2015年08月21日

長野県上田市上田市民の森

いよいよ横浜へ帰る日となった。しかし、今日も朝から雨が降っている。嬬恋村に来てから太陽を拝めたのは、10日の内たったの3日なのだから嫌になってしまう。これまで20年以上もお盆の頃に来ているが、まこと最悪の天気となった。それでも一日たりとも蟄居せずに過ごせたのは、雨の少ない上田市のお陰である。そんな訳で、例年なら鹿沢高原に寄って帰宅の途に着くのだが、今日はまたまた鳥居峠越えて昨日に引き続いて、上田市民の森へ行った。しかし、昨日と同様に下れども下れども雨がぱらついていたものの、上田市民の森が近づくと空が明るくなるのだから不思議である。

zaki-20150821-miyamakuwagata-osu.jpg
<ミヤマクワガタの雄>

何と申しましょうか天候不順の為に、今日で5回目の散策となるのだから、まこと上田市民の森に救われた夏休みとなった。また、例年より良い場所に数箇所樹液酒場があったのもラッキーであった。いつものように雑木林の中に入ると、ミヤマクワガタの雄を見つけた。これで3回目となるのだが全て別個体だから、この辺りはミヤマクワガタの宝庫の様である。その後、スミナガシも飛来したが、翅の破損箇所から昨日と同一個体であった。その他には、ルリタテハやジャノメチョウ科の仲間達だったので、公園内を一回りしてみたが、アカハナカミキリを見つけた位で終了となった。

zaki-20150821-akahanakamikiri.jpg
<アカハナカミキリ>

<今日出会った主なもの>花/タチフウロ、ワレモコウ、ユウスゲ、キンミズヒキ、シラヤマギク、ヘクソカズラ等。蝶/スミナガシ、ルリタテハ、サトキマダラヒカゲ、ジャノメチョウ、クロヒカゲ、ヒメジャノメ等。昆虫/ミヤマクワガタ、スジクワガタ、キマワリ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、アキアカネ、ノシメトンボ、ウスバキトンボ等。
posted by 花虫とおる at 21:50| Comment(0) | 長野県

2015年08月20日

長野県上田市信州国際音楽村周辺(夕方)

昼食は900円とちょいとお高いが美味しい肉野菜炒め定食を食べ、毎度お馴染みの信州国際音楽村の駐車場にて健康昼寝を貪った。今日は甲子園の高校野球の決勝戦で、地元神奈川県の東海大相模と宮城県の仙台育英との対決である。もちろん地元に優勝して貰いたいのだが、100年におよぶ高校野球の歴史の中で、未だ優勝校が出ていない東北地方の仙台育英も応援したくなる。昼寝の前は東海大相模が2点を先取していたが、目覚めたら4点リードとなって、これなら東海大相模の圧勝かなと思っていたら、ツノアオカメムシをカメラに納め車に戻って来たら6対6の同点となっていた。

zaki-20150820-tsunoaokamemushi.jpg
<ツノアオカメムシ>

そこで、どうなるのだろうと気が気でなく、散策を中断してラジオに耳を傾けたが、結局、地元神奈川の東海大相模が勝ったので微笑んで散策を再開した。今日は神社前の農道をいつもより先まで行ってみたが、ケヤキの巨木が2本もある別の神社もあって驚いた。フクロウが営巣しそうな穴も開いていて、ことによったらと見回したが、もちろんフクロウやアオバズクの姿は無かった。それでも近くにあるエノキの大木の梢に、オオムラサキが旋回していたので嬉しくなった。今年の夏休みの初見となるのだから当然である。その他の昆虫は、オオブタクサにスケバハゴロモがいてにんまりした。

zaki-20150820-kusagikamemushi-yochyu.jpg
<クサギカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/キクイモ、マルバルコウソウ、クサフジ、クズ、アカツメクサ等。蝶/オオムラサキ、ヒメアカタテハ、ジャノメチョウ、ツバメシジミ等。昆虫/カブトムシ、キマワリ、クロウリハムシ、ツノアオカメムシ、クサギカメムシの幼虫、ベッコウハゴロモ、スケバハゴロモ、オニヤンマ、コオニヤンマ、アキアカネ、ノシメトンボ等。
posted by 花虫とおる at 16:00| Comment(0) | 長野県

長野県上田市上田市民の森(午後)

