2015年03月26日

東京都町田市三輪町(午前)

Appleのテクニカル・デベロップメント・センターが、なんとなんと我が町にやって来るというビックニュースが昨晩流れた。自宅から徒歩10分の場所で、イメージが良くなるなあと嬉しくなった。我が町「綱島」は交通の要で、その昔は鴨志田町や元石川町行きのバスも出ていた。そんな訳で急行停車駅になった訳だが、Appleが来れば「何故綱島に急行が止まるの?」 という、綱島を知らない沿線住民の声も無くなるに違いない。私もApple製品を1つ位買わねばならなくなった。

zaki-20150331-aburachan-mebana.jpg
<アブラチャンの雌花>

今日は午後から薬師池公園で開催中の知人の写真展を見に行く予定であったので、午前中は途中となる町田市三輪町を散策した。しかし、コツバメのポイントへ行って見ると、大きな捕虫網を持った「早朝会」のメンバーがいて気分が悪くなった。「写真に撮るコツバメだけは残しておいて」と言ったら、逆切れされてしまった。そこで喧嘩になってもつまらないと、他のポイントへ行って今季初のコツバメの写真を撮った。また、近場では希少なアブラチャンが咲いていてほくそ笑んだ。

zaki-20150326-kotsubame.jpg
<コツバメ>

<今日出会った主なもの>花/ニリンソウ、ナガバノスミレサイシン、オオイヌノフグリ、アブラチャン、キブシ等。蝶/テングチョウ、コツバメ、ルリシジミ、ミヤマセセリ等。
posted by 花虫とおる at 18:35| Comment(0) | 町田市

2015年01月09日

東京都町田市三輪町(午前)

これといって行く当てが無いので、税込で810円とお高いが、島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑のネギラーメン+チャーハンセットを食べたくなったので、至近距離にある三輪町を散策した。まずは保険として、山羊さん顔のムクロジの葉痕をカメラに納めた。その後、妙福寺の紅梅でもと行って見たが、高い場所にほんの少し咲いているだけだった。しからば蝶の蛹でもと鶴川女子短大方面へ歩みを進めたが、ハラビロカマキリの卵のうとソシンロウバイが咲いている位で、泣き泣きのノーシャッターに終わった。

zaki-20150109-mukurojiyokon.jpg
<ムクロジの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ソシンロウバイ等。昆虫/ハラビロカマキリの卵のう等。鳥/ノスリ等。その他/ヘクソカズラの実等。
posted by 花虫とおる at 19:31| Comment(0) | 町田市

2014年12月15日

東京都町田市薬師池公園(午後)

昼飯は毎度お馴染みの税込で810円とお高いが、島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑のネギラーメン+チャーハンセットを食べた。その後、早野の里へ戻って昼寝をした後に、久しぶりに薬師池公園へ行った。冬鳥の飛来状況の偵察と間食を止めて浮かしたお金で月賦で買ったニコンV2用の70〜300mmズームの試写も兼ねてという訳である。今季初見のルリビタキの雄やジョウビタキの雌も見られたが絵にならず、とっても人懐こいカワセミの雄に遊んで貰った。レンズの描写は素晴らしく、正月が明けたら電車で鳥撮りに行こうとほくそ笑んだ。 

zaki-20141215-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキ、ジョウビタキ、シジュウカラ、カワセミ、ヒヨドリ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 19:24| Comment(0) | 町田市

2014年11月24日

東京都町田市三輪町

今日もこれといった行くあてが無い。そこで昼飯は何が食べたいと自問自答してみたら、島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑のネギラーメン+チャーハンセットとの答えが返って来た。税込でなんと810円にもなるが、昼飯はコンビニのお握りやサンドイッチ等で節約していても、1箱420円もする煙草を吸っている方もいるのだから、たまには財布の紐を緩めても良いかなと微笑んだ。昼食が幸楽苑と決まったので、散策先はおのずと至近距離の町田市三輪町となった。

