2015年02月09日

東京都(仮称)ルリビの丘公園(午後)

昼食は何故だかカキフライ定食を食べたくなったので、780円とお高いが毎度お馴染みの「横濱うまいもん亭」へ行った。一時はほんの少しだが雪が舞ったが、天気予報通りに晴れて来てほっした。まこと冬は陽の光が有り難く、田んぼでの昼寝も無事にとる事が出来た。北欧に暮らす人々は夏になると真っ裸で日光浴をするというが、太陽への感謝は日本人の比では無いのだろう。午後からは昨日行く筈だったが雨で中止となった(仮称)ルリビの丘公園へ行った。

zaki-20150209-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

ポイントへ到着すると誰もカメラマンは居なかったし、ルリビタキの雄しかいないのでしめしめと思った。しかし、こんなに寒いのに数人のカメラマン、ジョウビタキのお姉さん、シジュウカラ軍団もやって来た。なんだか黒いカストロコートのおじさんは人気が高いようである。今日も枝止まりのルリビタキの雄を撮りたいと頑張ったのだが、結局は石止まりの写真ばかりとなってしまった。枝止まりが撮れるまで頑張るつもりでいたが、そろそろ限界かなと苦笑した。

zaki-20150209-jyobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄、ジョウビタキの雌、シジュウカラ、アオジ、カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 20:09| Comment(0) | 東京都

2015年02月08日

東京都多摩市豊ヶ丘南公園

昨日は夕方から雨となって、このまま今日も降り続くのかと思ったが、朝起きたら曇っている。そこでネットの天気予報を見ると12時に傘マークがついているので、午前中は豊ヶ丘南公園、昼食と昼寝の後に(仮称)ルリビの森公園へ行こうと出発した。しかし、結果としては午前11時半位から雨が降り出し、午後2時になっても雨は止まなかった。そこで、寺家ふるさと村の四季の家で開催中の知人の写真展「里山の鳥たち」を見て帰宅する事となった。

zaki-20150208-magamo-osu.jpg
<マガモの雄>

豊ヶ丘南公園は相変わらず普通種のカモ類がたくさんいたが、三ッ池公園では見られないオナガガモやヒドリガモがいるので頑張った。またマガモの数が三ッ池公園に比べると数倍もいるのだから嬉しくなる。今日はカワセミも見られたが枝被りばかりで、なかなか良い場所には止まってくれなかった。また、池の周辺にジョウビタキの雌もいて、かなり人懐こかったので、絵になる所に止まってよと期待して後をつけたが、雨が降って来たので諦めた。

zaki-20150208-hidorigamo-osu.jpg
<ヒドリガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキの雌、カワセミ、ムクドリ、アオサギ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、オナガガモ、ヒドリガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:54| Comment(0) | 東京都

2015年02月06日

東京都(仮称)ルリビの丘公園(午後)

昼食は、毎度お馴染みの東名港北PAの「横濱うまいもん亭」へ行って750円のスタミナ丼を食べた。モツの上に、葱とキムチがたっぷり乗っているのである。これだけ通っていると店員さんとも顔なじみで、「お陰様で食生活が豊かになって助かってます」と特に親しい徳ちゃんに頭を下げた。なにしろ「横濱うまいもん亭」のメニューは、麺類を含めると約50種類にもおよぶのだ。これだけあると、毎日の様に通っても飽きが来ないし、またそれぞれ美味いのである。

zaki-20150206-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

午後からは、これまた相も変わらず(仮称)ルリビの丘公園へ行った。早く行っても一般来園者が多いだけだから、昼寝をたっぷりとった事は言うまでも無い。ポイントに到着するとカメラマンは2人で、まずまずだなあとほくそ笑んだ。しかし、ルリビタキの様子がなにかを警戒しているのかとてもサービスが悪く、やがてお邪魔鳥のシジュウカラの群れや意地っ張りのジョウビタキの雌がやって来た。そんな訳で、なかなか良い写真が得られずに苦労した。

zaki-20150206-ruribitaki.jpg
<ルリビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄、ジョウビタキの雌、シジュウカラ、カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 20:12| Comment(0) | 東京都