前述したバラギ湖では、短時間であったが各種の花を撮る事が出来てほっとした。しかし、予報より少し早く雨が降って来たので、ちょいと心残りでもあったが、時計を見るとまだ10時半である。そこで、鳥居峠を越えれば雨が止んでいる所がある筈と車を走らせたが、下れども下れども雨がぱらついていた。やはり上田市も同じような天気なのかなと思ったが、頼みの綱の上田市民の森へ近づくと、次第に上空が明るくなった。本当に今年は「神様仏様上田市民の森様」である。駐車場に到着すると、まだほんの少しぱらついていたが、雑木林の中に入るとすぐ止んで、空は明るくなり気温も高くなった。

zaki-20150820-kimadaramodoki.jpg
<キマダラモドキ>

時計を見ると11時を少し回っていたが、昼食を遅くすればなんとか撮影時間は確保出来るとほくそ笑んだ。樹液酒場は相変わらず賑やかで、ほんの少しくたびれているがキマダラモドキが吸汁していた。今まで数多くのキマダラモドキを撮影しているが、幹に止まって休んでいる個体ばかりで、樹液を吸っているのは初見である。キマダラモドキは私の様に気が弱くて、他の昆虫が吸汁していると仲間に入って行けない様である。その他、ルリタテハ、サトキマダラヒカゲ、ジャノメチョウ等がいて、お腹が空いたので引き上げようとしたら、またしてもやや破損したスミナガシがやって来た。

zaki-20150820-ruritateha.jpg
<ルリタテハ>

<今日出会った主なもの>花/オオバギボウシ、キンミズヒキ、シラヤマギク等。蝶/スミナガシ、ルリタテハ、キマダラモドキ、サトキマダラヒカゲ、ジャノメチョウ、クロヒカゲ等。昆虫/カブトムシ、スジクワガタ、アキアカネ、ノシメトンボ、ミンミンゼミ等。
posted by 花虫とおる at 14:00| Comment(0) | 長野県

2015年08月19日

長野県東御市湯の丸高原(午前)

今朝も陽は射していたが、昨日に比べるとなんとなく弱々しい。雲がかなり発生し陽が遮られる時が多いからある。もちろん今日も安近短だと湯の丸高原へ行った。地蔵峠の駐車場に停まっている車はほとんど無く、登山者もちらほら見られる程度であった。まずは駐車場周辺を散策したが、アカハナカミキリがウドの葉上に静止していた。今日は幸先が良いですなあとカメラに納めて、臼窪湿原を目指して林道を歩き始めたが、ゆっくり歩いても10分もかからずに広々とした湿原に到着した。手前はキャンプ場になっているのだが、お客さんは誰も見られず、すでに夏は終わったようである。

zaki-20150819-noazami.jpg
<ノアザミ>

湿原には大好きなノアザミの群落が広がっている筈であったが、何故だかまばらで、コオニユリは花期が過ぎていた。そんな訳で、期待したノアザミに吸蜜する蝶は、かなり飛び古したオオチャバネセセリが見られただけであった。例年ならクジャクチョウやウラギンヒョウモンが吸蜜しているのだが、見回しても姿が無い。やはり鹿沢高原と同様に蝶が少ないようである。そこで、蝶がいなければ昆虫を探そう戻る途中、キャンブ場の砂利道でキベリタテハとシータテハに各1頭出会った。もちろんカメラを向けて開翅写真を撮ったのだが、砂利の上では絵にならないなあと消去した。

zaki-20150819-akahanakamikiri.jpg
<アカハナカミキリ>

<今日出会った主なもの>花/マツムシソウ、アキノキリンソウ、ゴマナ、マルバダケブキ、アサマフウロ、コオニユリ、ヤナギラン、サワヒヨドリ、ノアザミ、ノハラアザミ、ツリガネニンジン、ウド、シシウド、ワレモコウ、マルバハギ等。蝶/キベリタテハ、シータテハ、ベニヒカゲ、ヒメキマダラヒカゲ、オオチャバネセセリ等。昆虫/アカハナカミキリ、マメコガネ、アキアカネ等。
posted by 花虫とおる at 10:00| Comment(0) | 長野県

2015年08月17日

長野県上田市信州国際音楽村周辺(午後)

ラジオのニュースによると、関東地方は大荒れのようである。また、長野市や美ヶ原や湯の丸高原方面も黒い雲で覆われていて、雨が降っているようである。しかし、何故だか上田市上空だけは明るいのだから不思議である。地元の方によると、雨が少ないから野菜の栽培には適していないと言うが、私にとっては嬉しい限りである。午後からは信州国際音楽村周辺を散策したが、雨の後だからか被写体は少なく、雑木林の樹液酒場も閑散としていた。そこでクロヒカゲをカメラに納めた後に、東御市の湯楽里館周辺の雑木林に寄ってみたが、かなり伐採されていたので散策せずに帰路に着いた。

zaki-20150816-kurohikage.jpg
<クロヒカゲ>

<今日出会った主なもの>花/キクイモ、アカツメクサ等。蝶/ルリタテハ、ジャノメチョウ、クロヒカゲ等。昆虫/カブトムシ、アキアカネ、ノシメトンボ等。
posted by 花虫とおる at 14:00| Comment(0) | 長野県

長野県上田市上田市民の森(午前)