zaki-20141124-kuchinashi-mi.jpg
<クチナシの実>

いつものように三輪横穴古墳群へ通ずる小道の入口周辺を散策したが、まだ飛び古したウラナミシジミやヤマトシジミが見られた。また、ノハラアザミも咲き残っていたが、これはといった被写体は無く、山羊顔のムクロジの葉痕をカメラに納めた。その後、いつものように元短大方面へ歩みを進めたが、ヒヨドリジョウゴの実がたくさんぶら下がっている位であった。やはり今日は万事休すかなと思われたが、引き返す途中、たくさんの実をつけたクチナシを見つけてほっとした。

zaki-20141124-mukuroji-yokon.jpg
<ムクロジの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ノハラアザミ、ハキダメギク、ノゲシ等。蝶/ウラナミシジミ、ヤマトシジミ等。昆虫/ツマグロオオヨコバイ等。鳥/ジョウビタキの雌等。その他/ノブドウの実、トキリマメの実、ヒヨドリジョウゴの実、ヘクソカズラの実、ピラカンサの実、クチナシの実等。
posted by 花虫とおる at 18:27| Comment(0) | 町田市

2014年10月19日

東京都町田市三輪町(午前)

今日も行く当てが浮かばないので、昼飯は何が食べたいと自問自答してみたら、島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑のネギラーメン+餃子セットですねとの結論に至ったので、おのずと行く先は至近距離の町田市三輪町と決まった。散策を開始すると、まずは成果が期待出来そうな元短大方面へ行ったら、トキリマメの実が弾けて秋の陽に照らされていた。また、日陰の路傍のイヌタデの花にヤマトシジミが止まっていたり、日曜菜園ではテントウムシがかなり見られた。

zaki-20141019-tokirimame-mi.jpg
<トキリマメの実>

その後、Uターンして三輪横穴古墳群へ通ずる小道の入口周辺を散策したが、コセンタングサの葉上にハリカメムシが2匹もいたので、普通種だが今の時期は大切なお客さんとばかりに慎重にカメラに納めた。草原にはノハラアザミがまだたくさん咲き残っていて、背が低いアキノノゲシもかなり見られた。蝶ではテングチョウが日向ぼっこをし、コセンダングサには、ツマグロヒョウモン、ウラナミシジミ、モンシロチョウが吸蜜し、残り少ない暖かい日を楽しんでいた。

zaki-20141019-harikamemushi.jpg
<ハリカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/イヌショウマ、カントウヨメナ、ノハラアザミ、アキノノゲシ、ミゾソバ、アメリンセンダングサ、コセンダングサ等。蝶/ツマグロヒョウモン、モンシロチョウ、テングチョウ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ等。昆虫/ウリハムシ、アキアカネ、ホシハラビロヘリカメムシ、ハリカメムシ、アミガサハゴロモ、アオバハゴロモ、コバネイナゴ等。その他/ヒヨドリジョウゴの実、トキリマメの実、ノブドウの実等。
posted by 花虫とおる at 19:22| Comment(0) | 町田市

2014年10月08日

東京都町田市三輪町(午前)

昨日の早野の里では観察出来なかったコノシメトンボを撮ろうと、かつて実績がある寺家ふるさと村とは山を隔てて反対側にあたる町田市三輪町へ行った。いつもの場所に路駐して三輪横穴古墳群へ通ずる小道の入口周辺を散策したが、ナツアカネとアキアカネはかな多く見られたものの、他のアカネ類は全く観察出来なかった。草原のノハラアザミは盛期を過ぎていたが、ツマグロヒョウモンが吸蜜に訪れていた。じっと待てば良い絵柄の花に止まってくれそうだったが、ブログ用の2枚の写真を撮らねばと見送った。

zaki-20141008-amerikasendangusa.jpg
<アメリカセンダングサ>

その後、妙福寺を越えて寺家ふるさと村に通ずる路を歩いたが、クロウリハムシがいた位で被写体は無かった。ここまで来てもカメラの中は空っぽで、もしかしたらノーシャッターに終わるのではと思われた。そこでUターンし、最後の望みを託して廃校になった短大への道に歩みを進めると、まずは保険として何処でも普通なアメリカセンダングサを撮り、イヌショウマがたくさん咲いていたが絵にはならなかった。今日は1枚の写真でブログアップかなと思ったが、なんとアカスジキンカメムシの幼虫のキンちゃんを見つけてほっとした。