2015年02月03日

東京都(仮称)ルリビの丘公園(午後)

昼食は、いつものように至近距離のラーメン店「八戒」で700円のギョウザ定食を食べた。メニューの中では一番安い定食で、普通ならサービス価格になる筈の日替わりランチが、なんとなんと900円なのである。もちろん豪華版なのだが、食べ過ぎ肥満必死、ボリュームたっぷりの組み合わせである。身の周りの不用品はヤフオクに出品して、かなりダイエットとなったから、今度は、ご本人のダイエットに励まねばならぬという訳である。こちらは過食しないのが一番である。

zaki-20150203-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

午後からは昨日とても面白かったし、もっと良い写真が撮りたいと(仮称)ルリビの丘公園へまた行った。ポイントへ到着すると、ここの主であるガア之介が居たので、しばし2人で仲良く撮影した。しかし、カメラを構えた前でうろつくご婦人連れ等がやって来たりで、ルリビタキもジョウビタキも、もちろん私も迷惑をこうむった。こちらは真剣なのだから興味本位の方々は素通り願いたいのだが、私も撮って行かないと損々と寄って来る。まこと困った事で、落ち着いて撮影出来なかった。

zaki-20150203-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄、ジョウビタキの雌、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ、カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 19:06| Comment(0) | 東京都

2015年02月02日

東京都(仮称)ルリビの丘公園(午後)

昼食は、ここまで来たのだから税込で810円とお高いが、島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑のネギラーメン+チャーハンセットを食べた。最近、東名高速港北PAの「横濱うまいもん亭」の港北醤油ラーメンに嵌っていて、横浜家のラーメンや青龍のラーメンもしばらく食していない。まこと「たかがラーメン、されどラーメン」なのである。その昔、35円で食べた細麺の支那ソバが懐かしいが、「横濱うまいもん亭」の港北醤油ラーメンは麺がやや細くて美味いのである。

zaki-20150202-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

午後からは、ここまで来たのだからと先だって行った(仮称)ルリビの丘公園へお邪魔した。ポイントへ到着するとカメラマンが誰一人居ないのには驚いた。更に、幸いの事に気の強いジョウビタキの雌も集団でやって来るシジュウカラも居ない。居るのはルリビタキの雄だけだから嬉しくなった。そんな訳で1時間程思う存分撮影出来た。しかし、いつの間にやらお邪魔鳥が現れ始め、カメラマンもやって来たので、独り占めの撮り放題はジ・エンドとなった。

zaki-20150202-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄、ジョウビタキの雌、ヤマガラ、シジュウカラ、カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 18:34| Comment(0) | 東京都

2015年01月29日

東京都(仮称)ルリビの丘公園(午後)

午後からは、ここまで来たのだから今季アップにこぎつけていないルリビタキの雄を撮ろうと(仮称)ルリビの丘公園へ行った。その前に必勝を期して「かつや」で昼食を食べ、体力保持の為に昼寝をとった事は言うまでもない。ポイントに到着するとルリビタキ狙いのカメラマンが多く、おまけに縄張り主張の激しいジョウビタキの雌も居て苦戦した。しかし、午後3時を過ぎると寒い事もあってカメラマンが減り、ジョウビタキの雌も静かになったので、なんとかルリビタキの雄をゲット出来た。

zaki-20150129-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄、ジョウビタキの雌、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ等。
posted by 花虫とおる at 19:05| Comment(0) | 東京都

東京都多摩市豊ヶ丘南公園(午前)

このところカモ類というと三ッ池公園が定番であったが、見られる種類が固定してしまったので、三ッ池公園には居ないカモを撮ろうと、多摩市の豊ヶ丘南公園へ行った。数台しか停められない駐車場だから空が心配されたが、無事に駐車出来てほっとした。池へ降りて行くと三ッ池公園では見られないヒドリガモとオナガガモが居たので、この両種に絞って撮影した。一眼レフなら簡単だが、デジスコだと常に泳いでいるから大変だ。それでも、しつこく粘って所期の目的は達成した。

zaki-20150129-onagagamo-osu.jpg
<オナガガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、オナガガモ、ヒドリガモ等。
posted by 花虫とおる at 19:01| Comment(0) | 東京都