今日も2日連続で嬬恋村は1日中雨となった。天気予報によると新潟県は曇りとの事なので、須坂市ならなんとかなるかもしれないと菅平経由で出発した。しかし、かなりの雨が降っていて、国道18号で上田市まで戻って来ると、またしても上田市民の森の上空が明るい。まったくガソリン代の浪費だったなあと行ってみると、ぱらぱら降っているだけだったので傘をさして散策を開始した。今日はツノアオカメムシを見つけようと頑張ったが見つからず、そこで、いつもの雑木林に戻ると雨が止んで、ルリタテハやキマダラモドキ等が現れた。

zaki-20150816-kabutomushi-osu.jpg
<カブトムシの雄>

<今日出会った主なもの>花/オオバギボウシ、キンミズヒキ、シラヤマギク等。蝶/ルリタテハ、キマダラモドキ、サトキマダラヒカゲ、ジャノメチョウ、クロヒカゲ等。昆虫/カブトムシ、ミヤマクワガタ、スジクワガタ、アキアカネ、ノシメトンボ、ミンミンゼミ等。
posted by 花虫とおる at 10:00| Comment(0) | 長野県

2015年08月16日

長野県上田市真田町古城緑地広場(午後)

昼食はラーメン屋に入ったが、ラーメンだけでは物足らないので半ライスも頼んだら、なんと800円となってしまった。まこと地方では知らない店に飛び込むと大変な事になる。上田地方は次第に青空が広がって暑い位になったが、湯の丸高原の方を見上げると黒い雲に覆われている。これでは行っても雨だろうと木陰で健康昼寝を貪り、真田町の古城緑地広場へ行った。古城緑地広場は真田信綱の墓がある信綱寺を中心とした緑地で、雑木林の尾根には遊歩道が巡っている。かつては黒門付近でムモンアカシジミやマイコアカネを撮影しているのだが、最近はかなりの不振が続いている。

zaki-20150816-otsunentonbo.jpg
<オツネントンボ>

まずは黒門付近を散策したが、お墓の傍らにナツズイセンが綺麗に咲いていたものの、ムモンアカシジミの姿は無かった。そこで田んぼの方に降りていったが、アキアカネとノシメトンボばかりで、広い農道に植栽されているムクゲをカメラに納めて黒門に戻った。そこから尾根筋の散策を続けたら、オツネントンボがオケラの葉に止まっていたので撮影した。その後、行けども探せども被写体は無く、仕方なしにシオカラトンボを撮ったが、これでは信州に来たのに余りにも寂しいと、農道脇の木陰の葉上を丹念に探し回ったら、横浜では見たことの無いヨツモンカメムシを見つけてほっとした。

zaki-20150816-yotsuboshikamemushi.jpg
<ヨツボシカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ナツズイセン、ハエドクソウ、ツリガネニンジン、クサノオウ、ヘクソカズラ、ムクゲ等。蝶/ジャノメチョウ、ヒメウラナミジャノメ等。昆虫/アカハナカミキリ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ヨツボシカメムシ、トゲカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、オニヤンマ、シオカラトンボ、ノシメトンボ、アキアカネ、オツネントンボ等。その他/アマガエル等。
posted by 花虫とおる at 14:00| Comment(0) | 長野県

長野県上田市上田市民の森(午前)

朝起きて外を見ると、また雨が降っている。昨晩の天気予報と違うではないかと愚痴っても仕方が無い。そこで、ラジオで今日の天気予報を聴くと、甲信越は晴れとの事であったので、迷わず鳥居峠を越える事にした。鳥居峠が近づくと空は明るくなって雨は止んだ。そこで、前回とても面白かった上田市民の森へ行く事にした。今日で嬬恋村に来て5日目になるというのに、安近短の鹿沢高原や湯の丸高原に行けないのだから溜息が出る。やはりこの時期の高原合宿道端自然観察会は難しいなあと感じた。宿を予約しておかなければならないのだから、梅雨明けの天気が安定している時期が無難である。

zaki-20150816-kimadaramodoki.jpg
<キマダラモドキ>

上田市民の森へ到着すると前回と同じく時折雨がぱらついたが、雑木林に入ってしまえば気にならない。今日は日曜日だから捕虫網を持った親子連れが見られたので、クワガタ類は絶望的だが、樹液酒場にやって来る蝶には興味が無いので心配ない。前回に比べると蝶の姿は多く、特にルリタテハがたくさん見られた。また、期待したキマダラモドキも撮影する事が出来て嬉しくなった。また、散策終了間際にスミナガシも飛来したが、残念な事に破損個体であった。蝶以外では、相変わらずノシメトンボが多く、美麗なツノアオカメムシを1匹見つけたのだが、絵になる場所には止まっていなかった。

zaki-20150816-satokimadarahikage.jpg
<サトキマダラヒカゲ>

<今日出会った主なもの>花/シラヤマギク、ノハラアザミ、オオバギボウシ、ユウスゲ、コオニユリ、ハエドクソウ、キンミズヒキ、カワラナデシコ、ツリガネニンジン等。蝶/オナガアゲハ、スミナガシ、ルリタテハ、ホシミスジ、キチョウ、キマダラモドキ、サトキマダラヒカゲ、ジャノメチョウ、クロヒカゲ等。昆虫/キマワリ、ヨツボシオオキスイ、スジクワガタ、ミンミンゼミ、ツノアオカメムシ、アキアカネ、ノシメトンボ、オニベニシタバ等。
posted by 花虫とおる at 10:00| Comment(0) | 長野県