zaki-20141008-akasujikinkamemushi.jpg
<アカスジキンカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/イヌショウマ、カントウヨメナ、ノハラアザミ、ミゾソバ、アメリンセンダングサ、コセンダングサ、ツユクサ等。蝶/ツマグロヒョウモン、キタテハ、モンキチョウ、ウラナミシジミ、ベニシジミ等。昆虫/クロウリハムシ、ナツアカネ、アキアカネ、アミガサハゴロモ、ツマグロオオヨコバイ、アカスジキンカメムシの幼虫等。その他/ヒヨドリジョウゴの実、ヤマコウバシの実、トキリマメの実等。
posted by 花虫とおる at 18:41| Comment(0) | 町田市

2014年09月21日

東京都町田市三輪町

今日は朝から「天高く馬肥ゆる秋」の青空が広がった。本当に久しぶりの清々しい陽気である。何処へ行こうかなあと考えたが、昨日の散策でコノシメトンボを観察したので、今まで一番実績のある三輪町へ行った。まずは三輪横穴古墳群へ通ずる小道の入口周辺を散策したが、草原にはノハラアザミが咲き、棒の先にはアキアカネが止まっていた。そこで、貧果必死だからワンパターンだが素直に切り取った。その後、テニスコートのある丘へ登って行ったが、ネキトンボを見つけたものの、ビニール被覆の棒の先に止まっていたので撮影は諦めた。

zaki-20140921-noharaazami.jpg
<ノハラアザミ>

裏手から妙福寺に入ると、お墓参りの方々で一杯であった。境内を出て寺家ふるさと村への道をしばらく歩いたが、コノシメトンボの姿は無かった。かつて一番多く観察している場所なのになあと思ったが、きっぱりと諦めUターンして廃校になった短大方面へ足を伸ばした。路傍にはヤマホトトギスやヒヨドリジョウゴが咲いていたが、クズやクサギ等の葉上に昆虫の姿は無かった。やはり日陰の下草の葉上の昆虫観察は終焉したようである。そこで棒がたくさん挿されている日曜菜園へ行って見たが、アキアカネがちらほら止まっているだけだった。

zaki-20140921-akiakane.jpg
<アキアカネ>

<今日出会った主なもの>花/ヤマホトトギス、ノハラアザミ、ヒヨドリジョウゴ、ヒガンバナ、ツルボ、ゲンノショウコ、キクイモ、ツユクサ、ヤマハギ等。蝶/テングチョウ、アカボシゴマダラ、イチモンジセセリ等。昆虫/クロウリハムシ、ウリハムシ、ネキトンボ、アキアカネ、ツマグロオオヨコバイ等。
posted by 花虫とおる at 17:33| Comment(0) | 町田市

2014年05月10日

東京都町田市大地沢

昨日もブログに記したが、今日は待ちに待った町田市大地沢の道端自然観察会の日である。圏央道が相模原まで通じた為、第3京浜、保土ヶ谷バイパス、東名高速、圏央道と高速道路ばかりだから、お金はかかるが楽々ほいほいで到着した。今回も前回と同じような多数の参加者だと、ちょいと辛いものがあるかなと思ったが、11名とほど良い人数でほっとした。天気は雲一つない青空で、引き続いて風はあったが、谷戸へ入ると、まあまあなんとかなるかなといった具合であった。

zaki-20140510-okatatsunamiso.jpg
<オカタツナミソウ>

駐車場を出るとすぐに、格好の良いダビドサナエが絵になる場所に止まっていた。次に大地沢で一番成果の上がる谷戸に入ったが、イノシシが出没しているとの事で畑の囲みがだいぶ増え、草刈がなされている所もあって、これはまずいと思ったものの、谷戸奥ではウスバシロチョウが舞い、アブラチャンには一目3匹ものヒゲナガオトシブミがいた。もちろん首の長い雄を真っ先に撮った事は言うまでも無い。しかし、天気が良過ぎてウスバシロチョウは飛んでばかりいて、撮るのがとても難しかった。