2014年12月03日

東京都多摩市豊ヶ丘南公園

今日は散策仲間、写真仲間である秀さんの写真展の初日である。会場は、その昔、ベニマシコやルリビタキを撮りに足繁く通った南大沢の長池公園である。そこで、午前中は途中にある豊ヶ丘南公園に寄ってみた。かなり前だがトモエガモが数年続けて飛来した公園なので、珍しいカモがいるかもと思ったのである。しかし、見られたカモは、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、オナガガモで拍子抜けしてしまったが、目が慣れて来ると遠方に単独行動をしているカモを見つけた。キンクロハジロの雌としては頭部が丸くて茶褐色だし、スズガモの雌なのかなあと思ったが、目が赤褐色である。よって種名は不明となった。どなたか分かる方がいらっしゃったら教えて下さい。

zaki-20141203-suzugamo-mesu.jpg
<スズガモ雌の若鳥?>

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、オナガガモ、カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 18:17| Comment(1) | 東京都

2014年06月30日

東京都稲城市(仮称)チョウゲンボウの谷

昼食は800円とお高いが美味しいので止められない鴨志田町の「青龍」へ行って、半ラーメン+ミニ中華丼を食べた。今日は曇り日なので早野の里で昼寝を貪った後に、久しぶりに(仮称)チョウゲンボウの谷へ行ってみた。すると駐車場は満杯で驚いたが、あっちにもこっちにもチョウゲンボウの親や幼鳥がいるのだから、カメラマンが集まるのは当然である。そこで、いつものコンクリートの橋がらみではなく、緑バックの写真を撮ろうと橋の上で頑張ったが、いかんせん遠過ぎた。

zaki-20140630-chogenbo.jpg
<チョウゲンボウ>

<今日出会った主なもの>鳥/チョウゲンボウ、キジバト等。
posted by 花虫とおる at 20:22| Comment(0) | 東京都

2014年06月22日

東京都稲城市(仮称)チョウゲンボウの谷

今日は朝から、しとしとぴっちゃん。そこで朝食後、布団にUターンして日頃の疲れを癒した。午前11時頃に目覚めてネットで天気予報を見ると、東京の(仮称)チョウゲンボウの谷方面は午後から曇りとあったので、たとえ雨は止まずとも橋の下だから濡れないと出かけた。現地に到着すると、すでにカメラマンが5人ほどやって来ていた。すぐに雨は止んだのでデジスコを組みたてて撮影を開始した。3つある巣の1つは巣立ちが終わり、残る2つの巣の内の1つももうそろそろなのか幼鳥達は巣穴から出て、ひそひそ寄り集まって密談していた。

zaki-20140622-chogenbo.jpg
<チョウゲンボウの幼鳥>

<今日出会った主なもの>鳥/カルガモ、チョウゲンボウ、キジバト、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:03| Comment(2) | 東京都

2014年06月18日

東京都稲城市(仮称)チョウゲンボウの谷(午後)

昼食は久しぶりの都筑区散策となったので、横濱家本店へ行って、ハーフラーメン+ライスを食べた。もちろん、ザーサイと紅生姜は食べ放題である。その後、東方公園近くで昼寝をして、少しぐらいの雨なら大丈夫な(仮称)チョウゲンボウの谷の橋の下へ行った。すると雨は完全に上がって、多くのチョウゲンボウが出迎えてくれた。また、雛が1羽巣穴から落下して心配したが、10メートル位は飛ぶ事が出来るのでほっとした。まこと野生は素晴らしい。そんな訳で、デジスコでは落果した雛は余りにも至近なので諦め、心配そうに見守る親(?)を撮った。

zaki-20140618-chogenbo.jpg
<チョウゲンボウ>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、カルガモ、スズメ、チョウゲンボウ、キジバト等。
posted by 花虫とおる at 20:14| Comment(0) | 東京都

2014年04月06日

東京都稲城市(仮称)チョウゲンの里(午後)