2015年08月13日

長野県上田市信州国際音楽村周辺(午後)

昼食は、一昨年からお世話になっている国道18号線沿いの「松屋」へ寄って、カルビ焼き肉定食を食べ、信州国際音楽村へ行き駐車場で健康昼寝を貪った。天候は時折ほんの少し雨がぱらつく程度で、まずは墓場横の雑木林へ行った。樹液酒場はあったがノコギリクワガタとミヤマクワガタの雌が来ていて、目的のスミナガシ等の姿は無かった。また。林縁でオナガサナエとマイコアカネを見つけたが、足場が悪くて撮影は諦めた。次に神社前の農道に行ったが、ここでもオナガサナエを見つけたものの、絵になる場所に止まっていなくて、うろちょろしていたら何処かに飛び去ってしまった。

zaki-20150813-kikuimo.jpg
<キクイモ>

そこで本命の雑木林へ行ったが、奥の方が小面積だが伐採されていたものの、数は少ないが樹液酒場は開店していた。しかし、例年見られるオオムラサキの姿はまったく無く、やはり今年は山梨県と同様に不作のようである。その他はカブトムシがいた位で、アオカナブンは一匹しかいなかった。更に民家裏の雑木林に歩みを進めたが、コナラの幹にシロスジカミキリを見つけただけだった。そこで道路脇でキクイモを撮り、棒の先に止まるノシメトンボをカメラに納めた。今日はまことに貧果であったが、雨予報だったにもかかわらず、散策出来ただけでもラッキーと早々引き上げた。

zaki-20150813-noshimetonbo.jpg
<ノシメトンボ>

<今日出会った主なもの>花/キクイモ、アカツメクサ等。蝶/ジャノメチョウ、クロヒカゲ、サトキマダラヒカゲ等。昆虫/カブトムシ、アオカナブン、カナブン、ミヤマクワガタ、ノコギリクワガタ、シロスジカミキリ、マイコアカネ、アキアカネ、ノシメトンボ、オニヤンマ、オナガサナエ等。
posted by 花虫とおる at 14:00| Comment(0) | 長野県

長野県上田市上田市民の森(午前)

今日は天気予報通り朝から雨となった。こんな時は鳥居峠を越えて長野県側へ行くのがセオリーなのだが、天気予報によると長野県もぐずついた天気とのことであった。しかし、たとえ雨であっても、上田市ならネットカフェー等の時間をつぶせる場所があるし、昼食も色々なお店があるからと出発した。鳥居峠を越えてしばらく下っても相変わらず雨が降っていた。そこで、真田町の眺望の良い丘の上に行って辺りを見渡したら、上田市民の森と信州国際音楽村の上空が明るかったので、距離が近い上田市民の森へ行ってみた。すると雨はほとんど止んでいたので、ラッキーですねと散策を開始した。

zaki-20150813-noharaazami.jpg
<ノハラアザミ>

雑木林の中に入ると、ほんの少しぱらつく雨は梢で遮られて気にならないので嬉しくなった。樹液の状態は、たくさん出ている木こそ無かったが、それでも割れ目から滲み出る樹液酒場が数ヶ所はあって、まずはミヤマクワガタを見つけた。しかし、あまり良い所では無かったので、お尻を棒で突ついて移動させたら、怒って硬直してしまった。その他では、ルリタテハ、キマダラモドキ、サトキマダラヒカゲ、ジャノメチョウ、オニベニシタバ等が吸汁していたが、破損している個体であったり良い所に止まっていなかったりして、次回ですねと諦め、早くも咲き始めたノハラアザミを撮って引き返した。

zaki-20150813-janomecho.jpg
<ジャノメチョウ>

<今日出会った主なもの>花/ノハラアザミ、オオバギボウシ、ユウスゲ、コオニユリ、ハエドクソウ、キンミズヒキ、カワラナデシコ、ツリガネニンジン、シラヤマギク等。蝶/ルリタテハ、ホシミスジ、キチョウ、キマダラモドキ、サトキマダラヒカゲ、ジャノメチョウ、クロヒカゲ等。昆虫/ミヤマクワガタ、スジクワガタ、アキアカネ、ノシメトンボ、オニベニシタバ等。
posted by 花虫とおる at 10:00| Comment(0) | 長野県

2014年08月19日

長野県上田市上田市民の森(午後)