zaki-20140510-asagimadara-sanagi.jpg
<アサギマダラの蛹>

谷戸での散策は1時間位のつもりでいたが、やはりかなりの時間が費やされ、昼食をとる予定の大地沢青少年センターへ急いだ。期待したジャケツイバラは咲き始めたばかりで、やはり大雪の影響が残ったのだろう。仲間との懇親が大切だから昼食時間は長めにと思っていたが、それよりも皆さん道端自然観察が優先と沢の奥へ向かった。まずは美麗なハンミョウが迎えてくれ、花ではオカタツナミソウやキンポウゲが咲いていた。しかし、草刈がなされていて期待したドロハマキチョッキリは見られなかったものの、キジョランにアサギマダラの蛹がかなりぶら下がっていた。

zaki-20140510-ruisuashinagaotoshibumi.jpg
<ルイスアシナガオトシブミの雌>

そんな訳でUターンして青少年センター横のイロハモミジを見上げると、イタヤハマキチョッキリの揺籃がぶら下がっていたが、成虫は1匹だに見られなかった。その後、やはりルイス君だなとルイスアシナガオトシブミを探しに行くと、なんとMさんが見つけてくれた。ちょうどケヤキの葉の付け根付近に切れ込みを入れている場面で、その後、揺籃がすっかり出来上がるまで、じゅっくりと観察及び撮影が出来た。もうこれだけで観察会は万歳三唱なのだが、駐車場に戻る間に、ニワハンミョウやノミバッタが現われてくれた。

zaki-20140510-higenagaotoshibumi-osu.jpg
<ヒゲナガオトシブミの雄>

<今日出会った主なもの>花/ジャケツイバラ、マルバウツギ、コゴメウツギ、ヤブデマリ、キンポウゲ、オカタツナミソウ、フデリンドウ、ニリンソウ、キツネノボタン、セリバヒエンソウ、レンゲソウ、タチツボスミレ、ハルジオン等。蝶/ウスバシロチョウ、カラスアゲハ、オナガアゲハ、キアゲハ、アサギマダラ、アカタテハ、ルリタテハ、ツマキチョウ等。昆虫/イタヤハマキチョッキリの揺籃、ルイスアシナガオトシブミ、ヒゲナガオトシブミ、カシルリオトシブミ、ヒメクロオトシブミ、ジョウカイボン、ハンミョウ、ニワハンミョウ、キイロクビナガハムシ、アトボシハムシ、イタドリハムシ、カワトンボ、ダビドサナエ、クロスジギンヤンマ、ハサミツノカメムシ、マドガ、ホソオビヒゲナガ等。鳥/キビタキ、ヤブサメ等。
posted by 花虫とおる at 20:06| Comment(0) | 町田市

2014年04月10日

東京都町田市(仮称)コツバメの谷

注目の小保方晴ちゃんの記者会見が昨日なされた。STAP細胞があるか無いか、論文の是非といった専門的な事柄は分からないが、理化学研究所という組織は一体どうなっているの?といった疑念だけは残る。会社なら、社員、係長、課長、部長、役員、社長との管理体制があって、STAP細胞クラスの重要案件ならトップにまで詳細に報告される筈である。それなのに論文共同提出者の責任や晴ちゃんの上司の管理指導に関しては全く問題視されず、晴ちゃん一人だけに責任を押し付けているように見える。組織としての管理指導責任体制はどうなっているだろうか。こんな組織に血税をつぎ込まれたらたまらない。理化学研究所のトップはノーベル賞受賞の野依良治ちゃんらしいが、ノーベル賞を貰うだけの学者だったのだろうか。

