2013年11月09日

神奈川県平塚市土屋

今日は、天候不順で延びに延びた臨時の道端自然観察会の日である。昨晩の天気予報では午前中は晴れとの事であったが、起床してネットで天気予報を確認すると、一日中曇りへと変わっていた。「また天気が良くないの」と落胆したが、それでも雨は無しだから観察会は開催と出発した。もちろん万が一を期待したが、平塚市土屋に到着しても太陽は見られず曇っていた。今日は道端自然観察はもちろんだが、富士山を見たいと期待したのに叶えられそうも無い。しかし、私も入れて9人もの方が参加され、予定通り遠藤原目指して散策を開始した。

zaki-20131109-kusagi-mi.jpg
<クサギの実>

まずは、リンドウとリュウノウギクに出会え、下記の「今日出会った主なもの」で記してあるように、木の実・草の実は実に種類も数も豊富で驚いた。自宅近辺では台風が来たから落ちてしまったようだが、さすが土屋だなあと感心した。蝶ではコセンダングサやイヌタデにシジミチョウの仲間が静止していて、その他、昆虫では僅かだがカメムシやキリギリスの仲間が見られた。鳥ではジョウビタキが各所にいて嬉しくなった。そんな訳で、ほんの短時間だが雨も降った曇り日だったが、お仲間と楽しい会話をしながら、予定通りのコースを歩いて終了した。

zaki-20131109-benishijimi.jpg
<ベニシジミ>

<今日出会った主なもの>花/リンドウ、アキノキリンソウ、コシオガマ、ヤクシソウ、リュウノウギク、コセンダングサ、コシロノセンダングサ、イヌタデ、ミゾソバ、クコ、コウヤボウキ等。蝶/キチョウ、ウラギンシジミ、ベニシジミ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ等。昆虫/ヨツボシテントウダマシ、アルファルファタコゾウムシ、クチブトカメムシ、ミナミアオカメムシの幼虫、ヒシバッタ、オンブバツタ、コバネイナゴ、ツユムシ等。鳥/ジョウビタキ、モズ、ハクセキレイ、キセキレイ、スズメ、ノスリ等。その他/クサギの実、ゴンズイの実、ムラサキシキブの実、ガマズミの実、トキリマメの実、シオデの実、サルトリイバラの実、カマツカの実、ヤマコウバシの実、カラスウリの実、スズメウリの実、アマチャヅルの実、アオツヅラフジの実、サネカズラの実、アケビの実、サンショウの実、コブシの実、モッコクの実等。
posted by 花虫とおる at 20:12| Comment(0) | 県  内

2013年07月15日

神奈川県(仮称)アオバズク歴史の森(午後)

今日の昼飯も肉類は避けて610円のミニかき揚げ丼とざる蕎麦セットを、国道246御前田交差点の吉野家で食べた。その後、今日はかなり快適な昼寝の後に、またしてもアオバズクを撮影に行った。まずは「アオバズク鎮守の森」へ行ったが、雌雄2羽が巣穴を見張っていたものの良い場所には止まっていなかった。次に「アオパズク郷土の森」へ行ったが、探せど探せども見つからず、ことによったら早くも巣立ったのかもしれない。そこで久しぶりに「アオバズク歴史の森」へ行って見ると、こちらも雌雄で見張りをしていて、1羽がなんとか撮る気になる場所に止まっていた。

zaki-20130715-aobazuku.jpg
<アオバズク>

<今日出会った主なもの>鳥/アオバズク等。
posted by 花虫とおる at 20:39| Comment(0) | 県  内

2013年07月08日

神奈川県(仮称)アオバズク郷土の森(午後)