昼食は消費税増税後に250円(税別)と値下げした「すき家」へ行った。かなりの賑わいで、牛丼並盛だけを注文してる方もいたが、気が弱いから牛皿セットを頼んだ。それでも420円(税別)だから安い。その後、田んぼで昼寝をしていたら雨が降って来て起きてしまった。今日の午後からはNGだなと思ったので、新装なった寺家ふるさと村の四季の家へ行った。すると雷鳴がとどろき雨が強くなったが、やがて小止みとなり、ここまで来たのだからと(仮称)チョウゲンの里へ行った。撮影するつもりは無かったのだが、巣穴前で可愛い顔をしたチョウゲンボウを見ると、急いでデジスコを組み立てたのだから笑ってしまう。

zaki-20140406-chogenbo.jpg
<チョウゲンボウ>

<今日出会った主なもの>鳥/チョウゲンボウ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:45| Comment(0) | 東京都

2014年02月21日

東京都台東区不忍池(午後)

昼食は、またしても上野のガード下の立ち喰い蕎麦「つるや」にて、590円のかき揚げ丼そばセットを食べた。その後、皇居の象徴たる二重橋を撮ったのだから、上野公園では西郷さんを撮らねばと階段を上って行くと、真冬なのに浴衣姿の西郷さんが犬を連れて散歩していた。犬は何犬なのかとじゅっくり観察したが、耳は立っていたが尾が巻き上がっていないので柴犬や秋田犬では無く、日本犬の雑種の様である。なんだか西郷さんの偉大さがますます感じられた。

zaki-20140221-saigotakamori.jpg
<西郷隆盛像>

清水観音堂脇の階段を下って不忍池に降りて行くと、相変わらずカモよりカモメの仲間が多い。その昔は売店でカモの餌を売っていたのだが、野鳥保護と水質保全という建前からエサやり禁止の立札があちこち見られる。どんな内容なのかと読んでみたが、もっともらしい事柄が列挙されているものの、どれもこれも実証されたものでは無いように思われる。傑作なのは肥満して動作が鈍くなり、人馴れしてしまうから猫に襲われてしまう等と書かれていた。

zaki-20140221-segurokamome.jpg
<セグロカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、ゴイサギ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ヒドリガモ、オナガガモ、オオバン、バン、セグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメ、ヒヨドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 19:12| Comment(0) | 東京都

東京都千代田区皇居御堀(午前)

ソチオリンピックはそろそろ終盤である。NHK等のマスコミが開催前に追いかけた浅田真央選手、高梨沙羅選手、上村愛子選手、高橋大輔選手等はメダルが取れず、ほとんど注目されなかった無名の選手が大活躍でメダルを手にした。マスコミが追い回したら練習に熱中出来ないだろうし、むろん精神的にも落ち着かず、更に本番では相当のプレッシャーとなる筈である。ほっといてあげれば良かったのになあと感ずるのは、私一人ではあるまい。

zaki-20140221-nijyubashi.jpg
<二重橋>

今日は雪も融けて来たので三ッ池公園でもと思ったが、通院の日でもあるし、三ッ池公園ではキンクロハジロのキンちゃん位しか撮れないだろうと、午前中は皇居のお堀に行った。その前にほんの少し日比谷公園を覗いて見たが、本格的な機材でカワセミを狙っているカメラマンがいて苦笑した。お堀の水鳥は前回よりかなり少なく、空は真っ青だったので二重橋をカメラに納めた。また、コブハクチョウが滑るように泳いでいたので、お堀にはハクチョウが似合うと撮影した。

zaki-20140221-kobuhakucho.jpg
<コブハクチョウ>

<今日出会った主なもの>鳥/コブハクチョウ、セグロカモメ、ハシビロガモ、コガモ、カイツブリ等。
posted by 花虫とおる at 19:09| Comment(0) | 東京都