zaki-20140410-mukuroji-mebuki.jpg
<ムクロジの芽吹>

今日は今季一番の気温となると予報されていて、昨日、アカネスミレを撮ったので、今日はナガバノスミレサイシンだと町田市の(仮称)コツバメの谷へ行った。しかし、ナガバノスミレサイシンの盛期は過ぎていて撮影出来なかった。しかし、谷の至る所でニリンソウが群落をつくって美しく咲いていた。しかし、ニリンソウは出来れば新吉田町でと思っていたので、ムクロジの芽吹きをカメラに納めた。また、濃青色の小さな蝶があちこちで陽気に飛んでいた。コツバメである。今年は当たり年なのか、緑区はもちろん旭区でも見られたらしい。いずれにせよ、ここでこんなにたくさん出会った事がなかったので嬉しくなった。

zaki-20140410-kotsubame.jpg
<コツバメ>

<今日出会った主なもの>花/アブラチャン、アケビ、ニリンソウ、マルバスミレ、ナガバノスミレサイシン、タチツボスミレ、キランソウ、ムラサキケマン、カキドウシ、シロバナタンポポ等。蝶/ルリタテハ、ツマキチョウ、モンシロチョウ、モンキチョウ、キチョウ、コツバメ、ルリシジミ、ミヤマセセリ等。昆虫/ビロードツリアブ、ツマグロオオヨコバイ等。
posted by 花虫とおる at 18:19| Comment(2) | 町田市

2014年03月06日

東京都町田市薬師池公園(午後)

昼食は鴨志田町のラーメン店「青龍」が定休日なので、少し戻って東名港北PAの「横濱うまいもん亭」へ行った。最近、高速道路に誤って進入する自転車や歩行者が多く、ニュースで問題になっていた。そこで、東名港北PAの外部からの利用が出来なくなったら大変と危惧していたのだが、「自転車進入禁止」の看板が掛けてあった以外、特に変化は無くてほっとした。その後、風が当たらない日向で昼寝を貪り、予定通り薬師池公園へ行って散策仲間等の写真展を覗いた。もちろんその後、園内を一周したが、綺麗にし過ぎてしまって池の鳥以外の野鳥の姿はほとんど無かった。

zaki-20140306-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、シジュウカラ、ヒヨドリ、キジバト等。
posted by 花虫とおる at 20:21| Comment(0) | 町田市

2014年01月26日

東京都町田市薬師池公園(午後)

午後からは29日から開催の里山写真クラブ第10回作品展に出展される東京多摩地域、神奈川県央地域に住む方々の作品集めに薬師池公園へ行ったので、ついでに短時間だがデジスコを担いで園内を散策してみた。しかし、往年の野鳥観察の名所は環境が大幅に劣化し、今季の冬鳥不作も手伝って寂しい限りであった。それでも、この公園のアイドルであるカワセミは至近距離で出っ放しで、シジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、カイツブリ等と遊ぶ事は出来そうだが、ガソリン代がかかるから足は遠のくに違いない。

zaki-20140126-kaitsuburi.jpg
<カイツブリ>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、シジュウカラ、ヤマガラ、アオジ、ヒヨドリ、キジバト、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ等。
posted by 花虫とおる at 19:20| Comment(0) | 町田市

2014年01月09日

東京都町田市三輪町

昨晩から降り出した久しぶりの雨は、早朝にはあがると予報されていたが、自宅を出ると車のフロントガラスに雨粒が落ちて来た。それでも町田市方面は明るいので三輪町へ行ったが、萎びたヒヨドリジョウゴの実や生気を失ったトキリマメの実等はあったが、撮る気にはなれなかった。もちろん、落ち葉捲りでもすれば別だが、昆虫の姿はまったく無く、前回来た時は葉が落ちたばかりでやや緑色だったムクロジの葉痕を再度撮影して引き返した。梅の花が咲くまで被写体は本当に少なく、今後どうしようかなあと思った。

zaki-20140109-mukuroji-yokon.jpg
<ムクロジの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/カンツバキ等。その他/ノイバラの実、ピラカンサの実、トキリマメの実、ヒヨドリジョウゴの実、ヘクソカズラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:45| Comment(0) | 町田市

2013年12月12日

東京都町田市薬師池公園(午後)