午後からは、こんなに暑いのに下界へ降りて行くのですかと疑問符を投げかけられそうだが、高原より里山の方が好きなのだから仕方が無い。なんやかんや言ってもカブトムシやオオムラサキ等が生息するクヌギ林がベストなのである。昆虫写真家の今森光彦氏がフィールドとする琵琶湖近くの里山は、クヌギやコナラの美林が広大に続いて、いつも最高だなあと思うのである。まあ、こうして嬬恋村にやって来るのは下界の暑さをしのぐ為なのだが、やっぱり信州の里山へ下りて行くのだから、ほとんど病気とも言える。

zaki-20140819-kawaranadeshiko.jpg
<カワラナデシコ>

国道18号線まではカーブが続く急な坂道で、エンジンブレーキを効かして下り、例によって松屋に寄って640円のデミタマハンバーグ定食を食べた。自宅近くの松屋には無いメニューなのだが、美味しくてお安いから、是非とも横浜の店舗でも始めて貰いたい。その後、今日は天気が心配ないので昼寝を貪るつもりで木陰に車を停め横になったが、なんだか眠りに陥らない。やはり早寝をしてしまうので睡眠は十分に足りているのだろう。そこで、上田市民の森を散策しないと名残りになりそうなので行ってみた。

zaki-20140819-janomecho.jpg
<ジャノメチョウ>

先だって悪天候の日に、ちょぃと覗いて見たら樹液酒場は無かったが、雑木林に入るとミヤマクワガタの雌が飛んで来た。ということは何処かに樹液酒場がある筈と探したら、ほんの小さな割れ目から樹液が出ていてアオカナブンが吸汁し、付近には順番待ちのジャノメチョウ、クロヒカゲ、オニベニシタバがいて嬉しくなった。そり後、棚田を見下ろす展望が開けた所まで下って、カワラナデシコやツノアオカメムシをカメラに納めUターンして戻って来たが、日向へ出る気力が沸かず、雑木林でうろうろした後の早上がりとなった。

zaki-20140819-tsunoaokamemushi.jpg
<ツノアオカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/オオバギボウシ、ユウスゲ、コオニユリ、ハエドクソウ、キンミズヒキ、カワラナデシコ、ツリガネニンジン等。蝶/ジャノメチョウ、クロヒカゲ、キチョウ等。昆虫/ミヤマクワガタ、アオカナブン、ヨツボシオオキスイ、キマワリ、ミンミンゼミ、ツノアオカメムシ、アキアカネ、ノシメトンボ、オニベニシタバ等。
posted by 花虫とおる at 19:00| Comment(0) | 長野県

長野県東御市湯の丸高原(午前)

今日は嬬恋村に来てから初めての青空一杯の晴天で、浅間山がくっきりと良く見える。それ程多い訳では無いが、相変わらず白い噴煙が立ち昇っていて、これこそ活火山の証明である。そんな訳で、夏が舞い戻って来たというより出戻って来たとの感が強く、ちょいと遅過ぎるよなあと苦笑いが出た。今季は少し遠い高原には行く気が起きないと前述したが、湯の丸高原は至近距離だから計画に入れていて、ヒョウモンチョウ類が新鮮な内に行こうと思っていた。それが今日になってしまったのだから、まこと悪天候が続き過ぎた。

zaki-20140819-noazami.jpg
<ノアザミ>

地蔵峠の駐車場に車を停めて臼窪湿原を目指して林道を歩き始めた。ゆっくり歩いても10分もかからずに広々とした湿原に到着した。手前はキャンプ場になっているのだが、お客さんは誰もいないようで、すでに夏は終わったようである。湿原には大好きなノアザミの群落が広がっていて、蝶が吸蜜に現れれば絶好の絵柄となる。そこで粘ったが、キアゲハ、ウラギンヒョウモン、コヒョウモン、クジャクチョウ等がやって来たが少なく、風もやや強くて撮影出来なかった。しかし、ほとんど人が来ない静けさは最高であった。

zaki-20140819-akiakane.jpg
<アキアカネ>

<今日出会った主なもの>花/マツムシソウ、アキノキリンソウ、ゴマナ、マルバダケブキ、アサマフウロ、シャジクソウ、シモツケソウ、コオニユリ、ヤナギラン、サワヒヨドリ、ノアザミ、ノハラアザミ、ツリガネニンジン、ウド、ワレモコウ、シモツケ、マルバハギ等。蝶/キアゲハ、アサギマダラ、エルタテハ、クジャクチョウ、ギンボシヒョウモン、ウラギンヒョウモン、コヒョウモン、ベニヒカゲ、ヒメキマダラヒカゲ、オオチャバネセセリ等。昆虫/アカハナカミキリ、マメコガネ、トゲカメムシ、ベニモンツノカメムシ、アキアカネ、ノシメトンボ等。
posted by 花虫とおる at 18:00| Comment(0) | 長野県

2014年08月16日

長野県上田市真田町ふれあいの森(午後)