昼食は、お隣の東名高速港北PAの横濱うまいもん亭で630円のアジフライ定食を食べ、いつもの日陰の場所で昼寝をしたが、午前中は陽が射していた所だから日陰とはいえ暑さが残っていて安眠とは程遠い。しかし、十分に休んでモーツアルトの伝記を読み、途中のコンビニでスパーカップ超バニラを買って食べ、(仮称)アオバズク鎮守の森へ行った。どうやら雛がだいぶ大きくなったようで、両親で巣を見張りしていたが、残念な事に良い所に止まっていなかった。しからば(仮称)アオバズク郷土の森へ転戦したが、こちらも良い場所には止まっていなかった。まことアオバズクの撮影は難しい。しかし、こちらのアオバズクは齢が若いのか可愛らしい顔をしているのでカメラに納めた。最近、トイプードルが大流行で、みんな同じ顔に見えるのだが微妙に違うらしい。アオバズクも場所ごとに微妙に変わった顔つきなので面白い。

zaki-20130708-aobazuku.jpg
<アオバズク>

<今日出会った主なもの>鳥/アオバズク等。
posted by 花虫とおる at 20:47| Comment(2) | 県  内

2013年07月06日

神奈川県大井町いこいの村(午後)

昼食をもの凄い速さで食べ終わると、もちろん伐採丸太とクヌギの樹液を見に行ったが、相変わらずルリボシカミキリのみで、午後の部の大井町いこいの村へ転戦した。駐車場に車を停めて散策を開始すると、花ではコマツナギやウツボグサが出迎えてくれ、農道周辺ではアゲハやキアゲハが舞っていた。目的の雑木林へ行くと、ここが神奈川県と疑いたくなるような山掃除が行き届いたクヌギとコナラの美林が広がっていて、中はとても涼しかった。早速、野鳥観察で鍛えた目でMさんが飛翔して梢に止まったオオムラサキを発見したが、距離がかなりあって、すぐに逃げられてしまった。しかし、「やっぱり居たんだ、それ探せ!」と樹液が出ている木を探したら、かなりあったものの、ほとんどカナブンが占領していてた。やっぱり駄目かなあとオオムラサキ発見場所に戻って近くを探索したら、なんと今季初見のカブトムシがいた。以上、目的のオオムラサキの写真こそ得られなかったが、ここの雑木林は夏中面白いとの感触を掴み、いこいの村に戻って冷たいアイスコーヒーを皆で飲んだ。

zaki-20130706-kabutomushi-osu.jpg
<カブトムシ>

<今日出会った主なもの>花/ウツボグサ、ソクズ、コマツナギ、ツユクサ、ヤブカラシ等。蝶/アゲハ、キアゲハ、モンキアゲハ、オオムラサキ、ルリタテハ、ウラナミアカシジミ、ベニシジミ等。昆虫/カブトムシ、カナブン、マメコガネ、オオスズメバチ等。キノコ/タマゴタケ、ツルタケ、ミヤマタマゴタケ、ドクベニタケ等。
posted by 花虫とおる at 20:33| Comment(0) | 県  内

神奈川県平塚市土屋(午前)

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。しかし、事前の天気予報では強風と高温と報じられ、用事があって参加出来ない方もかなりいたから誰も来ないのではと心配したが、私も含めて6名もの方が集まって嬉しくなった。散策を開始すると田んぼの畔にアゼムシロが咲き、かなり多くのハラビロトンボが飛んでいた。また、丘陵入口の農道脇に伐採丸太が積んであって、何かいないかなあと探したら、美麗なルリボシカミキリが4匹も見つかった。更に、シラホシカミキリ、ゴマフカミキリ、カオジロヒゲナガゾウムシ等がいたのだから、この時点で「今日も来て良かったね」と、お仲間は笑顔一杯となった。