予想通りこれといった被写体は無かったので時間が余り、車に戻って昼少し前までガリレオ・ガリレイの伝記を読んだ。その後、至近距離の横濱家の660円のハーフラーメンとライスを食べに行った。ザーサイと紅ショウガが食べ放題なので有り難い。午後からは冬鳥の飛来具合が気になって、町田市の薬師池公園へ行ってみたが、ルリビタキやシロハラはいたものの落ち着かず、カワセミの雄がサービス満点で来園者を楽しませていた。

zaki-20131212-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、ルリビタキ、シロハラ、シジュウカラ、キンクロハジロ、カイツブリ等。
posted by 花虫とおる at 18:59| Comment(0) | 町田市

2013年12月09日

東京都町田市三輪町

今朝も昨日に引き続いて雲が多くて寒い。本格的な冬がやって来た様なので、衿にボアがついたカストロコートに変えた。防寒服はかなりの種類を持っているのだが、車で出掛けての野外散策には別名ドカジャンと呼ばれるカストロコートが一番である。ドカジャンとは土方のジャンパーの略だが、カストロコートを取り扱う店が減って来て困っている。最近の若い土木作業員の方は、丈が短いものを好んでいる様なのだ。しからば通販でとも思うのだが、メーカーによって微妙に寸法が異なって、やはり試着無しでの購入は危険である。

zaki-20131209-mukuroji-yokon.jpg
<ムクロジの葉痕>

昨日の観察会は昆虫の擬態で盛り上がったが、安倍ちゃんも政権復帰後から続けていた恵比寿顔の擬態を止めにして、本来の強権的でわがままな顔に戻ったようである。心理学には疎いが、人間の性格や心の擬態はかなりのストレスを呼ぶようで、我が住む横浜市の公務員は出世すると早死にするらしい。貧乏でも長生きが良いか出世が良いか、まことそれが問題である。今日は昆虫から離れて木の実・草の実ウォッチングだと町田市三輪町へ行ったが、やはり萎びているものが多かった。それでも、雌雄別株でなかなか巡り合わないヤマコウバシの実だけは輝いていた。その名は山で枝を折ると香ばしいので、そう呼ばれるようになったとある。

zaki-20131209-yamakobashi-mi.jpg
<ヤマコウバシの実>

<今日出会った主なもの>花/ノハラアザミ等。昆虫/キボシカミキリ、クロスジフユエダシャク等。鳥/ジョウビタキ等。その他/ヒヨドリジョウゴの実、ノブドウの実、ヘクソカズラの実、トキリマメの実、ノイバラの実、ピラカンサの実等。

posted by 花虫とおる at 19:04| Comment(0) | 町田市

2013年11月05日

東京都町田市薬師池公園(午後)

昼食は、新しく出来た大型ショッピングセンター内の「幸楽苑」にてラーメンと半チャーハンセットを食べたが、やはり鴨志田町のラーメン店「青龍」の方が格段に美味い。そんな訳で、ちょいと小銭をプラスするだけで美味い物が食べられるのならと考える人となった。いつも美味しいものばかりを食べている散策仲間を見習った方が良さそうである。その後、昼寝と読書の後に予定通り薬師池公園に行った。皆さん、カワセミにカメラを向けていたが、他の鳥を撮ろうと探してみたものの小鳥類は見られず、池に浮かぶキンクロハジロを撮って帰宅の途に着いた。

zaki-20131105-kinkurohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ等。
posted by 花虫とおる at 19:11| Comment(0) | 町田市

東京都町田市三輪町(午前)

