2017年04月05日

東京都町田市(仮称)コツバメの里(午後)

 昨日は早野の里へ行ったが木が伐採されていNOアブラチャンに終わった。そこで、また行くしかありませんねと(仮称)コツバメの里へ足を運んだ。アブラチャンは逃げたりしないので、まずはコツバメのポイントへ行った。今日も1頭だが見られたものの、背景が悪くて消去の運命となった。その後、待てども現れず、やはり午前中でなくては駄目だなと思った。そこで、引き返して植栽だがアブラチャンを撮りに行った。会心の出来とは言えないものの、まあ良いでしょうと引き上げた。

zaki-20170405-aburachan.jpg
<アブラチャンの雌花>

<今日出会った主なもの>花/アブラチャン、ソメイヨシノ、ニリンソウ等。蝶/ルリタテハ、キタテハ、スジグロシロチョウ、ルリシジミ、ベニシジミ、コツバメ、ミヤマセセリ等。
posted by 花虫とおる at 20:02| Comment(0) | 町田市

2017年04月03日

東京都町田市(仮称)コツバメの里(午前)

 町田市在住のお仲間がコツバメを激写しているので、撮りに行かねばなりませんねと(仮称)コツバメの里へ行った。それに今日は薬師池公園にて開かれている鳥撮り仲間の写真展の最終日なので、どうしても町田市まで出張せねばならなくなったのだ。その昔、掲示板に投稿のある織姫さんのお師匠さんで、私も道保川公園にてトラツグミやルリビタキを撮らせてもらった。その後もお世話になって、アオバズク、ツミ、オオアカハラ等も初撮りする事が出来た。

zaki-20170403-someiyoshino.jpg
<ソメイヨシノ>

 そんな訳で、今日は久しぶりに午前中から出発した。まずは第1ポイントへ行ってみたが、コツバメの姿は無く、スジグロシロチョウやルリシジミが舞っていた。木々の花ではソメイヨシノとアブラチャンが咲いていたのでカメラに納めた。その後、第2のポイントに移動したが、有難い事に2頭のコツバメが見られた。色々な場所に止まってポーズをとってくれたが、正面からの顔の写真も面白いので撮ってみた。本当に身体は毛むくじゃらだなあと微笑んだ。

zaki-20170403-kotsubame.jpg
<コツバメ>

<今日出会った主なもの>花/アブラチャン、ソメイヨシノ、ニリンソウ等。蝶/キアゲハ、キタテハ、スジグロシロチョウ、ルリシジミ、ベニシジミ、コツバメ等。
posted by 花虫とおる at 20:23| Comment(0) | 町田市

2017年01月22日

東京都町田市薬師池公園(夕方)

 予定通り参加者10名の作品を駐車場で手渡して貰って時間が余ったので、少し散策して見ようと薬師池公園内に歩みを進めた。すると人を恐れないジョウビタキの雄が居て嬉しくなった。また、ルリビタキの雌やカワセミが見られ、やはり薬師池公園は流石だなあと感じた。そこで、もう何年も遊ばせてくれたルリビタキの雄は飛来していないかとポイントへ行ってみたが、笹等が刈られていて綺麗さっぱり、これでは隠れる所が無いから来ないなあと引き返した。

zaki-20170122-jobitaki-osu.jpg
<ジョウビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、ジョウビタキの雄、ルリビタキの雌、キンクロハジロ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:37| Comment(0) | 町田市

2016年11月14日

東京都町田市薬師池公園(夕方)

 かなり時間が余ったので、モミジの美しい薬師池公園へ行ってモミカワ(紅葉したモミジの枝に止まるカワセミ)を撮ろうと車を走らせた。途中、ダイソーに寄って健康には余り良くないが、108円のスナック菓子の詰め合わせを買った。薬師池公園に到着すると紅葉は思った以上に進んでいて、カワセミもすぐ現れて、竹の棒の先に止まってくれた。そこで、有難うさんと激写した。その後、モミジの枝に止まってよと粘ったが願いは叶わず、雨が降り出したので引き上げた。

zaki-20161114-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、キンクロハジロ等。
posted by 花虫とおる at 18:45| Comment(0) | 町田市