zaki-20130706-ruriboshikamikiri.jpg
<ルリボシカミキリ>

更に、チョンギースとキリギリスが鳴く農道を登って本日期待のクヌギの大木を見に行ったが、樹液は出ているものの蝶ではルリタテハとクロヒカゲだけで、オオムラサキ等の大物は見られなかった。更に登って遠藤原へ行くと、花卉栽培の畑では、トリトマ、ヘメロカリス、ルドベキア、クサキョウチクトウ等が咲いていた。また、雑木林が伐採されている所があって、エノキ、ケヤキ、サクラの丸太が積んであった。時期的に早いのか伐採して時間が経っていないからか、タマムシやヤツメカミキリ等の大物は見られなかったが、アシナガオニゾウムシがたくさんいた。その後、別の農道を下って、お腹が空いたので足早に駐車場に戻った。

zaki-20130706-shirahoshikamikiri.jpg
<シラホシカミキリ>

<今日出会った主なもの>花/ヤブカンゾウ、アゼムシロ、ダイコンソウ、ツユクサ、ヤブカラシ等。蝶/クロヒカゲ、ルリタテハ、ベニシジミ等。昆虫/ルリボシカミキリ、シラホシカミキリ、ゴマフカミキリ、ラミーカミキリ、カナブン、ヒシモンナガタマムシ、ヒメクロオトシブミ、カシルリオトシブミ、アシナガオニゾウムシ、カオジロヒゲナガゾウムシ、コフキゾウムシ、マメコガネ、ハラビロトンボ、オオシオカラトンボ等。キノコ/タマゴタケ、ミヤマタマゴタケ等。鳥/モズ、カワセミ等。その他/ナワシロイチゴの実等。


posted by 花虫とおる at 20:29| Comment(0) | 県  内

2013年06月27日

神奈川県(仮称)アオバズク鎮守の森(午後)

昼食は中国家庭料理「嘉門」で、卵とベーコンとニラの炒め定食を食べ、秘密の日陰の場所で昼寝をとり、野口英世の伝記を読んでから、さあカワセミを撮りに行こうと思ったが、天気が良いので行く気がしなくなった。そこでアオバズクの偵察でもして来ようと車を走らせ、(仮称)アオバズク鎮守の森と(仮称)アオバズク郷土の森の2ヶ所を見て回ったが、有り難い事にどちらもアオバズクがやって来ていて嬉しくなった。しかし、止まっている場所や光線具合が悪いので、残念ながら良い写真は得られなかったが、巣立ちまではかなり時間があるので、次回に期待と引き返した

zaki-20130627-aobazuku.jpg
<アオバズク>

<今日出会った主なもの>鳥/アオバズク等。
posted by 花虫とおる at 20:19| Comment(2) | 県  内

2013年05月22日

神奈川県厚木市(仮称)アマサギの里(午後)

昼食は定番となった鴨志田町のラーメン店「青龍」にて半ラーメン+ミニ中華丼を食べ、これからの季節の重要な秘密の日陰の場所で昼寝をとった。昨晩はとても寝苦しかったから寝不足で、1時間も眠ってしまった。しかし、時計を見るとまだ1時半なので、東名高速は使わずに国道246号線で、厚木市の(仮称)アマサギの里へ行った。到着すると計7羽のアマサギがいて、トラクターを追いかけていた。風が強くてピーカンだから撮影条件としては最悪だが、白トビに注意しシャッター速度は速いから、数打ちゃ当たるとばんばん撮影した。

zaki-20130522-amasagi.jpg
<アマサギ>

<今日出会った主なもの>鳥/アマサギ、ダイサギ、アオサギ、カルガモ、セグロセキレイ、ヒバリ、ムクドリ、カワラヒワ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:59| Comment(0) | 県  内