今日は昨日とは打って変わっての、雲一つない青空が広がった。まこと洗濯日和、布団干し日和で、主婦の方は大忙しの事であろう。とはいっても長袖シャツ一枚では寒いので、トレーナーも着用して写真用ベストを羽織った。これなら日陰でも寒くはなかろうが、日向ではちょいと暑いかもしれない。何処へ行っても被写体が少なくなっているが、午後からは薬師池公園へ行くつもりでいたので、その途中である町田市三輪町へ行った。

zaki-20131105-akigumi-mi.jpg
<アキグミの実>

いつものように寺家ふるさと村に通ずる小道入口に車を停めて、まずは日当たりの良い谷を散策したが、ぼろぽろのクロアゲハがいて驚いた。次に、木の実・草の実横丁である廃校になった短大まで行ったが、相変わらずフェンスにノブドウの実がたくさんぶら下がっていた。また、自治会の畑に小ぶりのアキグミの実がたわわに実っていたので撮影し、誰も見ていないので数粒賞味したが、苦みと酸味があるものの、かなり美味しかった。

zaki-20131105-nobudo-mi.jpg
<ノブドウの実>

<今日出会った主なもの>花/ノハラアザミ、カントウヨメナ、ヤクシソウ等。蝶/クロアゲハ、アカタテハ、ツマグロヒョウモン、ベニシジミ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/ナツアカネ、アキアカネ等。その他/コバノガマズミの実、ノブドウの実、ピラカンサの実、ヒヨドリジョウゴの実、ノイバラの実、ヘクソカズラの実、トキリマメの実、アキグミの実等。
posted by 花虫とおる at 19:09| Comment(0) | 町田市

2013年10月21日

東京都町田市薬師池公園(午後)

午後からは平日のみ駐車場が無料に戻った薬師池公園へ行った。噂によると複数の市営公園の駐車場を有料化したために人件費がかかって、なんと2000万円もの赤字となったという。まこと、お役所的な発想だったなあと苦笑いを浮かべた。また、今日は月賦が1つ終わったので、ニコンのV2というカメラをまたしても月賦で購入した。そこで試写も兼ねて行ったのだが、なんとS15さん夫妻とキャノン金井さん以外は全員いて、大歓迎を受けて嬉しくなった。V2と300ミリズームでの試写結果は大満足で、足裏筋膜炎を早く治して、都内の公園へ電車で鳥撮りに行きたいなあと思った。

zaki-20131021-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、キンクロハジロ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 19:27| Comment(0) | 町田市

東京都町田市三輪町(午前)

昨日は一日中雨でかなり寒かった。なんだか「しとしとぴっちゃん」と心まで寒くなった。あんなに残暑は厳しかったのに、もうこんな寒さなのと愚痴も出て来る。まあ、これが日本の気候ですよと言ってしまえばそれまでだが、季節の移り変わりはとても早い。最近、齢をとったせいか青春時代を思い出す事が多くなった。あの頃は元気だったが無知だったなあ、あの頃は夢が溢れていたが馬鹿だったなあ、といった悔恨の念を伴ったものである。

zaki-20131021-kobanogamazumi-mi.jpg
<コバノガマズミの実>

今日は雨が止んで薄曇りの散策日和となった。しかし、太平洋上には2つの台風があって、日本列島を狙っている。そんな訳で、今度また大風が吹いたら今季の木の実・草の実ウォッチングは絶望的とるので、毎年とても面白い三輪町へ行った。今日は前回と異なって廃校となった短大方面へ行ったが、フェンスに絡んでノブドウの実が鈴なりであった。しかし、ヒオドリジョウゴやトキリマメの実は少なく、今日の主目的たるコバノガマズミの実を撮りに尾根に登ったが、これまた前回の台風で落下したのか見当たらなかった。しかし、最後に僅かに実が残っている木を見つけてほっとした。

zaki-20131021-nobudo-mi.jpg
<ノブドウの実>

<今日出会った主なもの>花/ノハラアザミ、カントウヨメナ、ヤクシソウ等。蝶/アカタテハ、キタテハ、ルリタテハ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/アミガサハゴロモ、アキアカネ等。その他/コバノガマズミの実、ノブドウの実、ピラカンサの実、ヒヨドリジョウゴの実、ノイバラの実等。
posted by 花虫とおる at 19:25| Comment(0) | 町田市