2016年10月27日

東京都町田市三輪町(午後)

 今日も朝から晴れ、気温は低目で快適な散策日和となった。しかし、花も昆虫も本当に少なくなったので、何処へ行っても被写体不足である。そんな訳で貧果必至だけれど、昨日散策した早野の里と鶴見川を挟んで反対側になる町田市三輪町へ行った。いつもの場所に車を停めると、相変わらずコセンダングサに、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、キタテハ、ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモン、ウラナミシジミ等がやって来ていたが、絵になるようには止まってくれない。

zaki-20161027-tsukubatorikabuto.jpg
<ツクバトリカブト>

 そこで左手の谷戸に入って行くと、サツマイモの葉はすっかり毛虫に食べられていた。また、季節外れのジャガイモの花が咲いていてにんまりした。サツマイモにしてもジャガイモにしても南アメリカ原産の栽培植物である。もしもサツマイモやジャガイモが無かったとしたら、とても貧弱な食生活になった事だろう。その後、右手の谷戸にも寄ってみたが、これといった被写体は無く、こうなったらツクバトリカブトですねとポイントへ急いだら美しく咲いていた。

zaki-20161027-tokirimame-mi.jpg
<トキリマメの実>

<今日出会った主なもの>花/ツクバトリカブト、ノハラアザミ、コセンダングサ、セイタカアワダチソウ等。蝶/クロコノマチョウ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、キタテハ、ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモン、ウラナミシジミ等。昆虫/アキアカネ、ツマグロオオヨコバイ等。その他/トキリマメの実、ヒヨドリジョウゴの実等。
posted by 花虫とおる at 18:08| Comment(0) | 町田市

2016年10月11日

東京都町田市三輪町

 今日も陽が射す時があると予報されていたが、昨日と同様、曇っていて気温がかなり低い。しかし、午後になれば明るくなるのではと期待して、町田市三輪町へ行った。コセンダングサに吸蜜する各種の蝶を撮りたいと思ったのだ。コセンダングサがたくさん咲いている空き地に行くと、モンキチョウ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、ヒメアカタテハ、キチョウ、ツマグロヒョウモン、ウラナミシジミ、イチモンジセセリ等が見られたが、良い場所に止まってくれない

zaki-20161011-hototogisu.jpg
<ホトトギス>

 そんな訳で、かなり粘ったものの諦めて、保険として赤トンボでも撮ろうと左手の谷戸へ歩みを進めると、キジバト位の大きさの鳥が畑から飛び立って鉄パイプに止まった。ちょいと細身なのでもしやホトトギスと思ったらそうであった。どうやらサツマイモの畑に毛虫が大発生していて、それを狙ってやって来たようである。ホトトギスに会うのは久しぶりで、電柱や電線等に止まってくれ、しかもフレンドリーだったので、キヤノンG3Xの600ミリでも撮影出来た。

zaki-20161011-akiakane.jpg
<ナツアカネの雌>

<今日出会った主なもの>花/ノハラアザミ、ヤブマメ、コセンダングサ等。蝶/モンキチョウ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、キチョウ、ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモン、ウラナミシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/アキアカネ、ナツアカネ等。鳥/ホトトギス等。
posted by 花虫とおる at 18:35| Comment(0) | 町田市

2016年10月05日

東京都町田市三輪町(午後)

