等。蝶/ヤマトシジミ等。昆虫/テントウムシ、キイロテントウ、ツマグロオオヨコバイ、コミミズクの幼虫、ハラビロカマキリ等。その他/ガマズミの実、コバノガマズミの実、ヤブムラサキの実、ムラサキシキブの実、ゴンズイの実、クサギの実、ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 18:16| Comment(0) | 川崎市

2014年10月30日

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午前)

今日も相変わらずの雲一つない晴天、しかし、明日からはぐずついた天気になるという。こうなったら頑張らなくてはと思ったが行く当てが浮かばない。そこで、昼飯は何が食べたいと自問自答してみたら、島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑のネギラーメン+チャーハンセットですねとの結論に至った。なんと税込で810円となる。昨日は500円のワンコインですませたのに仕方が無い。昼食が幸楽苑と決まったので、散策先はおのずと至近距離の川崎市の早野の里となった。

zaki-20141030-kobanogamazumi-mi.jpg
<コバノガマズミの実>

いつもの場所に車を停めて、まずはジャコウアゲハの蛹を見に行ったが見当たらず、草刈り後に伸び始めたウマノスズクサを確認したが幼虫は見当らなかった。そんな訳で、今冬のジャコウアゲハの蛹は皆無となる事に決定した。次に、ほんの少しある霊園内の手摺昆虫観察を行った。なにしろ「へなちょこ」さんが、東高根森林公園で念願のシギゾウムシを見つけたらしいので、それなら私もという訳なのだが、居たのは、ネコハエトリ、テントウムシ、ウスキホシテントウのみであった。

zaki-20141030-yabumurasaki-mi.jpg
<ヤブムラサキの実>

ネコハエトリは大きな真ん丸目でこちらを見詰めていたので、撮るしかありませんねとカメラに納めた。その後、緑区や都筑区では見られない、コバノガマズミの実とヤブムラサキの実を撮ろうと探してみた。ヤブムラサキの実は不作の様だったが、コバノガマズミはたわわに実っていた。そんな訳でカメラの中はかなり賑やかになったが、花と虫を追加せねば「花虫とおる」にならないとうろちょろしたのだが、アキアカネが日向ぼっこをしている位で目的を果たせなかった。

zaki-20141030-nekohaetori.jpg
<ネコハエトリ>

<今日出会った主なもの>花/タイアザミ、カントウヨメナ、イヌタデ、コセンダングサ、セイタカアワダチソウ、イモカタバミ、コウヤボウキ等。蝶/モンシロチョウ、キチョウ、ベニシジミ等。昆虫/テントウムシ、ウスキホシテントウ、ツマグロオオヨコバイ、アキアカネ等。その他/ネコハエトリ、ガマズミの実、コバノガマズミの実、ヤブムラサキの実、ムラサキシキブの実、ゴンズイの実、クサギの実、ツルウメモドキの実、ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 18:15| Comment(0) | 川崎市

2014年10月19日

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午後)

昼食は予定通り幸楽苑にてとったが、ここのネギラーメンと餃子だけは皆様に自信をもってお勧め出来る。その後、健康昼寝を早野の里の田んぼで貪り、目覚めた後に辺りを見回すと、モズの雄が止まっていたのでカメラに納めた。ここ数年同じポイントで撮影しているが、家庭菜園だから農薬が少なくモズの餌となる昆虫類が多いのだろう。その後、横浜動物の森公園にジョウビタキが入ったとの事だったので、ジョウビやーいと探したが、残念ながら発見出来なかった。

zaki-20141019-mozu-osu.jpg
<モズの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/モズ、ハクセキレイ等。
posted by 花虫とおる at 19:23| Comment(0) | 川崎市

2014年10月07日

神奈川県川崎市麻生区早野の里

昨日通過した台風18号は事前の予測に比べると首都圏では左程の被害は無かったようだが、静岡県では豪雨による浸水被害、また、横浜市や鎌倉市で土砂崩れが起こったようである。被害に遭われた方には、まこと手を合わせるのみである。天気図を見ると台風19号も日本列島をうかがっていて、来週の初めには何らかの影響が出そうである。それにしても、地震、火山噴火、台風等、日本列島は天災列島だなあとつくづくと感ずる。一度事故が起こったら取り返しがつかなくなる原発は、やはり止めた方が良いのではなかろうか。

zaki-20141007-okura.jpg
<オクラ>

今日は昨日の寺家ふるさと村でコノシメトンボがかなり見られたから、鶴見川を挟んで反対側の早野の里にもいる筈と期待したが、アキアカネが見られただけだった。そこで貧果が予想されるので、農家の畑に咲いていたオクラの花をカメラに納めた。その後、ハンノキ林の方を覗いて見たが、メナモミが咲いていたので嬉しくなった。最後に、前回撮影したジャコウアゲハの蛹はどうなったかなと行ってみたが、残念な事に無くなっていた。草刈り後にウマノスズクサがまた生え出したが、母蝶はもういない筈だから、今冬の越冬蛹は観察出来そうもない。

zaki-20141007-menamomi.jpg
<メナモミ>

<今日出会った主なもの>花/カシワバハグマ、コウヤボウキ、メナモミ、カントウヨメナ、タイアザミ、ミゾソバ、アメリンセンダングサ、コセンダングサ、ツユクサ、イモカタバミ等。蝶/キタテハ、モンシロチョウ、モンキチョウ、ベニシジミ等。昆虫/アキアカネ、ツマグロオオヨコバイ、ツチイナゴ等。その他/ガマズミの実、ゴンズイの実等。
posted by 花虫とおる at 14:58| Comment(0) | 川崎市