古城緑地広場は左程広くはないので11時半には散策が終了してしまって、ちょいと早いとも思ったが、食堂「やまぐち」へ行って750円の醤油ラーメン+かき揚げ丼セットを食べた。ここのラーメンは魚の出汁でも使っているのか独特で、横浜家のラーメンに慣れ親しんだ舌には「ちょいとねー」の味なのだが、お腹が一杯になるのだから「まあ良いかな」といったところである。お店の女将さんにこれからの天気を聞くと、午後からかなりの雨が降ると言うので、昼寝は割愛して至近距離の真田町ふれあいの森へ行った。

zaki-20140816-akasujikinkamemushi.jpg
<アカスジキンカメムシ>

雨上がりだから森の木々の幹は黒々と濡れていて、これでは絵にならないとUターンしてリンゴ畑が続く農道へ行った。片側は雑木林だから下草に注視していると、色々な昆虫がいて、オオブタクサの蕾にアカスジキンカメムシを見つけて嬉しくなった。今年は横浜では発生が少なく撮影していなかったのだ。その他、チャイロチョッキリ、オオアカマルノミハムシ、ホソミオツネントンボが見られ、もちろん茎にはベッコウハゴロがたくさんいた。しかし、1時間も経たない内に黒い雲が頭上に流れて来て、激しい雨が降って来た。

zaki-20140816-ooakamarunomihamushi.jpg
<オオアカマルノミハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ガガイモ等。蝶/キタハ等。昆虫/チャイロチョッキリ、オオアカマルノミハムシ、キマワリ、ミンミンゼミ、アカスジキンカメカメムシ、クサギカメムシの幼虫、ベッコウハゴロモ、ノシメトンボ、アキアカネ、ホソミオツネントンボ等。その他/アマガエル、クマヤナギの実等。
posted by 花虫とおる at 19:00| Comment(0) | 長野県

長野県上田市真田町古城緑地広場(午前)

今日は朝から雨で散策は出来ないかなと思ったが、前橋や高崎は天気が良いと報じられていたので、お金はかかるが上信越道を利用して埼玉県に近い吉井町あたりまで行ってみるかなと出発した。高原の雨はシャワーの様であったが、鳥居峠に近づくと信州方面の空がかなり明るい。もしや雨が降っていないかもと期待して下りて行ったら、真田町古城緑地広場辺りまで来ると止んでいた。そこで、以前はとても楽しかったが最近は成果が上がらなくなった古城緑地広場だが、散策出来るだけでも運が良いと行ってみた。

zaki-20140816-buchihigekamemushi.jpg
<ブチヒゲカメムシ>

古城緑地広場は戦国時代に名を馳せた真田一族の信綱の墓がある信綱寺を中心とした緑地で、雑木林の尾根には遊歩道が巡っている。かつて黒門付近でマイコアカネを撮影しているので注視したが、ノシメトンボ、アキアカネ、ナツアカネ、オツネントンボ等しか見つからなかった。遊歩道ではゴマダラカミキリを見つけたが撮影に非協力的で、農道に出るとブチヒゲカメムシ、ベッコウハゴロモ、ヤマトシジミ、オニヤンマ等のお馴染みさんしか見られなかった。駐車場へ戻ると墓参りの車が一杯で、お盆なんだなあと実感した。

zaki-20140816-natsuakane.jpg
<ナツアカネ>

<今日出会った主なもの>花/ナツズイセン、ヤブカンゾウ、ヘクソカズラ等。蝶/ヤマトシジミ、ヒメジャノメ等。昆虫/ゴマダラカミキリ、アカハナカミキリ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ブチヒゲカメムシ、ベッコウハゴロモ、オニヤンマ、ショウジョウトンボ、シオカラトンボ、ノシメトンボ、アキアカネ、ナツアカネ、オツネントンボ等。その他/アマガエル等。
posted by 花虫とおる at 18:00| Comment(0) | 長野県

2014年08月14日

長野県上田市信州国際音楽村周辺(午後)

天気予報が当たって雨が降って来たので躊躇せずにバラギ湖を後にし、鳥居峠を越えて昨日に引き続いて上田市へ行って見ることにした。もしかしたら雨が降っていないかもしれないし、それにラーメンが無性に食べたくなったのだ。有難い事に、真田町まで下りてくると雨はほとんど止んでいた。そこで食堂「やまぐち」にて醤油ラーメンとチャーハンを食べ、昼寝をした後に、真田町ふれあいの森や上田市民の森を覗いて見た。しかし、樹液酒場は見当たらず、雨上がりで下草は濡れているし、また雨が降って来る雲行きでもある。

zaki-20140814-miyamakuwagata-osu.jpg
<ミヤマクワガタの雄>

そこで、空が一番明るい信州国際音楽村周辺に、またしても行く事にした。昨日の貧果で今年は駄目と烙印を押したのだが、まだ散策していない雑木林が気になるし、数ヶ所とはいえ樹液酒場はあったのだから、なにかしらの遭遇がある筈と踏んだのだ。まずは気になる池の上の雑木林へ行くと、なんとミヤマクワガタの雄が2匹、雌が1匹いて嬉しくなった。これであぶれは無いからと、昨日かなり頑張った雑木林に入ると、なんとキマダラモドキがコナラの幹に止まっていた。そこで、丁寧に撮影しての早上がりとなった。

zaki-20140814-kimadaramodoki.jpg
<キマダラモドキ>

<今日出会った主なもの>花/キクイモ等。蝶/オオムラサキ、ルリタテハ、キマダラモドキ、ジャノメチョウ、サトキマダラヒカゲ、コジャノメ等。昆虫/アオカナブン、カナブン、ミヤマクワガタ、コクワガタ、ミヤマカミキリ、ノシメトンボ等。鳥/ホオジロ、コジュケイ等。
posted by 花虫とおる at 19:00| Comment(0) | 長野県