 今日は時折小雨がぱらつくという変梃りんな天気であったが、またまたなんとかなるのではないかなと出かけた。港北ニュータウンに入ると町田市方面の空が明るいので、迷わず三輪町へ行った。いつもの場所に車を停めたが、草原にコセンダングサがたくさん生えていて、モンキチョウ、モンシロチョウ、キチョウ、ツマグロヒョウモン、ウラナミシジミ等がやって来ていた。そこで、かなり粘って背景がすかっと抜ける花に止まるモンキチョウをゲットした。

zaki-20161005-noharaazami.jpg
<ノハラアザミ>

次に左手の畑となっている谷戸へ歩みを進めたが、竹の棒の先には、マユタテアカネ、アキアカネ、ナツアカネ、コノシメトンボが止まっていた。道端自然観察を再開してからネキトンボを探しているのだが、今日もお目にかかれなかった。そこで、たくさん咲いているノハラアザミをカメラに納めた。その後、右手の寺家ふるさと村に通ずる谷戸へ行ったが、クサギの葉にクサギカメムシがいた位で、様々な昆虫が見られる季節は過ぎ去ったようである。

zaki-20161005-monkicho.jpg
<モンキチョウ>

<今日出会った主なもの>花/ヤブツルアズキ、キクイモ、ノハラアザミ、ヤブマメ、コセンダングサ等。蝶/モンキチョウ、モンシロチョウ、キチョウ、ツマグロヒョウモン、ウラナミシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/クサギカメムシ、マユタテアカネ、アキアカネ、ナツアカネ、コノシメトンボ等。
posted by 花虫とおる at 18:07| Comment(0) | 町田市

2016年05月14日

東京都町田市大地沢

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。しかし、数日後の17日に入院、18日に手術を控えている身にとって、今一いつも通りの元気が出ない。集合場所の駐車場で参加者の方々に集まって貰って、経緯を話した事は言うまでも無い。その後、皆さんからの暖かい励ましを頂いてから、まずは相模原市側の谷戸から散策を開始した。今年は季節の進み具合が早いので、ウスバシロチョウは盛期を過ぎていたが、それでも軽やかに飛んでいてほっとした。

zaki-20160514-togaribaakanetorakamikiri.jpg
<トガリバアカネトラカミキリ>

次なる目的のオトシブミ類は、ヒゲナガオトシブミ、ヒメコブオトシブミ、ルリスアシナガオトシブミ、カシルリオトシブミが見られ、ドロハマキチョッキリの揺籃もぶら下がっていた。また、午後の散策でアシナガオトシブミも観察出来たので、合計6種類となった。もちろん今日は見られなかったが普通種のヒメクロオトシブミも居るだろうから、大地沢はまことオトシブミ天国である。その他では、伐採丸太に美麗なトガリバアカネトラカミキリが這っていて嬉しくなった。

zaki-20160514-himekobuotoshibumi.jpg
<ヒメコブオトシブミ>

昼食はバーベキューを楽しむ方がたくさんいたので、隣接する木陰のベンチでとったが、キビタキの囀りに囲まれての楽しい一時となった。名物であるジャケツイバラは丁度見頃で美しかった。午後からの散策では、アサギマダラの蛹を見に行ったが、今年は蝶好きのご夫婦の参加もあって、かなり見つかった。また、数は少なかったがハンミョウも地面に這っていた。最後に伐採丸太置き場で、オオゾウムシが見つかり、みんなで大いに楽しんだ。

zaki-20160514-higenagaotoshibumi-2.jpg
<ヒゲナガオトシブミ>

<今日出会った主なもの>花/タツナミソウ、オカタツナミソウ、キンポウゲ、セリバヒエンソウ、ハルジオン、アヤメ、マルバウツギ、ジャケツイバラ等。蝶/アオスジアゲハ、オナガアゲハ、ウスバシロチョウ、アサギマダラの蛹、サカハチチョウ、ヒオドシチョウの前蛹、テングチョウの蛹、ダイミョウセセリ、コチャバネセセリ等。昆虫/トガリバアカネトラカミキリ、ハンミョウ、ジョウカイボン、アオハムシダマシ、アシナガオトシブミ、ヒゲナガオトシブミ、ヒメコブオトシブミ、ルリスアシナガオトシブミ、カシルリオトシブミ、ドロハマキチョッキリの揺籃、オオゾウムシ、シロオビアカアシナガゾウムシ、アトボシハムシ、イタドリハムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、カワトンボ、シオヤトンボ、シオカラトンボ、ダビドサナエ、ノミバッタ、ヒシバッタ等。鳥/キビタキ、ガビチョウ、ウグイス等。その他/モリアオガエルの卵等。
posted by 花虫とおる at 20:17| Comment(0) | 町田市