2014年02月20日

東京都練馬区(仮称)ルリビの森公園

週間天気予報から雪だるまのマークが消えてほっとした。このまま雪が降る事無しに、本格的な春になって欲しい。もう大雪は懲り懲りである。今日はやっと北風が収まり穏やかな天気となったが、車で近くのフィールドへ行く気が起きないので、片道470円で一時間程眠って行ける(仮称)ルリビの森公園へ行った。最寄駅で降りると少々時間が早いが、吉野家で580円の「牛すき鍋膳」を食べた。牛丼には飽き飽きしていたが、新メニューはなかなかいける。

zaki-20140220-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

公園に到着すると、埼玉県に近いからか雪が溶けずにだいぶ残っていた。また、雪による倒木や落枝があちこちに山の様に積んであった。前回より今回の雪の方が被害が大きいようである。しかし、ルリビタキのポイントは地元の鳥撮りマンによって綺麗に除雪されていて、心配したルリビタキの雄も元気であった。相変わらず出ずっぱりであったが、なかなか良い所には止まってくれずに苦労した。しかし、常連さんが帰ると思った枝に止まってくれたが、なにせ光が足らなかった。

zaki-20140220-shijyukara.jpg
<シジュウカラ>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキ、シジュウカラ、エナガ、シロハラ、アオジ、メジロ、ウグイス、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 19:28| Comment(0) | 東京都

2014年02月19日

東京都練馬区石神井公園

今日も朝から風があって寒い。すでに口癖の様になってしまったが、寒いんだから仕方が無い。この為、雪はなかなか溶けず、氷室の中にいるような日々が続いている。一般道路は車は走れるようになったが、田畑や雑木林周辺には雪がまだだいぶ残っているようである。別名トリモトール(鳥も撮る)花虫だから、鳥ばかり撮っていると飽きが来る。しかし、マクロレンズを装着して散策出来る状況では無いので、またしても電車にて練馬区の石神井公園へ行った。東急東横線が副都心線経由で西武池袋線に乗り入れしているので、眠っていれば約1時間で石神井公園駅に着くのだから有り難い。

zaki-20140219-kaitsuburi.jpg
<カイツブリ>

石神井公園には通称ボート池と呼ばれる石神井池と水辺観察園のある自然豊かな三宝寺池があり、井之頭公園の井の頭池、善福寺公園の善福寺池と並んで、武蔵野三大湧水池として知られている。今日は海辺でなくとも大きな池がある公園なら雪が溶けている筈と予想したのだが、とんでもない間違いで、北斜面にはかなり雪が残っていて寒かった。目的の野鳥もカワセミやワカケホンセイインコは見られたものの絵になる所には止まらず、カモ類もかなり少なかった。また、ゴイサギはたくさんいたが眠りこけているからお手上げで、今日はまこと貧果に泣いた寒さが身に染みる散策となった。

zaki-20140219-ban.jpg
<バン>

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、ゴイサギ、オカヨシガモ、ハシビロガモ、マガモ、コガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、カルガモ、バン、オオバン、ワカケホンセイインコ、カワセミ、アオジ、ツグミ、ムクドリ、カワウ、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 19:06| Comment(0) | 東京都

2014年02月12日

東京都練馬区(仮称)ルリビの森公園

昨日は時折雪が舞って本当に寒かったが、今朝も曇っていて風もややある。1月末は暖かくて冬は終わりかなと思ったが、ここに来て寒波襲来との様相を呈している。そんな訳で雪もまだ残っているし、近場では行く所が思い浮かばない。今日は午後からは陽が射して気温がいくらか上がるようだから、雪もだいぶ溶けるだろう。近場散策は明日からだと、片道470円で寝ていれば最寄駅に到着出来る東京都の(仮称)ルリビの森公園へ行った。

zaki-20140212-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

各駅停車でのんびり行った事もあって、11時ちょい過ぎに到着した。そこで、冷えたコンビニ弁当を買って公園で食べる気が起きなかったので、吉野家へ寄って早飯を食べた。そこからポイントまで徒歩10分だから嬉しくなる。久しぶりの(仮称)ルリビの森公園だから何が飛来しているかは分からなかったが、有り難い事にその名の通りにルリビタキの雄がお待ちかねであった。常連さん達も親切で、気持ち良く午後3時半までルリ君と遊べた。

zaki-20140212-shijyukara.jpg
<シジュウカラ>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキ、シジュウカラ、エナガ、シロハラ、アオジ、ウグイス、ヒヨドリ、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 18:47| Comment(0) | 東京都

2014年02月11日

東京都台東区不忍池(午後)