2013年04月04日

神奈川県相模原市石砂山

もう石砂山のギフチョウは卒業したと思っていたが、お仲間が出掛けているので、写真は二の次で、まあ行って見るかなと気楽な気持ちで出かけた。午前7時少し前に自宅を出発したが、途中、海老名SAで朝食をとったりしたから、現地到着は9時半にもなっていた。午前中は牧馬峠から少し入ったポイントへ行ったが、峠からギフチョウが現れて嬉しくなった。久しぶりに見るギフチョウは格別で、やっぱり年に一度はギフチョウを見に来なければとの感を強くした。

zaki-20130404-gifucho-1.jpg
<ギフチョウ>

午後からは篠原部落へ降りて行って、各種のスミレが咲く沢沿いの道を歩き石砂山登山口まで行った。篠原バス停から少し藤野寄りの左手駐車場には、なんと50台もの車が止まっていて驚いた。ポイントのミツバツツジやヤブザクラが咲く民家前へ行くと、カードマンさんはもとより、なんとなんと久しぶりにマキタテハさんがいたのには驚いた。今日からしばらく休んでいた蝶の撮影を再開するとの事であった。ギフチョウは本当に多くて、牧馬峠でも登山口でも、4頭が乱舞していている時が数度あって、さすが石砂山は凄いなあと感心した。

zaki-20130404-gifucho-2.jpg
<ギフチョウ>

<今日出会った主なもの>花/ヒトリシズカ、エイザンスミレ、ナガバノスミレサイシン、マルバスミレ、タチツボスミレ、クサノオウ、マムシグサ、ミツバツツジ、ヤマブキ、アブラチャン等。蝶/ギフチョウ、ルリタテハ、アカタテハ、モンキチョウ、ミヤマセセリ、スギタニルリシジミ等。
posted by 花虫とおる at 19:21| Comment(2) | 県  内

2013年03月30日

神奈川県平塚市土屋

昨晩の天気予報では12時にお日様マークが一つだがついていて安心して眠ったが、今朝起きてネットで天気予報を確認すると、すべて曇りマークに変わっていた。今日は待ちに待った道端自然観察会の日で、舞台をローカル色豊かな平塚市土屋にしたのだから、また、コツバメ、ミヤマセセリ、ツマキチョウ等に会えるように去年より一週間遅らせたのに、こんなに寒い曇り日では一巻の終わりと思われた。そこで、今日は参加者がごく少ないのではと思ったが、集合場所の土屋霊園駐車場には10人も集まってびっくりした。

zaki-20130330-benishijimi.jpg
<ベニシジミ>

駐車場の斜面には可愛らしいヒメスミレがたくさん咲いて、雑木林ではシュンランが出迎えてくれた。予定通り午前中は砦コースを、午後からは遠藤原へのコースを歩いたが、各所に路傍の花がたくさん咲いてはいるものの、どんよりとした曇りだと今一冴えない。昆虫ではコガタルリハムシやベニシジミがスイバに見られた位で、所期の目論見とはだいぶ異なってしまった。しかし、ジョウビタキの雌がまだいたり、遠藤原ではオオタカやヒバリが見られ、とにもかくにも予定通りの散策は無事に終了した。寒かったが、参加者の笑顔が何よりの収穫であった。

zaki-20130330-kogatarurihamushi.jpg
<コガタルリハムシ>

<今日出会った主なもの>花/シュンラン、ヒメスミレ、タチツボスミレ、ヒメウズ、カキドオシ、ケキツネノボタン、タガラシ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、ナズナ、アケビ、サルトリイバラ、キブシ、クサボケ、アオキ、ウグイスカグラ、クサイチゴ、モミジイチゴ、ハナズオウ、ソメイヨシノ等。蝶/ベニシジミ等。昆虫/コガタルリハムシ、テントウムシ、ヤブキリの幼虫等。鳥/オオタカ、トビ、ジョウビタキ、アオジ、ヒバリ、コジュケイ、ガビチョウ、エナガ、スズメ等。その他/アオキの実等。


posted by 花虫とおる at 20:18| Comment(0) | 県  内

2013年03月20日

神奈川県大和市泉の森公園(午後)