2016年03月29日

東京都町田市三輪町(午前)

今日は朝から上天気、もう一度コツバメを撮ろうと三輪町へ行った。まずは第1のポイントへ寄ったが、2頭見られたものの、カラスノエンドウやヒメオドリコソウ等の背の低い草に止まって、なかなか良い写真が得られない。そこで第2のポイントへ急いだが、誰も居なくて、しめしめとほくそ笑んだ。しかし、コツバメは1頭と少なかったが、気の良い個体がいて、ニリンソウや枯草に止まってくれた。午前11時を過ぎると姿を現さなくなり、なんとなんと大きな捕虫網を持った早朝会の爺さんが3人も現れた。もちろん、かっと睨みつけて引き上げた。何故に動植物採集禁止の立札を立てないのだろう。まこと不思議なフィールドである。

zaki-20160329-kotsubame-1.jpg
<コツバメ>

<今日出会った主なもの>花/ナガバノスミレサイシン、ニリンソウ、オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、アブラチャン、キブシ、コブシ、ヨコハマヒザクラ等。蝶/コツバメ、ルリシジミ、ミヤマセセリ、テングチョウ、ヒメアカタテハ、キタテハ等。昆虫/ビロードツリアブ等。
posted by 花虫とおる at 19:12| Comment(0) | 町田市

2016年03月22日

東京都町田市三輪町(午前)

今日は朝からスッキリと晴れたので、町田市三輪町へコツバメを探しに行った。この辺りや寺家ふるさと村には大きな捕虫網を振り回す早朝会の爺さん達が出没するので、出会うとまこと気分が悪くなる。去年は耐え切れずに「採集しないで欲しい」と言ったのだが、馬耳東風でせせら笑うのみであった。今日は有難い事に誰も居なかったが、コツバメの姿も去年よりだいぶ少なかった。早々採集されてしまったのかもしれない。それでも何とかカメラに納める事が出来てほっとした。しかし、正午近くに大きな捕虫網を持った早朝会の爺さんが現れたので、無言で蔑視の目線を投げかけて引き返した。

zaki-20160322-kotsubame.jpg
<コツバメ>

<今日出会った主なもの>花/ニリンソウ、オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、アブラチャン、キブシ、コブシ、モミジイチゴ等。蝶/コツバメ、ルリシジミ、ミヤマセセリ、テングチョウ、ヒメアカタテハ、ルリタテハ、キチョウ等。昆虫/ビロードツリアブ等。
posted by 花虫とおる at 19:01| Comment(0) | 町田市

2015年12月29日

東京都町田市三輪町(午前)

例年に比べれば暖かいが、それでもかなり寒い朝となった。何を撮ろうかなあ、何処へ行こうかなあと考えても、これといったものが思い浮かばない。そこで、久しぶりに町田市三輪町へ行ってみた。いつもの谷戸入り口の広場に路駐したが、ホトケノザが咲いている草原に霜が降りていた。もっとも、畑に霜柱が立っていないので、それ程の寒さでは無かったのだろう。まずは左手の谷戸へ歩みを進めたが、これといった被写体が無いので、植栽のテウチグルミの葉痕を撮影した。