雪がぱらついて来たお堀を後にして、超現代的な東京駅から上野駅に降り立つと、生活の党の代表である岩手県出身の小沢一郎ではなく井沢八郎の歌「ああ上野駅」の「どこかに故郷の香をのせて、入る列車のなつかしさ、上野は俺らの心の駅だ。くじけちゃならない人生が、あの日ここから始まった」の歌詞が思い浮かんだ。新治市民の森に毎週やって来るWさんは福島県大玉村の出で、この曲が大好きだという。上野はいつまでも田舎っぽい、ごみごみとした街であって欲しい。そんな訳で昼飯は駅前ガード下の立ち喰い蕎麦「つるや」にて、590円のかき揚げ丼そばセットを食べた。

zaki-20140211-segurokamome.jpg
<セグロカモメ>

不忍池へ降りて行くと、前回と異なってカモメの仲間が多い。良く見ると身体が大きく貫録十分で嘴先端の下部が赤いセグロカモメ、やや小振りだが嘴の先端が赤と黒で顔を上げ気味にミャーミャーと鳴くウミネコ、そして一番個体数が多いお馴染みのユリカモメである。カモの仲間はキンクロハジロが一番多かったが、ハシビロガモやヒドリガモやオナガガモも見られた。また、バンが陸に上がって歩いていたり、カワセミが鳴いて飛来した。今日もケーキ屑をスズメに与える地元の方が現れて、たくさんのスズメはもちろんヒヨドリ等が集まっていた。

zaki-20140211-suzume.jpg
<スズメ>

<今日出会った主なもの>鳥/ハシビロガモ、キンクロハジロ、ヒドリガモ、オナガガモ、オオバン、バン、セグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメ、カワセミ、ヒヨドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:42| Comment(0) | 東京都

東京都千代田区皇居御堀(午前)

朝起きて外を見ると、どんよりと曇っていて風もあり寒い。雪はやや溶けたので車の運転は出来そうだが、雑木林の小道や丘の上の畑等には雪がまだたくさん残っているだろう。そんな訳で布団にUターンかなと考えたが、加齢によって睡眠時間が少なくて済むようになり、また、昼飯は何処かに食べに行かなければならないからと、電車に乗って皇居のお堀へ行った。日比谷駅で降りて地上に上がると、祝日だからジョギングする方々がたくさんいた。

zaki-20140211-yoshigamo-osu.jpg
<ヨシガモの雄>

桜田門までのお堀はキンクロハジロやカイツブリがいる位で、日比谷公園へ行って冬芽葉痕でも撮ろうかなと思ったものの、何かいるかもしれないと二重橋まで行って見た。最近亡くなった島倉千代子の「東京だよおっ母さん」の歌詞の中に「おっ母さん、ここが ここが、二重橋。記念の写真を撮りましょうね」とあるが、日本人はもちろん、中国やヨーロッパの観光客が二重橋をバックに写真を撮っていた。二重橋下のお堀にはヨシガモ、オカヨシガモ、ハシビロガモ、オオバン等がいて、観光客の邪魔にならないように粘って撮影した。

zaki-20140211-okayoshigamo-osu.jpg
<オカヨシガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/コブハクチョウ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、オオバン、ユリカモメ、カワウ等。


posted by 花虫とおる at 18:38| Comment(0) | 東京都

2014年01月24日

東京都大田区洗足池公園(午後)

昼食は洗足池へ行ったら値段の高いラーメン屋位しかないので、武蔵小山で松屋のカルビ焼定食を食べた。ここから洗足池に行くには、目黒線で大岡山へ戻り大井町線に乗り換えて旗の台まで行き、そこで池上線に乗り換えねばならない。同じ東急線なのだが、まことに不便である。それでも期待して洗足池へ行ったのだが、カモ類もカモメ類もとても少なく、期待したゴイサギは1羽だに見られなかった。小鳥類はカワセミのみで、ここでも冬鳥の飛来はとても少なかった。

zaki-20140124-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、セグロカモメ、カルガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、コサギ、カワセミ、シジュウカラ、ヒヨドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 19:12| Comment(0) | 東京都