午後からは、早野の里から寺家ふるさと村へと考えていたが、風がかなり強くなったので止めにした。そこで、行ってもこれといった鳥は撮れないと確信出来たが、デジスコでなにかしらは撮れるからと、またしても泉の森公園へ行った。釣り人が「魚は釣れなくとも竿を出すだけでも」というのと同じなのだが、案の定の貧果であった。見られるカモ類は本当に少なくなって、キンクロハジロは1羽もいなかったが、何故かホシハジロの雄が1羽見られた。毎年そうだが、旅立ちの遅いカモはヒドリガモとコガモである。

zaki-20130320-kogamo.jpg

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、ツグミ、キジバト、コガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリ、バン、アオサギ等。
posted by 花虫とおる at 19:26| Comment(0) | 県  内

2013年03月10日

神奈川県大和市泉の森公園(午後)

昼食は上川井の「なか卯」まで行って、ミニ親子丼と小うどんセットが、期間限定30円引きの500円だったので食べた。昼寝は何処へ行っても風が強くて、なんとか風が防げる場所を探して貪った後に、前回行って貧果に泣いたが、風が防げる唯一の野鳥撮影スポットである泉の森公園へ行った。気温はぐんぐん上がって、東京では25度を超える夏日となったと報じられていた。泉の森公園の「しらかしの池」へ行くと、嘘の様に風は無かったものの、相模原方面は砂塵が舞って赤褐色に煙っていた。見られた野鳥は相変わらず少なく、今年最後だとばかりに、三ッ池公園では見られないヒドリガモをカメラに納めた。

zaki-20130310-hidorigamo-osu.jpg
<ヒドリガモの雄>

<今日出会った主なもの>花/サンシュユ、カワヅザクラ、ウメ等。鳥/ヒドリガモ、コガモ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 18:55| Comment(0) | 県  内

2013年03月02日

神奈川県大和市泉の森公園(午後)

午後からは、風が防げる泉の森公園へ本当に久しぶりに行った。まずは、例年ならルリビタキやミソサザイでにぎあうポイントへ寄ったが、カメラマンは皆無であった。そこで「しらかしの池」へ行ったが、冬鳥としてのカモは、ヒドリガモ、コガモしか見られず、どうやら他のカモは何処かへ行ってしまったようである。神奈川県下ではかなり著名なバードウォッチングの公園であったが、国道246号線の耐震化工事や木々や下草の大幅な伐採や手入れ、来園者の増加等で、見られる鳥の種数も個体数もかなり減ったようである。

zaki-20130302-kogamo.jpg
<コガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ハクセキレイ、ツグミ、シジュウカラ、キジバト、ヒドリガモ、コガモ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 19:35| Comment(2) | 県  内

2013年01月08日

神奈川県大和市泉の森公園

今日の午前中は用事があったので、午後のみ泉の森公園へ行った。もっとも、昼食は東名高速港北PAの「横濱うまいもん亭」にて550円の豚汁定食を食べ、田んぼで昼寝をしたが、気温は1月にしてはかなり高かったので快眠出来た。今季の泉の森公園は小鳥の飛来が少なく魅力が減じていたが、もしかしたらと期待したものの、鳥撮りカメラマンはほとんど見られず天を仰いだ。もっとも午前中は、ここでもキクイタダキ狙いで20人ものカメラマンで賑わったらしい。

zaki-20130108-kogamo-osu.jpg
<コガモの雄>

そこでアキニレの実を食べにマヒワが来ているのではないかと「ふれあいの森」まで行ったが、いたのは、シジュウカラ、ツグミ、ヒヨドリだけであった。そこで泉の森へUターンした訳なのだが、今年はまだ撮影していなかったコガモの雄がいて、帰り際にはカワセミの雄が大サービスしてくれた。常連さんの話では餌がないからカワセミも来ないとの事だったが、塒に帰る前に一休みといった塩梅なのだろう。

zaki-20130108-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/コガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、ヒドリガモ、オナガガモ、カルガモ、バン、アオサギ、カワセミ、メジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、ツグミ、ヒヨドリ、キセキレイ等。
posted by 花虫とおる at 19:08| Comment(4) | 県  内