2014年09月22日

神奈川県川崎市麻生区早野の里

今日も昨日に引き続いて雲一つない晴天だが、台風16号が北上していて、水曜日から天気が悪くなりそうである。今日も「アカトンボやーい」と何処へ行こうか考えたが、吉野家の「牛バラ野菜焼定食」50円割引券の有効期限が迫っている事だし、早野の里へ行く事に決めた。今日は平日だからお墓参りの方は少なかろうと思ったのだが、早野聖地霊園にはかなりの墓参の方がみえていた。まずは、例によってジャコウアゲハの幼虫が見られるウマノスズクサが生える芝地に行ったが、なんとなんとすっかり草刈りがなされていた。しかし、成長が早かったのか、蛹が一つ見つかってほっとした。

zaki-20140922-nosasage.jpg
<ノササゲ>

その後、昆虫横丁、野の花横丁へと歩みを進めたが被写体は少なく、ノササゲが撮り易い場所に咲いていたのでカメラに納めた。その後、農耕地の畑に挿してある棒の先に注意して歩いたが、アキアカネがまばらに止まっているだけだった。例年だと今の時期は満席なのだが、まだ舞い戻っていない個体が多いのだろうか、それともアキアカネの不作の年なのだろうかと不思議に思った。更に、ハンノキ林へ行って見たが、これといった花も昆虫も見られなかったが、キバナコスモスにミドリヒョウモンが飛来しいた。また、谷戸の奥では、エゴノキの実を食べにヤマガラがひっきりなしに往復していた。

zaki-20140922-jakoageha-sanagi.jpg
<ジャコウアゲハの蛹>

<今日出会った主なもの>花/ヤマホトトギス、タイアザミ、ヒガンバナ、ヤマハッカ、ツユクサ、ヌスビトハギ、フジカンゾウ、ノササゲ、トキリマメ、ヤブマメ、ヤマハギ等。蝶/ジャコウアゲハの蛹、アカボシゴマダラ、ミドリヒョウモン、モンシロチョウ等。昆虫/クロウリハムシ、アキアカネ、ツマグロオオヨコバイ、ヤマトシリアゲ、ヤブキリ、オンブバッタ、ツチイナゴの幼虫等。鳥/ヤマガラ等。
posted by 花虫とおる at 18:00| Comment(0) | 川崎市

2014年06月01日

神奈川県川崎市麻生区早野の里

今日も晴天、しかも昨日より気温が上がると予報されている。まこと嫌になってしまう。木陰の散歩道と言ったって、そんなにある訳では無いので同じ所ばかりではと、早野の里へ行った。霊園に路駐して木陰の下草を見て回ったら、すぐにミズイロオナガシジミが飛び出したが、梢高くに消えてしまった。近頃は虫ばかりだったので、アカバナユウゲショウをカメラに納め、絵になる場所に止まっていたキスジホソマダラも撮影した。そんな訳で、早くもブログアップの為の写真は確保出来た。

zaki-20140601-akabanayugesho.jpg
<アカバナユウゲショウ>

次に野の花横丁へ降りて行ったが、狭間期なのかこれといった花は無く、ハンノキ林に足を進めると、愛護会広場の焚火跡に発生したばかりのヒオドシチョウがいて嬉しくなった。しかし、証拠写真と近づいたら飛び立って炭焼き小屋の中に消えてしまった。ハンノキ林周辺や谷戸奥では、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ、そして発生したてのミドリシジミも1頭だが見られた。しかし、みんな絵にならない所ばかりで、しかも天気が良いから近づくと逃げられてしまった。

zaki-20140601-kisujihosomadara.jpg
<キスジホソマダラ>

<今日出会った主なもの>花/ヤブムラサキ、スイカズラ、クリ、ドクダミ、オカタツナミソウ、アカバナユウゲショウ、ニワゼキショウ、カタバミ、ムラサキカタバミ、アカツメクサ等。蝶/アゲハ、ジャコウアゲハの幼虫、ヒオドシチョウ、キタテハ、アカボシゴマダラ、コミスジ、テングチョウ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ、ミドリシジミ、ルリシジミ等。昆虫/ラミーカミキリ、ヒゲナガハナノミ、キスジホソマダラ等。
posted by 花虫とおる at 18:48| Comment(0) | 川崎市