zaki-20151229-teuchigurumi-yokon.jpg
<テウチグルミの葉痕>

次にUターンして右手の谷戸入口で、萎びて褐色に変わったセンダンの実を撮っていると、寺家ふるさと村に出没する野鳥カメラマンに出会った。ルリビタキは各谷戸に入っているものの若雄が多く、ジョウビタキの雄は見られないという。そんな訳か今日はまだ1度もシャッターを切っていないとの事で、まこと貧果に泣いていた。最後に廣慶寺周辺の農耕地に行ったが、ソシンロウバイが見事に咲き、モンシロチョウの蛹を2つ見つけたが、絵になる場所ではなかった。

zaki-20151229-sendan-mi.jpg
<センダンの実>

<今日出会った主なもの>花/ホトケノザ、ソシンロウバイ、サザンカ、ニホンスイセン等。蝶/モンシロチョウの蛹等。鳥/ジョウビタキの雌等。その他/センダンの実、ヘクソカズラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:24| Comment(0) | 町田市

2015年10月30日

東京都町田市三輪町(午前)

昆虫が少なくなって、いよいよ手摺観察や葉捲りの季節が近づいている。しかし、霜が降りるまでは今まで通りと思うのだが行く当てが無い。そこで、久しぶりに町田市三輪町へ行ってみた。車を空き地に止めて周囲を見渡すとノハラアザミの群落が広がっていた。何故だか三輪町にはノハラアザミが多い。そこで何とか綺麗にと頑張ったが、足場が悪くてワンパターンの写真しか撮れなかった。また、クズの葉にヒシバッタを見つけたので、しめしめと近づいたが逃げられてしまった。

zaki-20151030-noharaazami.jpg
<ノハラアザミ>

そこで、谷戸奥に歩みを進めたらアカボシゴマダラがエノキの幼木に、ウラナミシジミがコガネタヌキマメに卵を産み付けていた。また、ノハラアザミにアカタテハが、コセンダングサにキチョウが吸蜜し、ムラサキツバメが葉上で羽を広げて日向ぼっこをしていた。ともに頂きますと近づいたら、ああ無常、逃げられてしまった。やはり億劫でも望遠レンズに付替えなければならなかったなあと後悔した。そんな訳で、黄葉したコブシの葉上で餌を狙うネコハエトリをカメラに納めた。

zaki-20151030-nekohaetori.jpg
<ネコハエトリ>

<今日出会った主なもの>花/ヤクシソウ、ノハラアザミ、コシロノセンダングサ、アメリカセンダングサ、セイタカアワタチソウ等。蝶/アカボシゴマタラ、アカタテハ、キタテハ、ツマグロヒョウモン、モンキチョウ、キチョウ、ムラサキツバメ、ウラナミシジミ、ベニシジミ、チャバネセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/クサギカメムシ、ツマグロオオヨコバイ、オオヨコバイ、アキアカネ、オンブバッタ、ハラビロカマキリ等。その他/ネコハエトリ、ノブドウの実、ノイバラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:37| Comment(0) | 町田市

2015年09月24日

東京都町田市三輪町

今日はしばらく続いた秋晴れから、午前中は曇り午後から雨の、ぐずついた天気となった。明日明後日も雨模様なので、日曜日までお日様としばしお別れである。そんな訳で、ノハラアザミとススキに見られる昆虫でも撮ろうと久しぶりに町田市三輪町へ行った。しかし、谷戸入り口の草原は畑に変わっていて、また、左手奥のノハラアザミのポイントは荒れ放題であった。どうやら左の谷戸はすべて畑になりそうで、またしても好観察地が消えるなあと眉をしかめた。

zaki-20150924-higanbana.jpg
<ヒガンバナ>

そこで、寺家ふるさと村に通ずる右手の谷戸へ歩みを進めたが、棒の先にアキアカネ、ナツアカネ、コノシメトンボの雌が止まっていた。また、各種の秋の野の花も見られたが、写欲を誘うようには咲いていなかった。そこで妙福寺下の谷戸へ転戦したら、ヒガンバナが綺麗に咲いていた。まこと近場では一番の自生地である。その後、ツリフネソウとツクバトリカブトを見に行ったが、ツリフネソウは絵になるものが無く、ツクバトリカブトはまだ蕾であった。