2013年01月03日

神武寺(逗子市)〜鷹取山

今日は昔懐かしい所を訪ねようの第1弾として、知る人ぞ知る神武寺から鷹取山のハイキングコースを歩いた。懐かしの京浜急行のCMソング「京浜急行、ママすてき、パパごきげん。 行こう、行こう、海へ。赤い電車に白い帯。京浜、京浜、京浜急行」を口ずさみながら神武寺駅に降り立った。背後が米軍の池子弾薬庫だった為に自然が残されていて嬉しくなる。

zaki-20130103-jinmuji-eki.jpg
<神武寺駅>

駅から少し戻って逗子中学の脇からハイキングコースが始まるが、その昔、こんな山間ののんびりとした環境の良い中学校に通えたら幸せだろうなあと思ったものである。しかし、更に道を進むと老人ホームが建っていて驚いた。場違いにも思える老人ホームの先は昔と変わらない苔むした山道が続き、N仙人が好きな冬虫夏草がたくさん有りそうな雰囲気である。最後の急な階段を登り切ると心が癒される静かな神武寺の境内に入る。梅雨の頃ならケイワタバコが咲く細い切通しの先に、下界とは隔絶した本堂が建っている。

zaki-20130103-jinmuji-hondo.jpg
<本堂>

本堂から階段を上がり鐘楼を右手に見て左に曲がると六地蔵が現れる。今日の散策で是非とも対面したかったものであるが、45年前とほとんど変わらずに並んでいて嬉しくなった。

zaki-20130103-jinmuji-rokujido.jpg
<六地蔵>

更に、左手の階段を上って山門をくぐると薬師堂が静かにたたずんでいる。正月だというのに訪れる人は数える程で、何故に鎌倉は混雑し神武寺に人が来ないのかなあとほくそ笑む。また、ここには、かながわ名木100選のナンジャモンジャの木があって、見に来る方もいるという。

zaki-20130103-jinmuji-yakushido.jpg
<薬師堂>

薬師堂脇からが鷹取山ハイキングコースで、若い頃ならスキップしながら進めたものだが、木の根や小石につまずかないように、平らな岩盤の上では滑らぬようにと慎重に足を進めた。時折数か所だが鎖場もあってスリル満点である。もちろん時折開ける展望は、ここが三浦半島と疑問符を投げかけたくなる程の自然度である。

zaki-20130103-takatoriyama-onemichi.jpg
<ハイキングコース>

そうこうしている内に鷹取山に到着する。まだ歩き足らないなあと思う方もいる事だろう。鷹取山は石切り場だったので、各所に切り立った巨石があって独特な景観を呈していて、別名「湘南妙義」とも呼ばれている。正月なのにロッククライミングの練習に励んでいる方もいて、見ると私よりお年寄りの方や熟年女性もいて驚いた。少し登って展望台へ行くと、360度の展望が開け、房総、スカイツリー、ランドマークタワー、丹沢、江の島、富士山、箱根、逗子、横須賀と、まこと素晴らしい眺めであった。

zaki-20130103-takatoriyama-tenbodai.jpg
<鷹取山の展望台>

その後、磨崖仏まで行って一番楽な追浜駅へ下りたが、途中、なにかマクロで写す草の実・木の実、蝶の蛹等はないかなと探したが何にもなく、しかし、桜並木にウソが8羽もいて花芽をついばんでいた。今日も午後2時頃よりかなり寒くなったので、追浜駅にたどり着くと、山菜蕎麦で凍えた身体を温めた。

zaki-20130103-takatoriyama-magaibutsu.jpg
<鷹取山の磨崖仏>

<今日出会った主なもの>花/コウヤボウキの綿毛等。虫/ハラビロカマキリの卵のう等。鳥/ウソ、シジュウカラ、メジロ、スズメ、ミサゴ、トビ等。その他/アオキの実、ウツギの実等。
posted by 花虫とおる at 19:24| Comment(6) | 県  内