2014年08月13日

長野県上田市信州国際音楽村周辺(午後)

今年は蝶が少ないのか、それともこれからなのか、鹿沢高原の岩が露出するポイントではかなりの貧果に終わり、例年なら午後からはバラギ湖なのだが、これからの天気を考えて、是非とも散策したいと思っている信州国際音楽村周辺へ行く事にした。地蔵峠からのカーブが続く急坂を下り、国道18号線まで約30分で到着した。去年お世話になった「松屋」へ寄って、カルビ焼き肉定食を食べ、爽やかな天気だから木陰で昼寝を貪った後に散策を開始した。

zaki-20140813-kabutomushi-osu.jpg
<カブトムシの雄>

まずは墓地近くの雑木林へ行ったが樹液酒場は無く、キキョウが一輪咲いていた。次に神社前の農道へ行ったが、去年たくさんいたオナガサナエは一匹だに見られなかった。しからば本命場所の雑木林しかないなと期待して飛び込んだが、樹液は数ヶ所しか出ていなくて、オオムラサキやアオカナブンが僅かに吸汁しているだけだった。樹液が少ないから樹液好きの昆虫の発生が少ないのか、樹液好きの昆虫の発生が少ないから樹液が出ないのか、恐らく後者であろう。そんな訳で気が滅入って来たが、今年はのんびりやるしかないなと車に戻った。

zaki-20140813-aokanabun.jpg
<アオカナブン>

<今日出会った主なもの>花/キキョウ、キクイモ等。蝶/オオムラサキ、ジャノメチョウ、クロヒカゲ、サトキマダラヒカゲ等。昆虫/カブトムシ、アオカナブン、カナブン、コクワガタ、ミヤマカミキリ、マユタテアカネ、ノシメトンボ、オニヤンマ、ベッコウハゴロモ等。鳥/キジ等。
posted by 花虫とおる at 19:00| Comment(0) | 長野県

2013年08月21日

長野県上田市丸子町信州国際音楽村周辺(午後)

前述したように期待した峰の原高原では雨が降って来て、待っても止みそうもないので雨が降っていない所まで下ろうと車を走らせたが、結局、真田町の市街地までぱらついていた。そこで真田氏本城跡へ行って見たが、去年見られたムモンアカシジミの姿は無く、他の被写体もこれといったものが見つからないので、早目に国道18号線まで下って、久しぶりにすき家の500円の豚汁牛皿定食を食べた。

zaki-20130821-kikuimo.jpg
<キクイモ>

普通なら昼食後は昼寝の時間なのだが、天気が心配だったので信州国際音楽村周辺の雑木林に直行して飛び込んだ。かなりボロボロの個体が多くなったが、相変わらずオオムラサキが元気で、このぶんだと9月の頭まで生き残る個体もかなりありそうで、さすが蝶の王様である。その他、蝶では破損していたがスミナガシやルリタテハが見られ、キマダラモドキやジャノメチョウは比較的綺麗であった。

zaki-20130821-kabutomushi-osu.jpg
<カブトムシ>

蝶以外の昆虫では雌が多くなったがカブトムシが多く、カナブン程の大きさの雄がいて笑ってしまった。ミヤマクワガタは相変わらず多く、本当に今年はミヤマクワガタも当たり年である。もちろんアオカナブンも健在だが、みんな撮影済みなので写欲が湧かずにミンミンゼミを撮った。その後、雨が降って来ないので付近を散策したが、たくさんのキクイモやガガイモが咲いていた。

zaki-20130821-minminzemi.jpg
<ミンミンゼミ>

<今日出会った主なもの>花/クズ、キクイモ、ガガイモ、ヘクソカズラ等。蝶/オオムラサキ、ルリタテハ、スミナガシ、キマダラモドキ、サトキマダラヒカゲ、ジャノメチョウ、コジャノメ等。昆虫/カブトムシ、ミヤマクワガタ、ノコギリクワガタ、コクワガタ、アオカナブン、キマワリ、オオスズメバチ、ミンミンゼミ、オナガサナエ、ノシメトンボ、アキアカネ、オニヤンマ等。
posted by 花虫とおる at 00:00| Comment(0) | 長野県

長野県須坂市峰の原高原(午前)