zaki-20150924-natsuakane-osu.jpg
<ナツアカネの雄>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、ツリフネソウ、ヒメジソ、アキノノゲシ、ノハラアザミ、ヤブツルアズキ、ヤブマメ、アメリカセンダングサ、ユウガギク、キツネノマゴ、ゲンノショウ、ママコノシリヌグイ、ミズヒキ、ツユクサ、アレチヌスビトハギ、マルバルコウソウ、ヤマハギ等。蝶/ツマグロヒョウモン、イチモンジセセリ等。昆虫/クロウリハムシ、アキアカネ、ナツアカネ、コノシメトンボ、オンブバッタ、ツチイナゴの幼虫等。その他/ヤマコウバシの実等。
posted by 花虫とおる at 18:25| Comment(0) | 町田市

2015年08月04日

東京都町田市(仮称)オオムラサキの丘(午後)

昼食は、もちろん島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑へ行ったが、極旨ラーメンがなくなって、あっさりラーメンに変わり、普通クラスの美味さとなってしまった。夏だから「あっさり」なのかもしれないので、極旨ラーメンの復活を願いたい。健康昼寝は三輪町の竹林脇の日陰でとったが、風が良く通って、まこと快適であった。そこで、ここまで来たのだからと町田市の(仮称)オオムラサキの丘へ行ってみた。もちろん目的は先だってと同じスミナガシである。

zaki-20150804-oomurasaki-mesu.jpg
<オオムラサキの雌>

しかし、樹液酒場には蝶の姿はまったくなく、ここでもクロカナブンとカナブンが群れていた。そこで、君達がいたら蝶が来れないのよねーと棒で追い払い、付近を一回りして戻って来ると、まずはアカホボシゴマダラ、サトキマダラヒカゲ、クロヒカゲの順にやって来た。昆虫ではスジクワガタのちびちゃんも現れたが、目的のスミナガシはやって来ない。しかし、帰宅時間間際に比較的破損の少ないオオムラサキの雌がやって来たので、バックを選んで撮影した。

zaki-20150804-kurohikage.jpg
<クロヒカゲ>

<今日出会った主なもの>蝶/オオムラサキ、アカボシゴマダラ、クロヒカゲ、サトキマダラヒカゲ等。昆虫/スジクワガタ、クロカナブン、カナブン、ヤブキリ等。
posted by 花虫とおる at 19:23| Comment(0) | 町田市

2015年08月01日

東京都町田市(仮称)オオムラサキの丘(午後)

午後からは、オオムラサキはぼろぼろだろうが、スミナガシがいればまだ新鮮かもと、本当に久しぶりに町田市の(仮称)オオムラサキの丘へ行った。第1のポイントは2ヶ所の樹液酒場があったものの出は悪く、カブトムシとカナブンしかいなかった。そこで第2のポイントへ転戦したが、ここは樹液の出が良好で、なんとなんとぼろぼろだがオオムラサキの雄が2頭もいた。しかし、目的のスミナガシは飛来せず、サトキマダラヒカゲが吸汁していたのでカメラに納めて引き返した。

zaki-20150801-satokimadarahikage.jpg
<サトキマダラヒカゲ>

<今日出会った主なもの>蝶/オオムラサキ、アカボシゴマダラ、ジャノメチョウ、クロヒカゲ、ヒカゲチョウ、サトキマダラヒカゲ等。昆虫/カブトムシ、クロカナブン、カナブン等。
posted by 花虫とおる at 20:06| Comment(0) | 町田市