2013年10月17日

東京都町田市三輪町

今朝はだいぶ冷え込んだ。奥日光の白根山では初冠雪との事で、いよいよ本格的な秋となった。梅雨時から腰にぶら下げていた邪魔臭い蚊取り線香ともお別れだが、蚊も昆虫だから他の昆虫も当然少なくなる。そんな訳で、今日は木の実・草の実ウォッチングのつもりで町田市三輪町へ行った。寺家ふるさと村の裏に当たるのだが、誰も来なくてとても静か、しかも思わぬ成果が上がるのだから嬉しくなる。唯一の泣き所であった昼飯も、近くに大きな商業施設が出来て激安ラーメンの幸楽苑も入店したので、以前からあるガスト、すき家、そしてコンビニを利用すれば困らなくなった。

zaki-20131017-tsukubatorikabuto.jpg
<ツクバトリカブト>

車を農道に停めて散策を開始したが、北東の風が強くて寒い。そこで、薄手のジャンパーを着用して風の当たらない谷戸へ入った。まずはヤマコウバシの黒い実を見つけたが、風に揺れるし太陽光線が強くてコントラストがきつく撮影は諦めた。更に奥へ進むと、どうした訳か5本程挿してある棒の先のすべてにナツアカネが止まっていた。そこで貧果にそなえてカメラに納めた。その後、Uターンして別の谷戸へ入ったが、マユタテアカネがいた位で、更に奥へとも思ったが、小道にはまだ水がかなり溜まっていたので諦めた。

zaki-20131017-komenamomi.jpg
<コメナモミ>

次に、いつもなら廃校になった短大方面へ行くのだが、風が強いから止めにして、テニスコート下から妙福寺へ行った。この道は知る人ぞ知るの小道で、いつもかなり面白いのだが、今日は何も被写体は無かった。しかし、寺家ふるさと村へ通ずる農道へ出ると、まずはアサギマダラがふわふわ飛んで来てセイタカアワダチソウで吸蜜を始めた。また、ルリタテハが日向ぼっこをしていた。更に、ツクバトリカブトやコメナモミも咲いていて、今日は木の実・草の実ウォッチングのつもりだったのに、いつの間にかカメラの中は「花虫とおる」となっていた。

zaki-20131017-ruritateha.jpg
<ルリタテハ>

<今日出会った主なもの>花/ツクバトリカブト、コメナモミ、ヤクシソウ、ノハラアザミ、ヤマハッカ、セイタカアワダチソウ、コセンダングサ等。蝶/アサギマダラ、ルリタテハ、ツマグロヒョウモン、イチモンジセセリ等。昆虫/ハリカメムシ、ナツアカネ、アキアカネ等。その他/ヤマコウバシの実、トキリマメの実等。

posted by 花虫とおる at 18:19| Comment(0) | 町田市

2013年09月22日

東京都町田市三輪町(午前)

今日も、あまり行かない所を散策しようと町田市三輪町へ行った。天気は相変わらずの晴れだから、木陰に車を停めて散策を開始した。廃校になった短大への道は草刈も程々で昆虫観察には良い筈だが、これといったものはほとんど見られなかった。しかし、ヒヨドリジョウゴやトキリマメ等が各所に咲いていた。次に寺家ふるさと村へ通ずる谷へ行ったが、日向はやはり暑かったものの、ウドの葉にヒメシロコブゾウムシが2匹も這っていた。畑にはたくさんの棒が挿してあったので、アキアカネ以外の赤トンボはいないかと探したが見つからず、そんな訳で、とんでもない貧果で車に戻った。

zaki-20130922-hiyodorijogo.jpg
<ヒヨドリジョウゴ>

<今日出会った主なもの>花/ノハラアザミ、アメリカセンダングサ、コセンタングサ、ヤマホトトギス、アキノノゲシ、トキリマメ、クズ、ヌスビトハギ、ヤマハギ、キツネノマゴ等。蝶/アカボシゴマダラ、ツマグロヒョウモン、イチモンジセセリ等。昆虫/ヒメシロコブゾウムシ、クロウリハムシ、ホシハラビロヘリカメムシの幼虫、クサギカメムシの幼虫、アオバハゴロモ、シロオビノメイガ、オニヤンマ、アキアカネ等。
posted by 花虫とおる at 18:47| Comment(0) | 町田市