ようやく天気の変化がやって来たらしく、前線が南下して来て昨晩は雨が降った。今日も不安定な天気との事で、散策は無理かなと思っていたが、曇り空なので夏休みの最後の方に予定していた峰の原公園へ行った。冬はスキーのゲレンデだが、今は野趣溢れる花園となって、キキョウ、オミナエシ、ワレモコウ、ツリガネニンジ等が美しく咲いている。そこでワレモコウをカメラに納めて、昆虫やーいと探していたら無情にも雨が降って来て、賞味で1時間にも満たない散策に終わった。

zaki-20130821-waremoko.jpg
<ワレモコウ>

<今日出会った主なもの>花/ヤナギラン、キキョウ、ツリガネニンジン、オミナエシ、マツムシソウ、コオニユリ、ワレモコウ、コバギボウシ、シシウド、ウド、ノハラアザミ、ハンゴンソウ、キツリフネ、キンミズヒキ、アレチマツヨイグサ等。昆虫/トゲカメムシ、モンキクロカメムシ、アカハナカミキリ等。
posted by 花虫とおる at 00:00| Comment(0) | 長野県

2013年08月20日

長野県上田市上田市民の森(午後)

予想通りの貧果に終わったので四阿高原を早目に後にして、真田町のその名もズバリの「駅前食堂」へ行き焼肉定食を食べた。その昔、上田交通真田傍陽線の北本原駅前にあったから「駅前食堂」なので、北軽井沢の「ますや」さんと同じである。その後、今日は曇りで涼しいから爆睡出来るのではと木陰で昼寝を貪ったが、身体を休める程度に終わった。こちらに来てからパソコンが無い生活を続けているので、早い時間に就寝し8時間以上眠っているから昼寝を必要としないようである。

zaki-20130820-kimadaramodoki.jpg
<キマダラモドキ>

今日は天気が不安定との事なので、雨が降って来ても車にすぐ逃げ込める上田市民の森へ行った。まずは例によって樹液酒場を覗いたが、1本目はオオムラサキ、ルリタテハ、アオカナブン、オオスズメバチ、オニベニシタバ等がいた。2本目、3本目にはミヤマクワガタ、コクワガタ、カブトムシ等がいた。夏休みの初めの頃なら嬉しかったが、信州国際音楽村周辺でたくさん見ているので、「またかよ」と苦笑した。他の昆虫は前回と異なってツノアオカメムシがたくさんいて、キマダラモドキも1頭現れた。

zaki-20130820-tsunoaokamemushi.jpg
<ツノアオカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/オオバギボウシ、コバギボウシ、ユウスゲ等。蝶/オオムラサキ、ルリタテハ、キマダラモドキ、コジャノメ、ジャノメチョウ等。昆虫/カブトムシ、ミヤマクワガタ、コクワガタ、アオカナブン、シロテンハナムグリ、キマワリ、ヨツボシオオキスイ、ツノアオカメムシ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、オオスズメバチ、オニヤンマ、ノシメトンボ、アキアカネ等。
posted by 花虫とおる at 00:00| Comment(0) | 長野県

長野県上田市四阿高原(午前)

帰宅の日も入れて夏休みは残り3日となった。天気がずっと良かったから、予定していた所は順調に散策出来た。高原では貧果に泣いたが、信州の里山が検討してくれたので、写真の成果はまずまずであった。そんな訳で、もう帰宅しても良いのだが、律儀な性格なので最終日まで頑張るつもりでいる。また、連日下界での猛暑がラジオから報じられているから、少しでも長く涼しい所にいた方が得策でもある。

zaki-20130820-tsuriganeninjin.jpg
<ツリガネニンジン>

今日は成果は期待出来ない小場所だが、人が来ないし、まだ行っていない四阿高原へ行った。まずは四阿山への登山道を上って行ったが、植生がクマザサとカラマツばかりで、これでは花や昆虫は見られないと引き返した。その後、平塚らいてうの記念館「らいてうの家」周辺を散策したが、シシウドにはヨツスジハナカミキリやアカハナカミキリが見られ、ノハラアザミにはウラギンヒョウモンが吸蜜に訪れていた。

zaki-20130820-akahanakamikiri.jpg
<アカハナカミキリ>

<今日出会った主なもの>花/シシウド、ウド、ツリガネニンジン、ヤナギラン、オトギリソウ、ナンバンハコベ、ワレモコウ、ゲンノショウコ、ノハラアザミ、ノアザミ、ハンゴンソウ、ゴマナ、キオン、クルマバナ、コオニユリ、タイアザミ、キツリフネ、ツリフネソウ、キンミズヒキ、アレチマツヨイグサ等。蝶/アサギマダラ、キベリタテハ、ウラギンヒョウモン、ミドリヒョウモン、クロヒカゲ、ゴイシシジミ、オオチャバネセセリ等。昆虫/アカハナカミキリ、ヨツスジハナカミキリ、トゲカメムシ、ツノアオカメムシ、アキアカネ、ノシメトンボ等。キノコ/マツオウジ等。その他/ガマズミの実等。
posted by 花虫とおる at 00:00| Comment(0) | 長野県