2015年05月09日

東京都町田市大地沢

今日は待ちに待った道端自然観察会である。1年間を通して最も成果が上がる町田市大地沢だから期待したのだが、大地沢に近づくとフロントガラスに雨粒が落ちて来た。これはやばい、今年1年の運をキバネツノトンボに出会って使い切った方が参加されるからかもしれない。それでも集合場所の第2駐車場には、たくさんの方々が現れた。まずは頭上に木々が生えているので、NO傘で散策出来る相模原市緑区の谷戸から散策を開始したが、有難い事に雨は30分程で止んだ。

zaki-20150509-komisuji.jpg
<コミスジ>

それからはずっと曇りで、散策及び写真撮影には好適なのだが、チョウに関しては天気が悪過ぎた。それでもウスバシロチョウが数頭だが見られ、コミスジがハルジオンに、カラスアゲハがヤマツツジに吸蜜にやって来た。今日の観察会における蝶での特筆事項は、エノキの大木から無数のテングチョウの幼虫が糸を出して降りて来て、低木の葉裏で蛹化し、あるいはこれか蛹になろうとする幼虫がいた事である。長い間の野山の散策で、こんな光景を見たのは初めてである。

zaki-20150509-tengucho-sanagi.jpg
<テングチョウの蛹>

今回も昼食は大地沢青少年センターのキャンプ場でとったが、ジャケツイバラが三分咲き程度で、去年に比べると開花の進行は早かった。その後、林道を登り詰めてUターンして戻って来たが、期待したイタドリに揺籃はあったがドロハマキチョッキリは見られず、ルイスアシナガオトシブミが見られたケヤキも目の届く枝は切られていて見られなかった。しかし、湿地脇のアジサイに、シロオビアカアシナガゾウムシ、モンカゲロウ、クロハネシロヒゲナガ等がたくさん居て嬉しくなった。

zaki-20150509-higenagaotoshibumi-osu-2.jpg
<ヒゲナガオトシブミの雄>

<今日出会った主なもの>花/タツナミソウ、キンポウゲ、セリバヒエンソウ、ハルジオン、キツネノボタン、キショウブ、マルバウツギ、ジャケツイバラ等。蝶/カラスアゲハ、ウスバシロチョウ、コミスジ、スジグロシロチョウ、ツマキチョウ、テングチョウの蛹等。昆虫/ハンミョウ、ヒメオサムシ、コアオハナムグリ、クチキヒゲクシムシ、アオジョウカイ、ジョウカイボン、ヒメジョウカイ、ウスチャジョウカイ、ニジュウヤホシテントウ、アカハネムシ、アオハムシダマシ、ヒゲナガオトシブミ、ヒメコブオトシブミ、ヒメケブカチョッキリ、ハスジカツオゾウムシ、カツオゾウムシ、シロオビアカアシナガゾウムシ、カワトンボ、シオカラトンボ、ダビドサナエ、モンカゲロウ、クロハネシロヒゲナガ等。鳥/オオルリ、キビタキ、アオバト、ガビチョウ、ウグイス等。その他/アオオニグモ等。
posted by 花虫とおる at 19:22| Comment(0) | 町田市

2015年03月31日

東京都町田市三輪町

今日は朝から風が強い。午後になると尚一層強くなると予報されていた。ところで、立春から春分の間に初めて吹く南寄りの強い風を春一番と呼んでいるが、今日いくら風が強くなっても、春分を過ぎたから春一番とは呼ばれない。そんな訳で2015年は春一番が吹かなかった年となる。こんな風の強い日は何処へ行ってもお手上げだが、町田市三輪町の谷戸なら南側に山を背負っているし、かなり長く入り組んでいるので風が防げるのではないかと行って見た。

zaki-20150331-miyamaseseri.jpg
<ミヤマセセリ>

期待したコツバメやミヤマセセリは見られたものの、またしても大きな捕虫網を携えた「早朝会」のおっさんが現れた。このおっさんによって何頭もの小さな命が天国に召されたかと思うと怒りが込み上げて来たが、口も利かずに頑張っていると、やがて姿を消したのでほっとした。今日はミヤマセセリも現れて細い木の幹に止まったが、かなり待ったが開翅してくれなかった。また、コナラの若葉に止まるコツバメを期待したが、コナラの芽吹きは今一であった。

zaki-20150331-kotsubame.jpg
<コツバメ>

<今日出会った主なもの>花/ニリンソウ、タチツボスミレ、オオイヌノフグリ、アブラチャン、キブシ等。蝶/ルリタテハ、テングチョウ、コツバメ、ミヤマセセリ等。
posted by 花虫とおる at 18:15| Comment(0) | 町田市

2015年03月26日

東京都町田市三輪町(午前)

Appleのテクニカル・デベロップメント・センターが、なんとなんと我が町にやって来るというビックニュースが昨晩流れた。自宅から徒歩10分の場所で、イメージが良くなるなあと嬉しくなった。我が町「綱島」は交通の要で、その昔は鴨志田町や元石川町行きのバスも出ていた。そんな訳で急行停車駅になった訳だが、Appleが来れば「何故綱島に急行が止まるの?」 という、綱島を知らない沿線住民の声も無くなるに違いない。私もApple製品を1つ位買わねばならなくなった。

zaki-20150331-aburachan-mebana.jpg
<アブラチャンの雌花>

今日は午後から薬師池公園で開催中の知人の写真展を見に行く予定であったので、午前中は途中となる町田市三輪町を散策した。しかし、コツバメのポイントへ行って見ると、大きな捕虫網を持った「早朝会」のメンバーがいて気分が悪くなった。「写真に撮るコツバメだけは残しておいて」と言ったら、逆切れされてしまった。そこで喧嘩になってもつまらないと、他のポイントへ行って今季初のコツバメの写真を撮った。また、近場では希少なアブラチャンが咲いていてほくそ笑んだ。

zaki-20150326-kotsubame.jpg
<コツバメ>

<今日出会った主なもの>花/ニリンソウ、ナガバノスミレサイシン、オオイヌノフグリ、アブラチャン、キブシ等。蝶/テングチョウ、コツバメ、ルリシジミ、ミヤマセセリ等。
posted by 花虫とおる at 18:35| Comment(0) | 町田市

2015年01月09日

東京都町田市三輪町(午前)

これといって行く当てが無いので、税込で810円とお高いが、島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑のネギラーメン+チャーハンセットを食べたくなったので、至近距離にある三輪町を散策した。まずは保険として、山羊さん顔のムクロジの葉痕をカメラに納めた。その後、妙福寺の紅梅でもと行って見たが、高い場所にほんの少し咲いているだけだった。しからば蝶の蛹でもと鶴川女子短大方面へ歩みを進めたが、ハラビロカマキリの卵のうとソシンロウバイが咲いている位で、泣き泣きのノーシャッターに終わった。

zaki-20150109-mukurojiyokon.jpg
<ムクロジの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ソシンロウバイ等。昆虫/ハラビロカマキリの卵のう等。鳥/ノスリ等。その他/ヘクソカズラの実等。
posted by 花虫とおる at 19:31| Comment(0) | 町田市

2014年12月15日

東京都町田市薬師池公園(午後)

昼飯は毎度お馴染みの税込で810円とお高いが、島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑のネギラーメン+チャーハンセットを食べた。その後、早野の里へ戻って昼寝をした後に、久しぶりに薬師池公園へ行った。冬鳥の飛来状況の偵察と間食を止めて浮かしたお金で月賦で買ったニコンV2用の70〜300mmズームの試写も兼ねてという訳である。今季初見のルリビタキの雄やジョウビタキの雌も見られたが絵にならず、とっても人懐こいカワセミの雄に遊んで貰った。レンズの描写は素晴らしく、正月が明けたら電車で鳥撮りに行こうとほくそ笑んだ。 

zaki-20141215-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキ、ジョウビタキ、シジュウカラ、カワセミ、ヒヨドリ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 19:24| Comment(0) | 町田市